スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿題もらった

なぜか下書きに入れてしまったらしい。
どうってことないんだけど久しぶりにわんこ先生と話し込んだことの記録。



冬眠状態の我が家に5週間ぶりにわんこ先生が来てくれました。
姉妹はもちろん大歓迎
ちゃんと先生の車が来るとわかるんだから凄いよね。

庭でひとしきり挨拶の舞いをして気が済んだところで姉妹揃って「先生どうぞどうぞ入って♪」と誘っていたのが可笑しかった。
とにかくお茶でも

ここ最近のさりーの状態はラインで説明してました、
なのでお腹に優しそうな大豆のおやつを持ってきてくれました。
それがたいそう美味しかったらしい。
こんな優しい先生のこと2人共大好き。

まずはとりとめない世間話…とか言いながらいつもこれが長いのです。

オビディエンスの実施要項がどうだとか、最近の脚側の作り方がどうとか、
脚側に関しての認識はコーナーで押してくるなんて論外なんだとか。
当たらなければ吸いついてくるくらいが良いのかなと思ってたけど違うんだ…。
巻き込むような姿勢もあまり良しとされなくなるんだとか…。
真上向いて闊歩? 綺麗な動きだとは思うけど犬的には首や肩が強くないと辛くはないのかな。
いつか実践してみるチャンスはあるのかな…とかなんとか、ホントーにとりとめない話をしてました。

そしてヨーロッパでは意欲が前面にでている犬を総じて「クレイジードッグ」と言うのだとか。
ワタシ的には決して嫌いではないんだけど…そんなふうに言われちゃうのね。

さらに選別も最近はゼロ回答を早い段階から教えるのが定着してきたとか、とか、とか…。

わんこ先生、「ヨーロッパ式」トレーニング方法とやらをご自身の若いわんこで実践されていたのは知っていました。
これまでの子達と何がどう違うのかを見られるかと思うと今から楽しみと言ったものの…。
う~~ん、なんかしっくりこないというかなんというか…それだけでは不十分なような…と歯切れがいまいち良くないのです。
とにかく来年の競技会シーズンでどんな活躍をみせてくれるか楽しみです。


こんな話に終始して本題になかなかならないのはいつものこと。
それでもあ~だこーだ話し込んで姉妹にいくつか宿題をいただきました。

宿題もらわないとね、な~~~んにもする気にならない困ったヒトだからワタシ。
はっきりこれとこれ!って宿題はありがたいのです。

さりーも無理なく楽しまなくちゃね、ご隠居するのはまだ先なんだから!!


すみれたんはもっと自信を持てるようただただ反復練習。
わんこ先生からは得意を作らない!!という名言をいただきました。
苦手を作らない!ってのは聞いたことあるけど……う~~ん…。
「これ得意なの」とそれに頼るようにならずに器用にこなせるようになりましょうということなんだと解釈。

要は「回れ」のコマンドでどちら回りをしているか、その逆回りはできているかとそんなことです。
両方向の回れができるようにしてねってことなのでした。

同じように右回り左回りを遠隔でとか。コマンドだけでとかが宿題。
すみれたんは反復練習で自信をつけるタイプだからね、暇さえあればくるくる回りましょう♪



一晩寝ると翌日にはできてる「睡眠学習タイプ」のさりーと繰り返すことで覚える「コツコツタイプ」のすみれ。
ひとつのことを覚える過程がちょっと違う姉妹なんです。

春先みたい

12月とは思えない寒い日々が続いてたんだけど今日は一転春先みたい。
とは言っても最高気温7,2℃。
それでも連日真冬日の中暮らしていたら暖かく感じる北の大地の住民。

ここのところちゃっちゃとご近所回りの散歩しかしていなかったから今日は長めの散歩。

連日の寒さの中温存していたかいあってさりーは3日前から平常モードに戻りました。
ご心配くださった皆さんにお礼とご報告が遅くなりました。

さりーの平常モードのトイレ事情とは おしっこ5回もしくは6回、ウンチ4回。
今はご飯を3回にしたのでウンチ5回なんてのもあるけど回数は問題なし。
ウンチの状態も良い感じ。
そういえばこの疾患がわかる前からさりーはウンチの回数が多くなったなぁと思ってたんです。
かりんとみたいな細いのをしてみたり、今しなくても良いんじゃないって感じで少量してみたり。
フードのせいかな?くらいに思ってたんだけどすみれはそんなこと無いからちょっとばかり症状が出ていたのかも。

それが15日に届いた通称「ベジサポ」をその日の夜から使用。
翌日少し軟便になったけどそれ以降とても良いのが出ています。
このベジサポ良いかも♪ お通じ事情にお悩みがあるわんこさんは試してみると良いかもですよ。

そんなんで回復著しいさりーもお出かけしたくてウズウズ!

3時過ぎに出かけたら公園に着いたころにはもう西日。
今、こちらの日没は午後4時だからあっと言う間に夜になってしまうのです。

公園内は今日の暖気で雪が緩んでいるので踏み固められたところを少しでも逸れるとズボッと埋まってしまいます。
なので2人と姉妹、縦列で黙々と歩きました。

その後某所にてお楽しみタ~イム♪
お好きにどうぞと解放したらご覧のとおり。

無修正でテキなところもそのままだけど、良しとします。
このお恥ずかしいところの色素沈着が一番やっかいで未だそのまま。
きっとこの先もこのままなのかな…オハズカシイ!



035_201612182149170d8.jpg

036_2016121821491625b.jpg

037_201612182149150ee.jpg

シンクロ~~~♪

038_20161218214914dd9.jpg

何が何でも シンクロ~~~

039_20161218214913cb0.jpg

羞恥心?  ナニソレ? ナイナイ~~~!!

いつもと同じくゴロンゴロン、クネクネ~~を繰り返す姉妹。
フツーが何より一番。


今週末鍼灸・オゾン療法とセットでお願いしようと電話したら…なんと1週間後まで予約不可とのこと。
テレビに出たとかで認知度があがったんだとか。
23日に予約が取れたのでしっかり針打ってお灸してオゾン注入してもらいます。

ご心配くださってメールやコメントをくださった皆様、ありがとうございます。
長期間かけてゆっくり治癒を目指そうと思いますので引き続き見守ってくださるとうれしいです。

蛋白漏出性腸症

お耳ダンボなさりーサン ←(命名・親ばかマーク)





遡ること半月前の11月30日の内視鏡検査で十二指腸に中程度の炎症像(浮腫、発赤)があることが判明。
粘膜を3箇所採取して病理検査に出してもらいました。

先生は1週間くらいで病理検査の結果が出るので来週水曜日にでもお電話くださいと言ってました。
もし、なにか早急に対処したほうが良いものが見つかったらこちらから電話しますとも言ってました。

多飲多尿が続くな~と様子観察中の12月6日(火曜日)に電話が鳴った。
見ると動物病院との表示。 いや~~~な予感と思いつつ電話に出たことは言うまでもありません。

先生「さりーちゃんの病理検査の結果が今届いたんですけどね」 

『蛋白漏出性腸症との診断です』

「タンパク ロウシュツセイ チョウ ショウ……

聞いたことない疾患名…
すごい勢いでメモ( ..)φ

リンパ管の拡張もあるとのことでこの状態が持続すると低たんぱく・低アルブミン血症を発症する可能性が高いとのこと。

ここまではちゃんと聞いたものの、リンパ管の拡張って? 低たんぱく・低アルブミン血症って?
何もかもわからないことだらけ。

先生も思いもよらない結果に驚かれていました。
もちろん私の驚きようはハンパありません。

尿検査用のキットを送ってもらい12月10日に尿検査の予約。
この日はまだ多飲多尿が続いていたのでそのことも相談。
う~~ん、わからないなぁ。この前の肩関節内への注射はしっかり関節内に入っているから体内にステロイドの影響が出るはずないんだけどなぁと首を傾げる風が電話でも伝わりました。

とのかくステロイドの副反応だと思うので様子見でいいですか?とだけ確認。

尿検査を急がなかったのは多飲多尿が落ち着くのを待ってからの検査の方が良さそうだったから。

……… とまぁ、始りはこの電話でした。
ここから私のこれでもかって検索しまくりの日々が始まりました。
そりゃもう調べましたよ、だってわかんないんだもん。

わかったことはこの疾病で闘病しているわんこが以外に多いと言うこと。
下痢と嘔吐が続いて病院へ→なかなか改善しないのでこの疾病ではないか?→
血液検査でアルブミンが低いと判明 →内視鏡検査で確定診断となるようです。

さりーは内視鏡検査で判明が先だったので血液・尿検査が必要なんだと解釈。

半年ほどかけステロイドと抗生剤の内服、改善しなければ免疫抑制剤も使うことがあるとか。
半年もステロイド~~~?! ムリムリムリ!!! やだやだやだ~~!!!
今だって思いもよらずステロイドの影響が出てるって言うのに長期の服用したくないな。

なにかもっとほかの治療法はないのかしら?
9月24日のワクチン接種の時の血液検査の結果表を見る限りではアルブミンは3,2と基準値の、真ん中。
総蛋白質も6,5と問題なし。
臨床上は何も問題ないのが唯一の救いのような気がした。

検索はさらに続き頭から火が出そうな日々を過ごすこと4日。
他のことなどほぼ手につかず。

そして10日の大雪の中オットと共に病院へ行きました。

相変わらずアルブミン3,3(基準値2,6~4)、総蛋白質6,4(基準値5~7,2)と問題となる数値はないのです。

だからと言って内視鏡検査でわかったことに間違いなどないのだからなんとかしないと。
う~~ん、う~~~~ん、とにかく悩みは尽きない。

ひとまずオットとはいましばらくステロイドを使っての治療は開始しないと意見が一致。

★できることとして★

フードを替える。替えると言ってもアレルギーが多く手作り食も難しい。
同様に消化器サポート系もアレルゲンになるものが入っているので使えない。
なので以前食べていて調子が良かったヒルズZ/dに戻す。

ベジタブルサポートの腸用を取り入れる。

朝のと~ちゃんからもらうのを楽しみにしている果物タイムはりんごだけにする。

フードはふやかしてペースト状に近くする。1日3食にしてお腹の負担を減らす。
さりーサン、食べ方がお恥ずかしいくらいのガッツキ系なのでそれも良く無いとのこと。
ガッツキ防止の食器があったはずと探したけどどこも欠品中。
だからと言ってフードボウルの中に食べにくくするためにゴルフボールとか入れたくない。
(これが有効というのも見かけたけど効果のほどはわからない)


非ステロイド系消炎鎮痛剤に属するアスピリンの服用は止める。
形質細胞腫が多発するので良かれと思って勧められて始めた。
だけど案外これが良く無かったのではないかと思っていたりする。
リマダイルで下痢、プレビコックスでも下痢、メタカムならOKと
今年始めの肩の痛みが強かった時に経験で判明したことと併せて考えると
ほんの少しではあっても良く無かったのかも。

しばらく止めていたシニアブレンド再開。
いましばらくはステロイドの影響を最低限にするためミルクシスルも服用。
ビタミンB群が良いとのことなのでカルシュウムなど入っていないメーカーのを教えてもらい服用開始。
ミドリムシ、ビオストラスの錠剤タイプは引き続き服用。

これとは別に引き続きT4とウルソは服用。

幸い肩関節内には今回のステロイドが効いているので痛みは解消している様子。
なので当分の間消炎鎮痛剤薬は必要ないと思われることは今時点では良かったことに入れておこう。

後はせっせと鍼灸・オゾン療法に通おう。

こうしてしばらく過ごして血液検査で様子を見ることにしたいと先生に訴えてみた。
先生なんて言うかな…と不安だったけど「それでいいと思います」とにっこり。

短期間で調べまくったことは評価してくださいました。

ついでと言ってはなんだけどさりーのアレルギー検査は8年前にしたっきり。
アレルギーが出るものも微妙に変わっているかもしれないし検査機関も変わっているので再検査することに。
さらについでにこの際だからすみれも一度検査してみよう。

身近なところでこの病気を経験した飼い主さんがいないのでホント~に調べまくりました。
まだまだ認識も甘いかもしれないけどあまり深刻に考えても仕方ない。

周囲に同じような症状から改善したよ~などと何かご存知でしたら教えてくださいませ。
よろしくお願いします。


さらにさらに余談ですが…
検査でお腹の毛を盛大に剃られたさりーサン、寒そうなのでヒートテックの腹巻きXSサイズを買ってみました。
なんだか暖かそうです♪
Tシャツの下にはヒートテックの腹巻きをして冷やさないようにしています。

とは言ってもクルクルめくれて温泉の浴衣を着て寝て朝になったら肌蹴て紐だけみたいなお腹になってることしばし(笑)。

それにしても1日3食って慣れるまでこちらがなかなか大変。
ふやかさないといけないとなるとなおさら。
毎食後2時間はのんびりさせたいし散歩も外の天気とにらめっことあってはタイミングもなにもあったもんじゃありません。

長々と覚書きなのでした。

多肉ちゃん

ずいぶん前にマイブームは過ぎたはずだったんだけど、こうして店先に並んでいると見ちゃうのよね。

成長して形がいびつになると整えようがなくなって…そのうち悲惨なことになった経験があるんだもん。
ウチの庭にあるNママさんの庭から譲ってもらったのなんて今年摩訶不思議な花まで咲かせてくれたし。
花だけ見ると案外綺麗なのよ、綺麗なんだけどね…みるみる長く伸びた茎部分がかな~り不気味だったのです。

わんこ先生に見てみて~~!って言ったら「うっ… かなりきてますね…」と言葉を詰まらせてたもんね。
「不気味~~!!!」とも言ってような。

そんなこんなでもう買わない!!!と決めてたんだけど
でもひとつくらいなら…小さいのなら… 伸びても不気味にならないのなら…とかなんとか。

結局言い訳しながらひとつ購入。

今度は一気に育ちすぎて間延びしたりしないでね。



ブームは過ぎたとか言いながら本当はいつか多肉でリースを作ってみたい。

おひとりサマ1個限り!

もうね、すごいのなんのって!

金曜日の夜から降り出した雪は今朝で65センチなんだとか
天気予報の人が29年ぶりだって言ってました。

もちろんそれがそのまま積もっているワケでは無くて融けたりもしているから
今朝の積雪量は42センチなんだって。
去年の今日は2センチだったらしいのでその差は歴然!!!

家の前は除雪車も来ないし出かけることもままならないのよ。
さ~っと青空が広がった10分後にはまた吹雪く…そんな繰り返し。
今年の冬はどんだけ雪降るのかな、先が恐ろしいもも太地方です

っとまぁ、天気のことは置いといて、ってか吹雪がひどくて写真も撮れない。
ワタシ的には先週の雪の無い時がすでに遠い昔のようで懐かしささえ覚える始末。

今のところ風邪はひいたりしていないけどなんか怪しい悪寒がする…
皆さんもどうぞこの師走の最中、風邪などひかれませんように!!!



そんな引きこもりな週末、ブログネタになりそうなことも無いワケでして…
引き続き大量に撮りためた先週の様子でも。

お待ちかねのちゃんを出したところ

いきなりハムハムし始めた…おいっ!! 投げて~~って来ないワケ?
その前にあっちこっちフラフラしたから適度にお疲れなのもあるんだけど
なんだかちょっと淋しい気がしなくもないなぁ。

そんなことを思いながら見ていたらさりーがすみれの隣へやって来た。
目線はすみれの口の中の



狙ってる

138_20161211133707990.jpg

狙われてるのを察したすみれが避難。

139.jpg

ひとり1個って言ってもさりーは2個独占したいのです。


いつも言ってるけど「おひとり様1個限り」なんだってば!

狙ってみたり、奪われないよう逃げてみたり…そんなのが楽しい平和な姉妹。
平穏な毎日でなにより。

週末の姉妹 2

緑地が春まで閉鎖になるので遊び納めに行った話の続き

続きってか、たくさん写真撮ったので整理がてら初冬の思い出として残しておこう。
9才と7才の姉妹のまったりだけどノリノリの様子が可愛いんだもん(ハイ、親ばかですけどなにか?)



046_20161208124355eac.jpg

047_2016120812435714b.jpg

048_20161208124358c09.jpg

049_201612081243595b1.jpg

050_20161208124445669.jpg

最近りんごちゃんが出てくる率下がっていて多少不満なんだろうけどそれなりに姉妹でコロコロ遊んでいます。
こんな姿をず~~~と見ていたいと画像を見ながら心底思う今日この頃。

060_201612081244464ab.jpg

月曜の深夜から降り出した雪が火曜日いっぱい降り続き積雪ゼロから一気に15センチの降雪状態。
おまけに冷え込んで道路もなにもかも凍ってツルツル。
いよいよこれが根雪になるのね…。
春まで長いなぁ~~~~

週末の姉妹

12月になり緑地のゲートが閉まる頃だと思ってました。
すでに1か所はゲート閉じられたよとの業務連絡があったのでこちらも間もなく閉まっちゃうのね。

管理事務所がないこちらの緑地は冬季間は入り口ゲートを閉じて立ち入り禁止になるのです。
駐車場の除雪も入らないし仕方ないんだけど春まで利用できなくなるというのはちょっと残念すぎる。

この週末は暖気が入ったので雪は融けたのに今日12月5日に閉鎖しますと告知の張りが紙がしてありました。
立ち入りできなくなる前に2日間、しっかりこのおなじみの緑地を楽しんできました。

すっかり回復したさりーも草地の感触をたっぷり楽しみました。
来年ここのゲートが開く頃にはさりーは10才、すみれは8才になっているんだね。

若いころとは遊び方は変わったけどここはホームグランド意識はあるのでこちらへ来ると弾けっぷりが違うのよね。



020_2016120510590544e.jpg

021_20161205105903952.jpg

ふたり並んで浮かれてました(笑)。

↑の三枚は土曜日の午後3時20分頃。
もうすでに夕日になってます。もも太地方ただ今、日没午後4時。
日が短くなって夜が長いとなんだかとっても損した気分。

これ以降に撮った写真はほぼどれもピンボケ…うっすら暗くなってくると仕方ない。
けど良い表情したのとかがあるのにボケてて残念。

明日からずっと雪だるまマーク。今週降る雪が根雪になる模様。
暖かいところへ越冬しに家ごとワープしたい!!

最近のすみれ

なにかと心配は尽きないさりーとは対照的にすみれは元気に冬を迎えています。

11月8日に歯石除去と腹部超音波検査をしました。
さりーと同じなんだけど肝臓、脾臓、腎臓、副腎、膀胱は異常なし。
胆泥があると言われた5才の時からウルソを飲んでいるので胆泥の量も変わらず。
これについては去年消えてなくなったので休薬していたらまた溜まり始めたのでウルソ再開。

このウルソを飲むようになってから姉妹揃って総コレステロールの数値が下がり標準値になりました。

お口の中は磨ききれない汚れが無くなりスッキリ、ピカピカなすみれになりました。
歯石除去だけでなく深くなっていた歯周ポケットまでも綺麗になったのは凄い!
ちなみに0,5ミリとか1ミリ歯肉を切除することでポケットも浅くなってます。

これは私もやったことがあるのだけど、今は動物歯科の治療もこんなこともするのねとひとしきり感心しました。

お迎えに行き待合室に入ると中から「ぴぃぃぃ~~~、キュイ~~ン」と聞こえてきた。
んんん?もしかしてこれってすみれ…? 

ハイ…すみれタン覚醒してからピープー、キュイ~ンと言ってたそうです。

まっ、これに関してはさりーもブーブー文句言ってるからどっちもどっちなんですけどね。

そんなすみれたん、さりーの検査日は8時間1人で留守番でした。
自宅で留守番は平気なんだけどねぇ、病院も嫌いではないはずなんだけどねぇ。
入院室のケージの中で覚醒すると不安になるんでしょうね。

いつも可愛がってくれるスタッフさんに出してよ~と訴えてるらしい。
そしてお迎えに行った私の声が聞こえるとさらに訴えが加速するらしい。

 
そんなこんな(どんなだ?)なすみれですが、昨日の供血のためのスタンバイは無くなりました。
すみれの血を必要とする子に他の症状が出たらしく昨日の手術は見送ることになったんだとか。
どんな症状が出ているのかわからないけどどうか回復してくれることを祈ります。

お出かけ予定がなくなって昨日は久しぶりにみんなで散歩できました。

下は昨日のすみれではないんだけどなぜかきりっと背筋を伸ばしてたの(笑)。

020_convert_20161204111631.jpg

そしてご機嫌に走る♪



走る♪

021_201612041120413eb.jpg


こんな弾ける姿をずっと見ていたいので「後20年元気でいてね」とお願いしてみました。

「20ネン?………… ヤクソクデキナイケド…ガンバッテミル~♪」と言ってくれたかどうかはビミョー。

さりー回復♪

昨日までのさりーの様子は本当に心配しました。
最近ますます心配症に拍車がかかっている母です。
自分のことならほっとくくせにね(苦笑)。

ご心配かけて申し訳ありませんでした。
おかげさまでしっかり回復してきましたのでもう大丈夫です。

ここで覚え書きだけど昨日からの経過をざっと記録しておきまます。

おしっこだのウンチだのそんな話ばかりだけど大切なことなので記録しておきます。

晩ご飯はふやかしたフードとさつまいもをすりつぶしてオリゴ糖を咥えて葛粉で練り上げたお団子は勢いよく完食!
あまりにガッツく食べ方は決して良く無いけどそれでも勢いが戻ると嬉しいものです♪

ミヤリ酸、マシュマロウのハーブチンキ、ビオストラストとお腹に良さそうなものあれこれもしっかりフードと一緒にお腹の中へ。

その後のトイレタイムでは色はいつもの色、形もほぼ良い感じの待望のウンチをしてくれました。
帰宅したと~ちゃんも「おっ、さりーの目ヂカラ戻ってる!」と言ってました

寝るまでに2回のトイレでウンチとおしっこをそれぞれしたけどなんだか好感触だったので安心して就寝。

今朝は前日の頻尿傾向から一転おしっこをしない、うんちのみ。
う~~ん若干脱水気味なのからってことでフードをふやかすのに250mlのお湯
食後にひと肌の湯にワンワンカロリーを加えたものを150ml。
やっとその1時間後に今日始めてのおしっこ。
それ以降、今日は水分補給の日。
ひと肌のお湯にビオストラストを入れたり米麹の甘酒を少し入れたりとか少しでも味があれば
飲んでくれたので水分を欲していたのでしょう。
計量しただけでも1100mlの水分摂取。
こんなに水分を摂ったら自らお水を飲みに行く子ではないのに今日は水も飲んでました。

今のところおしっこ5回ウンチ4回、このぶんだと今日最後のトイレタイムに各1回。

まだ普段より多めだけど明日にはもっと通常モードになりそうで安心しました。

いつもより少しばかり回復に時間がかかったので心配したけど、いつものさりーに戻ってくれて良かった良かった♪



お腹の調子が悪い時本当ならお粥とか作りたいところなんだけど
いかんせんさりーサンときたらお米を以下穀類全てダメなのでお粥にできないのです。
オーツ麦、オートミールこんなのもダメダメ。
お野菜だってあれこれダメだからどうしてもこういう時はふやかしたフードメインになってしまうのです。
いろいろ手作り食したくても食べられる食材だけでは偏りそうなので難しいのが目下の悩みでもあるのです。


またまた本文と関係なく…

そのへんをウロウロしていたすみれも雪だるま前に集合。



この雪、また融けて道路は乾いています。
そのかわり公園はぐちゃぐちゃしていて泥はねしちゃってた~いへん!

さりー体調不良なの(>_<)

11月30日、さりーの肩関節の痛みを和らげるために4月以来7ヶ月ぶりに注射をしました。
同時に腹部超音波検査もしてもらいました。
胆のうは少量の胆泥がありウルソを朝晩1錠ずつ飲んでいるので無くなりはしていないけどわずかな状態をキープ。
それ以外は肝臓、脾臓、腎臓、副腎、膀胱と診てもらいましたがどこも正常ということでひと安心。

実は1年ほど前から口をクチュクチュするのが気になっていたんです。
時々お年寄りでクチュクチュしてる人を見かけるのだけど、まさにそんな感じ。
一日中どのタイミングとかでもなく気付くをクチュクチュやってるのです。

口腔内はなにも炎症もないしクチュクチュの原因はなんだろうと思ってました。
癖? う~~~ん癖にしてはヘンだねとと~ちゃんとも主治医とも話てはいたのです。

そして半月くらい前に夕食後小一時間くらいにゲップをしました。
あれ? これまでゲップなんてしたことないのにな、ヘンだな。
気になりだして毎日食後の様子を見てました。
1週間ほど同じようなタイミングでしっかり聞こえる大きさのゲップをするのです。
回数は1回だけなんだけど。
さりーサン、歴代の我が家のゴルズの中で一番野性的なご飯の食べ方なんです。
全身でがっつくような食べ方なのよ。
もも太よりも早いんだからそりゃもう最初は驚いたものです。

こんな食べ方が災いして空気とかも一緒に飲みこんでゲップになるのかな?
これまた最近の気になることといて訴えたので今回胃と十二指腸を内視鏡で診てもらうことにしたのです。

胃と食道は異常が無かったのだけど十二指腸に中程度の炎症像(浮腫、発赤)があり
粘膜を3箇所採取して病理検査に出してもらいました。
腫瘍性の疾患の疑いはないでしょうとのことなので少し安心だけど検査結果がでるまで不安。

もしかしたらこれが原因で不快感があったのかもしれないですねとのこと。

病理検査の結果を受けての治療になるのだけどどうなることやら。

そんなさりーサン、検査して帰宅してから辛そうなんです。
一昨日夜はお腹がしぶっていたのかわずかな便を何度もするしよだれがポタポタ出るし。
食欲も無く大好きなホタテのおやつを見せてもいらないってそっぽ向かれちゃった。

先生が言うには空気を送り込んで検査したので膨満感があるかもしれませんとのことだったので一晩様子見。
おまけに粘膜も採取してるから痛みもあるのかなと思ってました。

一夜開けた昨日朝、食欲はあったけど通常1回分の3分の2のフードをふやかして整腸効果のあるサプリメントと
ハーブ、葛練りを食べてしばし様子見。

吐き気も無さそうだし大丈夫と判断して残りの分も食べて安静。ところが夕方下痢。
夜になって食欲があるのを確認してから朝を同じのを食べた。
その後おしっこは寝るまでに3回。下痢することなくおやすみなさい。

そして今日、食欲はある。けどおしっこの回数が多い。
午前中に4回もおしっこだなんていつもならあり得ない。その分お水も飲む。
お昼に葛湯。その後20時間ぶりのウンチは期待に反して下痢。
時間が開いたからお腹に便を貯められるようになって回復傾向かと期待したんだけどそうはいかなかった。

午後1時半におしっこして4時半にもおしっこ。


軽いとは言え鎮静した、肩関節内に注射をした、内視鏡検査で腹部を刺激した。
そのどれの影響を受けていることに違いない。

いつもの私なら家にある薬を飲ませてみたり、今頃病院へ向かっているかもだけど
これまでの経験から48時間過ぎたあたりからぐんと回復してくれるので心配はするけど慌てない。

明日はすみれが供血のために病院でスタンバイするのでその時に一緒に連れて行って
この二日間の様子を話して今後の薬の選択、使用量など相談してこよう。
今の状況で必要なら対処してもらおう。

去年血圧が高めということで飲んだ降圧剤が合わず辛い思いをさせたので薬のことは注意深く選択してくれているはず。
それでも個々の薬剤にはどう出るのかかわからないから不安です。

ちなみにさりーはこれまで何度も全身麻酔下で処置しています。
毎回慎重に鎮静前処置から始り術中には心電図で確認し、さらに術後の覚醒までしっかりコントロールしてもらっているので負担がないわけが無いけど最低限で済んでいると思っているんだけど…。
こればかりはね、必要でやっていることなので止む無しを思うしかない。

前にも書いたと思うけど主治医は歯科の専門医でもあるのです。
老齢で他の病院では麻酔下での処置はできないと言われた子も来院するそうです。
そういう子達が安全に歯科処置できるよう麻酔のお勉強もたんとされている先生なのでお任せしています。

もちろんそういう子達もみんなしっかり覚醒し足取りもしっかりして帰宅するそうです。

避妊手術は腹腔鏡だし我が家の子達はだれもこちらの病院で入院を経験していません。
帰宅後看てると不安なこともあるけど入院することでかかるストレスを考えたらなんてことないもん。

とはいえさりーサン、ちょっと心配。

本部とは関係のないいつものさりースマイル♪
この日は誰かが作った小さい雪ダルマと。



この角度にさりーは自信があるらしい(笑)。

035_convert_20161202145910.jpg
     
プロフィール

tamami

Author:tamami
米ゴルさんぺい&英ゴルもえと楽しい日々を送っていました。

2004年秋・冬と立て続けに2頭を亡くし悲しみにくれたこともありました。

そして昨年5月にリンパ腫で1年間闘病したもも太を亡くしました。

今は英国系ゴールデンの姉妹と先代達を思いながら毎日を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。