スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大丈夫、大丈夫…



相変わらず繰り広げられるこの光景。

196_convert_20140125172918.jpg

私にしてみたら今さらど~~ってことないんだけど

198_convert_20140125172956.jpg

この姉妹、こんな激しくても加減がちゃんとできているようでして…
もうずっとどちらも「きゃん!」とか「ピィィ~~」とか痛いって声をあげたことがありません。
そこらへんは上手に遊べて偉いねと思うのです。

ちなみこの遊びは姉妹だけでやってます。
他の子とは走り回るだけでそれ以上には発展しないの。
気心知れてる相手とガウガウしてるのがお互い安心で楽しいのでしょうね。

199_convert_20140125173027.jpg

ガウガウ姉妹の横を華麗に枝咥えて走り抜けるご存じたけちゃん。
周囲が何していようが我が道をゆく男子。

200_convert_20140125173105.jpg

かなり立派な枝を咥えて得意げに走ってました。 遊んでる姿は元気なラブそのもの。

このたけちゃん、昨年秋以降「日本一!」って周囲がチヤホヤしてくれるので調子に乗ってるんですとわんこ先生。
なので私が調子に乗ってるところを抑えていかなければならないそうです。
う~~ん、そういうふうには見えないんだけどな。

とか言って、私もチヤホヤしている1人です(笑)。


またまた↑の画像とは関係ない話です。
「大丈夫、大丈夫…」はなんなのかと言うと、前記事に続く第二弾のその1になります。

次の週末も日没前の時間にって運動を兼ねた散歩に。場所は先週と同じところ。

車から降りて歩きだすと前方10mほどのところにボストンテリア。
おズボン履いて、セーター着てコーディネートばっちりなお洒落さんでしたが、
すごい剣幕で姉妹に向かって吠えるのです。
離れてたしこちらは無反応を決め込んでスルーしようとしてたんですけどね。
その時聞こえたのが
「大丈夫、大丈夫」と背中を撫でながらなだめている声だったのです。

大型犬が苦手で怖がっているならまだしも(それだってこのなだめ方は良く無い)明らかに威嚇吠え!
まぁね、別に顔見知りでもなんでもないし私達が遠ざかればその場の吠えがおさまるならいいんでしょうね。
でもその子のことを思うとなんだか気の毒な気がしたのです。
もう少し可愛い我が子の気持ちを汲み取ろうとしてあげればいいのにって。

あの子はこれぽっちも大型犬を怖がってなどいなかった。
見知らぬ「デカいヤツら」が挨拶もしないで通り過ぎてくのが面白くないんだよっと言ってた。
俺様を何さまだと思ってるだい!って息まいていましたもん。


今までだって大型犬ってだけでいろんなこと言われてきたもんね~。
かなり免疫できてるからこのくらいどってことないもんね~。

ちなみに小型犬がギャンギャン吠え始めたら「吠えたら食われるぞ!」と飼い主さん。
いいえ~、ウチの子食ったりしません。お肉はヒューマンクオリティのものを食べてます。
とは言えず…その場を素知らぬ顔して立ち去りました。

これまた小型犬に吠えられたけど無視して通り過ぎたら「おまえなんか相手にされないぞ」
と聞こえるように飼い主さん。
もし何を~~!ってこちらも吠え返したらなんて言ったんでしょうね。

雪の一本道だったのでこちらは長靴履いてるし雪の中に回避してどうぞと道を譲った。
そしたら「その犬食いつくのかい?」と聞かれた。
「いいえ、道が狭いので譲っただけです」とこの時は言いました。

その他吠える子に「大きくて怖いわよね~」と声かけるのを聞いたのは数知れず。

こんな話は大型犬と暮らしている人ならみんないろいろ経験されているのでしょうね。
ここをご覧くださっている皆さんが言われた言葉、聞いてみたいです。

どれもこれもわんこは何にも悪く無いと思うのです。
教わっていないから思うままの反応をしているだけなんだと。
悪意の有無にかかわらずいろいろ言うのは人なんだもんね。

長くなったのでこの日のもうひとつの話は次にね。

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活
ジャンル : ペット

     

コメント

No title

ン"ーッ!!
うちのこと?って思う内容でした(ーー;)
あります あります!
すご〜い ならまだスルー出来ますが、怖いね〜とか自分の子供に植え付けてる母親とか…(ーー;)(ま、結局は何を言われてもスルーしますけど…)
は? 何かしました??って感じ。
食われるよって、小型犬連れてる女にも言われたことあります。わざわざ近付いて来てですよ!ムキーッ(♯`∧´)
確かこれ、ブログに書いた記憶が有ります。笑

土地は違っても、全国どこにでも居るんですね。
そーゆー飼い主や 大人(ーー;)

やーね〜 っったく!!
ハーッ 思い出してムカムカしてきた!!
笑笑

でもうちのワンズは興奮しやすいので、
相手にギャン吠えされたら、マグロの1本釣り状態になってました。
いまでは すこーーーーし改善されました(改善とは言わない?笑)が、まだフンガー!っとなっちゃいます>_<
特に 姉が( ̄▽ ̄;)
レディーへの道はまだまだです~_~;


Re: ヨッピーさんへ

ねねねっ!!全国どこでも大型犬ってだけでおかしなこと言う人っていますよねv-427
皆さん理不尽な思いってしてるはずだと思ってました。

私ね、中年男性に塀に両手を広げて後ろ向きに張りかれ
ジ~~と私達が通り過ぎるの待たれたことがあってね。

相当犬が苦手な人だったんだろうけと明らかに挙動不審だったの。

そこまでして犬から気配を消さないではいられないほどの何が過去にあったのだろうって思っちゃった。

気のどくだけどこの反応って大人気ないと思ったのでした。

もも太も興奮が強かったのでポメちゃん2頭に吠えかかられた時には首吊りあげたことあります。
足でも踏んだもんなら骨折しちゃいうそうだったんだもの。

まっ、どんなこと言われようとスルーするに限りますね。

あれれっ、お宅のお姉さまってジュエルちゃんとジェニファーくんのお子ちゃまでしたっけ?
興奮っていったってきっと可愛いモノなんだと思います。
いつかしっかりレディーになりますよん。

そういやウチの姉妹にはレディー教育していないなぁ。
自由奔放なアマアマ飼い主です。
それでも問題ないので良しとしています。
こうでなくちゃいけないってのを取っぱらったら案外何をするのも楽ちんなので、エヘヘ。

もも太の若い頃はそれはそれはすごかったから(笑)。
周囲の人にはそれがゴル男子らしくて可愛いって言われた愛されキャラだったけど私は必死でしたから~~。

No title

お久しぶりです。
覚えてくださっているでしょうか?
ちょくちょくのぞきに来させていただいていたのですが
復活されて嬉しいですe-266

一気に読ませていただきましたが、
特にこの記事は、「そうそう!!」と何度もうなずいてしまいましたよ。

ホント、いますよねえ、こういう飼い主って。
私も似たような目に遭ったこと数知れずです(ー_ー)!!

一方的に「おのれ~!!噛み殺してやる!!」とものすごい剣幕でジュピに喧嘩売ってくる犬に
「大丈夫よ。恐くないよ」って励ます飼い主。
「そっちは恐くなくても、こっちは恐いんじゃ~~!!!」と叫びたくなります。
どうみたって、その犬恐がってないやろ、
どうしたらそんな発想になるの?って・・・・。

何もしてない大人しい犬に吠えかかるのは、どう考えたって問題行動だし、
きちんとしつけをして直そうと努力すべきですよね。

きっとそういう飼い主って、
「小さい犬は大きい犬が恐いはず。恐くて吠えてるんだから仕方ない。自分の犬は悪くない」って
しつけの失敗、飼い主としての無能さを正当化してるんだと思います。

今まで出会った中で一番すごかった例。

公園で散歩中、リードが放れてしまった小型犬が
ガルガル唸りながらものすごい勢いで、こちらに向かって走って来て、
その後ろから、飼い主らしいおばさんが
「危ない~!!噛まれる!!」って叫びながら追いかけてきたんです。

私はまた、「うちの凶暴な犬があなたの犬を噛むので危ないから逃げてください。」って
こちらに警告してるのかと思ったのですが、
うちの犬を襲う一歩手前でギリギリで追い付いた飼い主は、
「ああ、危なかった。大きいワンちゃんに怒られるところやったね。
遊んでもらえないよ~」と言いながら
ギャンギャンわめき散らし続ける小型犬を抱き上げて立ち去って行きました(ーー;)

はあ?
怒るって誰が?
怒ってるのはあんたの犬だけですやん。
危なかったのはどう考えてもうちの犬ですやん。
どこをどう見たら自分の犬が「遊ぼうとしている」なんて思えるの?
もう、あいた口がふさがらず、でした。

すみません。この話題になると
普段たまりにたまっているだけに、ついつい熱くなってしまいました。

ホント、きちんと自分の犬をきちんと理解して
適切な対応をしてあげないと
周囲にも迷惑だし、ワンちゃん自身がかわいそうですよね。

ジュピター、ただ今ゼロ回答修行中。
いただいた匂い、重宝させていただいています。

Re: ジュピママさんへ

なんだか霧ヶ峰から帰って以降もバタバタしてしまいこちらをおろそかにしていました。
なのにいらしてくれてありがとうございます。
私もちょこちょこお邪魔はしていたものの足跡も残さず失礼していました。

ジュピターくん「ゼロ回答」頑張っている様子を読ませていただいてましたよ。
こちらは慣れないカタカナコマンドでドタドタ踊りもどきをしてるばかり。

そろそろ春に向けて新たな目標を決めないとと思っていたところです。

一応ウチの姉妹はゼロ回答の認識は出来ているはずなんですけどね。
一昨年はすみれが、去年はさりーが、それぞれ本番で成功させたことはあるのだけど
なかなか徹底できていないのが現状です。

そんなこともこのシーズンオフに覚書しておきたいとブログ復活したところです。

それはさておき、なんですってぇ~~~!!
ジュピターくんにガルガルくる小型犬、とその飼い主さん許せん!!
ほんと、開いた口がふさがらないってかあごがはずれそうです。

どうみたって人畜無害なゴルでさえそうなんだから、シェパとかいっけん強面(失礼)と
思われがちな犬種の飼い主さんはもっと嫌な思いしてるかもしれませんね。

次はシェパードにしなよって知り合いの訓練士さんい言われたりすることもあるけど
住宅密集地のこのあたりでシェパは厳しいと思うのです。

小型犬のガルガル向かってくるのだけはどうにもこうにも。
問題行動も抱き上げてしまえばそれ以上に発展しないからよしなんでしょうか。

小さくても大型犬を圧倒するだけの迫力を持ってる子はたくさんいるんですけどね。
しつけは大きさに無関係にみんなに必要なのに。

ちゃんとそのあたり理解されている飼い主さんも多いからこそ
一部の?な飼い主さんの言動に驚かされたりしますね。

そんなことの積み重ねでどんどん犬が集まる公園に行かなくなりました。
不必要ないさかいに巻き込まれるのはごめんですから。

可愛いウチの犬を安全に自由を謳歌させてあげるためにもその前に教え込んで
おかなくてはいけない大切なことがあるってことに気付くべきですよね。

なんて私もこういう話題には熱くなるひとりです。

もうひとつ同じ日に目撃した話もありますのでまたこの次に呆れてやってください。

コメントありがとうございました。

臭気布の件、いつでも言ってくださいね、ご協力しますしこちらもお願いします。
Secre

     
プロフィール

tamami

Author:tamami
米ゴルさんぺい&英ゴルもえと楽しい日々を送っていました。

2004年秋・冬と立て続けに2頭を亡くし悲しみにくれたこともありました。

そして昨年5月にリンパ腫で1年間闘病したもも太を亡くしました。

今は英国系ゴールデンの姉妹と先代達を思いながら毎日を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。