スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回めの月命日 (ダラダラと長文です)

7月7日はもも太の2回目の月命日でした。
不思議なことにもう2ヶ月も経ったんだという思いと
まだたった2ヶ月しか経っていないの?という思いが交互にやってきます。

1年前抗がん剤治療の真っただ中で食欲が無くなった時
夏限定のカルピス蒸しパンを食べてたなと思ったら今年もありましたよ。
もも太にとっては辛かった治療を思い出す食べ物かなと思ったけど買ってきました。
それを食べたのは私なのですが、食べながら胸がキュ~~と痛みました。


遡ること3ヶ月前の4月8日のことです。
この日は私にではなくてもも太にこんな美味しそうなイチゴのタルトをホールで頂きました。



イチゴのタルトを目にして興奮のあまりブレブレです

ここから先はそれぞれの考え方によって賛否両論あるのは重々承知しています。
私はもも太が喜ぶ顔が見たい、ただそれだけの思いで自己責任のもとこのイベントを決行しました。

不快に思われる方もおられるかもしれませんがもも太に免じてお許しください。

4月6日。
3週間目の血液検査をしていただきロムスチンを処方してもらいに病院へ行きました。
リンパの腫れは引かないどころがコリコリは一段を硬く大きくなっているように感じました。
それも喉元だけでは無く後脚の付け根も硬く腫れていましたから
2回目のロムスチンは効いていないことは素人目にもわかっていました。

もも太にとっての最大量7カプセルを飲ませるべきか現状維持で5カプセルにとどめて
進行を少しでも遅らせるべきかなどぼんやり考えながら病院へ向かったことを記憶しています。

血液検査の週ごとの経緯はまたにしますがこの日の結果はこれまでで最低でした。

白血球    4400  (5000~17000)
ヘモグロビン   10,2(12~18)
PCV      30,2(40~55)
MCV      76,1(59,9~75,2)
MCHC     33,8(33,6~38,3)
血小板      9,1 (20~50)

基準値内にあるのは1項目のみ。
骨髄抑制がかかった状態から改善しませんでした。
血小板減少症(DIC)の症状が出ていますとのこと。

これでは3回目のロムスチンの投与はできるはずがありません。
それでも5カプセルをお守りのようにもらってきました。
来週数値が改善しているようなら飲みましょうってことで。
このころには野菜スープは食べなくなり1回に手からフードを40グラムとかそのくらいしか食べられなくなりました。
かろうじてお肉は食べていました。
馬肉、鹿肉 鹿の肝臓、脾臓、心臓のミンチやハツの塊が手に入ればそれを食べていました。

お魚などの他にこの頃には当たり前のようにシュークリームやメロンパン、クロワッサンなんかも食べていました。

癌に炭水化物や糖質は良くないと言われますがそれどころでは無くなっていました。
栄養になるならなんでもの気持ちでした。
もちろんその栄養は癌にとっても栄養に違い無いけどもう時間は限られてるのです。

翌4月7日は朝から呼びかけにもぼんやりしていて辛そうでした。
ご飯だよって声かけたってダメ、トイレも辛そうでした。
トイレタイムを済ませたらパタンと伏せて動かないこと2時間以上。

これはただごとじゃないと病院が開くのを待って病院へ。
2日続けて病院へ行くのは始めてのことでした。

食欲がないならと点滴をしてもらい自宅で点滴をするようにと指導していただき5回分いただいてきました。

そしてこの状況であれば後10日から2週間でしょうと宣告されました。
そっか…いよいよここまで来てしまったのかと切なくてなりませんでした。

すでに最初の抗がん剤治療で食欲の無かった頃にアイスだシュークリームだと食べてやり過ごしてきたもも太です。

この先は食べられるものなら何でもOKです。
そのうえでのイチゴタルトです。
もう思いっきり食べていただきましょうとなりました。

1ホールを4等分。
もも太に差し入れてくださったのはわんこ先生。
お見舞いにかけつけてくれたKママさんが食べさせてくれました。

230_convert_20130711003449.jpg

もも太の瞳孔が開いています。小さい目を見開いて食べています。
スプーンで食べることも抵抗が無くなっていたのでフォークも上手に使っています。
美味しそうに食べてくれるならそれで良いのです。

231_convert_20130711003540.jpg

その様子をすぐ横でえぇぇ~~~~いいなぉ~~~と眺める姉妹。
もも太にぃちゃんは特別だから良いの!

232_convert_20130711003615.jpg

すみれなんか麻呂に力入り過ぎてるし。

233_convert_20130711003649.jpg

横でよだれを垂らして見ている姉妹を不憫に思った先生が良いですか?と一言。
え~え~~もちろんですともと私。
とは言っても姉妹はカスタードクリームが付いたイチゴとタルトの乗ってたお皿をペロリっとさせてもらう程度ね。

234_convert_20130711003729.jpg

横では本気モードでパクつくもも太、その隣りで美味しそうにいちごをほおばる姉妹。

236_convert_20130711003756.jpg

まだまだ食べるよとノリノリなもも太とお皿を必死に舐める姉妹。

先代さんぺいももえもアイスクリームやシュークリームは最後にひと舐めさせてもらうくらいでした。
そして最後は突然やってきたのでこういう美味しい思いはさせてあげられませんでした。

わんこ先生にしても見送った愛犬に美味しい思い出を作ってあげられなかったそうです。
なのでもも太にこうして美味しい思い出を作ってくれたのです。

どのタイミングでタブーとしていたものを思いっきり食べさせてあげようと決意するか
思い悩むをの声も聞きました。

一緒にいられる時間が残り少ないことを告げられたのですから
私のなんでもOKの決断に迷いがありませんでした。

美味しいひと時が済んでから残りの4分の3はしっかり3人のお腹に入りました。
とても美味しかったのは言うまでもありません。

結局翌週の血液検査は白血球は30600と異常な増加を示し、赤血球も基準値には戻ることはありませんでした。

この時に残りの時間が少ないことをさらに思い知りました。
それでもまだ歩行に問題はありませんでした。

私は何がなんでもフード派ではありません。
ぱぱちゃんがフードって結局はバランスのとれたインスタント食品なんじゃないかと言ったことがあります。
うまいこと言うな~~と感心したものです。

そのバランスのとれた食事を毎食手作りで提供するのは大変なのでフードは利用するべきだと思います。
時間のある時に手作りの日があるってふうにしています。

普段はフードとトッピングにお肉と野菜程度に抑えています。

フードだけでも食べられるようにしておくべきだと震災のボランティアをされた方に聞いたことがあります。
緊急時を考えればその通りと思います。

危険とされる食べ物はいくつかありますよね。
中毒を起こす代表的なものとして玉ねぎだとかチョコレートは当たり前。

それ以外にも夏場ついあげてしまうものの中にも危険なものがあります。
家庭菜園の代表選手プチトマト。
私の犬友のラブちゃんはその昔丸飲みしたプチトマトが丸いまんまウンチと共に出たそうです。
トマトの硬い皮が消化できずにプチトマト本体のまま出たそうです。
無事に出て何よりでしたがどこかでつっかえてたら大変だったかもしれません。

教訓 皮の硬いものをあげる時は皮をむくか小さく切ってあげましょう。
私もトマトはあげちゃう派ですので刻んであげるか野菜スープに入れてトロトロに煮るかしています。

とうもろこしの芯も腸閉塞を起こしたりするらしいので食べさせないように。

危険なものを知ったうえで美味しいものを適量食べるウマウマ体験は
お互いにとって至福の時間だと信じている飼い主なのでした。

長文に最後までお付き合いくださった方 ありがとうございます。

tag : ゴールデンレトリーバー リンパ腫 闘病 ロムスチン

     

コメント

胸がいっぱいになりました。
でも、もも太くんと 最後まで、ホントにもも太くんと一緒に頑張られたんですね(;_;)
私も いつかはこういう日を迎えることになるんですよね(;_;) 命あるもの いつかは…ですもの。
ホント勉強になります。 
寂しがってばかりではいけないんだ、最後まで一緒に頑張るんだ、いっぱい思い出作るんだ…など、色んな気持ちがこみ上げてきます。

トウモロコシの芯はあげてはダメです!!( ̄0 ̄)!! ←たく(ーー;)バカチン

トマトもうちの子大好きなんで、注意です(`_´)ゞ←汗

はぁ… 大丈夫か?私。

あ、また話がずれちゃいました!
すみません<(_ _)>

Re: ヨッピーさんへ

完治のない病気はどんなに支えているつもりでも行きつく先は別れだと思い知らされました。

寝たきりになってしまった老犬の介護生活ブログとかをたくさん参考にさせてもらってました。
そこには穏やかな時間と暖かい空気感がたくさんあるのです。
大変には違いないけど皆さんお世話できることが幸せだと思われてる姿に感動してたんですよ。

願わくば次は姉妹の老犬暮らしのお世話だといいなって思います。

どんな形であれ最後まであきらめることなく精一杯思い出つくりしながら
少しでも快適にを目指して日々過ごしたいと思うのです。

そんな日は当分来なくていいけどね(^_-)-☆


お上品にトマトは刻んでなんて言ったけど食事時に包丁使ってる時限定です。
普段は爪でグィッと穴を開けて無理やり割ったり開いたりしてあげるだけ。
皮が消化できないから原型とどめて出るだけなんだもん。
それなら穴開けとけば中身は出るから大丈夫だよねってなもんです。

こういうのって最初っから知ってることとは限らないです。
いろんな失敗談や経験から学ぶこと多しですよね。

知ってるつもりでも昨日の常識、今日の非常識なんてこともあるし。
犬暮らしも長くなるとなんとなく慣れっこになっちゃうけど
まだまだ教えられることばかりです。
Secre

     
プロフィール

tamami

Author:tamami
米ゴルさんぺい&英ゴルもえと楽しい日々を送っていました。

2004年秋・冬と立て続けに2頭を亡くし悲しみにくれたこともありました。

そして昨年5月にリンパ腫で1年間闘病したもも太を亡くしました。

今は英国系ゴールデンの姉妹と先代達を思いながら毎日を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。