スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お礼

もも太の顎のリンパ節が腫れているのに気付いたのは2月20日のことでした。
恐れていた悪性リンパ腫多中心型が再燃(再発)。

その日から77日後の5月7日午前1時10分に静かにもも太は逝きました。

この二ヶ月半は本当にめまぐるしく記録としてのブログの更新をと思うもままならず。
更新が無いのをご心配してくださった皆様、申し訳ありませんでした。

もも太の1年に渡る闘病の記録としてぼちぼち綴って行こうと思います。



この姿は再燃後2回目のロムスチンという抗がん剤を5カプセル経口投与した日の午後です。

351_convert_20130507210304.jpg

ここのところのもも太はゆるやかに坂道を下るように症状は悪くなってきていました。
この何日かはとても苦しく辛そうな浅く早い呼吸をすることが多くなってきました。
えずくような咳のようなものもひんぱんになっていました。
食欲もまばら。
4月17日に左後脚が二倍に腫れてしまい力が入らないようでした。
その日以降は介護ベストを着用。
27日にはさらに力が入らなくなり後脚用歩行補助ハーネスを装着。

それでも立ちあがりの補助をすれば自力で歩けていました。

連休最終日の6日もまばらながらも朝にはデビフの流動食の缶詰をひとつ。
退院サポートを水溶きしたのを少々。小魚を少し。
午後にはシュークリーム1個、小さなクッキーをなんと30個。
夕方6時にはマイブームだったガリガリ君コーンポタージュ味を1個完食。

ところがなんとか食べたと喜んでいたのもつかの間どんどんえずくようになった。
3日の通院時に先生に相談し4日から5錠だったステロイドを8錠に増量。
喉元の腫れによる気道圧迫がいくらかでも解消しないかと様子を見る事にしていました。

3日目になっても喉元の腫れは一向に引かないのでもはやステロイドでのコントロールは無理なんだと確信。


夜になって庭に出るドアの前が定位置になっており何度が上半身を上げたので
その都度トイレかと思いドアを開けるも行こうとせずどうしたものかと思っていました。

連休最後の夜は早く休もうとしていたけれどなんだか様子がいつもと違ったのでした。

大きくえずいた時に床に少量の血が落ちました。
どこかから出血している…。

それから2時間は辛い時間になりましたが最後は驚くほどあっけなく息を引き取りました。

ずっと悪天候ばかりで未だ桜の蕾が硬いままのもも太地方。
この連休も雨ばかり。
散歩もままならなかったけど5日の晴れ間にみんなでいつもの緑地へ。
マット持参で日向ぼっこをしながら大好きな場所を堪能したもも太だったのでした。

最後に楽しい思い出をひとつ増やし、ぱぱちゃんが出張に出る前に夜に看取られる。
もも太の思い描いた逝き方だったのだと思います。


朝になってぱぱちゃんは連休明けで仕事へ。
それでも早く切り上げられるということで本日午後4時に旅立ちました。

慌ただしく短い時間しかありませんでしたが
もも太を可愛がってくださった方達が次々にお別れにいらしてくださいました。

会いいに来てくださった皆様、そしていつも気にかけてくださった皆様
もも太を可愛がってくださりありがとうございました。

しばらくは抜け殻状態かもしれませんがいつまでも足踏みしていてはもも太が悲しむと思います。
思い出話で涙が出ることは必至ですが前を向いて行こうと決めました。

ここしばらくのご無礼をお詫びすると共にこれからは姉妹との日々を見守ってくださるようお願いします。
そしてもも太の思い出話にしばらくはお付き合いくださると嬉しいです。

取り急ぎご報告でした。
読んでくださりありがとうございました。
     

コメント

もも太君
本当に本当によく頑張ってくれたね。

たくさん勇気と希望をもらいました。

ありがとう。。。

たまみさん、パパさん
理想の介護、勉強させて頂きましたm(_ _)m

お疲れさまでした。

これからどっとくると思います。
お体だけはお大事に…

しっかり眠って下さいね。

Re: 優良母さんへ

コメントありがとうございます。

もも太、最後まで頑張ったよ 偉かったよ。

最初にリンパ腫を診断された時は目の前が真っ暗になったりもしたの。
たった1年前のことだけどすっと前の事のようだよ。

リンパ腫は珍しくないけど個々に症状も治療の方向性も違うから
選択をしなければいけないのは飼い主なんだよね。

もも太の基礎体力を信じて抗がん剤治療を開始したのは間違いじゃなかったなぁと思っています。

ただこちらが想像した以上の副作用で消耗させたのも事実。

途中で断念したけれど寛解の状態に持って行けたことは奇跡に近かったのかもしれないな。

後半の半年間は毎週病院通いだったけど優しい先生やスタッフの皆さんが可愛がってくれたの。
だから通院も苦じゃなかったみたい。

どんな状況にあっても悲壮感を感じさせなかったのはこのキャラクターだったからだとも思うし。

私達はとにかく1年精一杯できることはやってこれたと思えるの。
もも太はどう思っているかはわからないけど。

最後の10日間は「イチニノサ~ン」って声かけしながらぐいっと持ち上げて
立ち上がらる手伝いをしたりしてたのでちょっと腰にきたけど
優等生の看護はたいした苦じゃなかったのよ。

これからはさりーとすみれの喪失感のフォローをしながら
みんなで少し休み休み頑張りまっす♪


優良母さんの子育てこそ学ばせていただくことが多いです。
母さんもこの先の巣立ち後ドッとお疲れがでませんように。

いつも気にかけてくださってありがとうございます。

No title

まずは…もも太くんのご冥福を心からお祈りいたします。
今頃はもう元気にあちらで走り回っているでしょうか。

仰る通り、リンパ腫はそれぞれのコで症状や薬への反応が
違うので、どうしたらいいのか本当に迷います。
そんな中で寛解、しかもとても良い状態で保てていたというのは
たまみさんの努力があってこそだと思います。

きっとたまみさんの選択は、一番ベストだったのでしょうね。
もも太くんのお顔を見るたびに思います。

これまで張りつめていた分、お疲れもたまっているかと思います。
2ワンと一緒にゆっくりのんびり、ご自愛ください。

もも太くん、ありがとうね。

Re: michikoさんへ

ご無沙汰しています。

もも太にお悔やみのコメントをありがとうございます。

いっぱい頑張ったんですけどね…最後の日を迎えてしまいました。

我が身に起きている変化に気付き受け入れ、懸命に命を全うしようとする姿を日々見ていると、
少しでも辛さを軽減してあげられるような手立てって思いつくものだなと感じました。

こうしてくれると楽なんだけどってもも太の気持ちを感じ取れていたのかもしれません。

再発した時に7ヶ月間も抗がん剤に頼らず過ごせたのだから充分に体力は回復しているはず、
もう一度最初のプロトコルを開始することも考えなくはありませんでした。
再寛解だってあるのかもと。

でもそうしなくて正解でした。


今頃はあちこちご挨拶回りも終えて自由に走り回っていると思います。

どこかでさくらちゃんとも出会えているような気がします。
もも太もかなりのスイマーでしたので水辺あたりで出会っているかも。

張り詰めていたものが少しずつほぐれてきています。
そしたらド~~~ッと疲労感が押し寄せてきている感じもしています。
頑張りすぎない程度に頑張りながら日常に戻っていくつもりです。

優しいコメントありがとうございます。


いつか童顔一族の会に参加したいっす。

あっ、春の女子会拝見しました。
参加のお嬢さんの中に先代もえと同じところからお迎えされた可愛いさんがいるではありませんか!
懐かしい名前に胸キュンしてしまいました。
Secre

     
プロフィール

tamami

Author:tamami
米ゴルさんぺい&英ゴルもえと楽しい日々を送っていました。

2004年秋・冬と立て続けに2頭を亡くし悲しみにくれたこともありました。

そして昨年5月にリンパ腫で1年間闘病したもも太を亡くしました。

今は英国系ゴールデンの姉妹と先代達を思いながら毎日を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。