スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半年頑張ってます

もも太が最後に抗がん治療をしたのは2012年7月19日。

プロトコル終了では無く9回を終えた時点で断念しました。
そんなわけで治療を担当してくれた先生から「寛解です」の言葉は聞いていません。
当時完全寛解に向けて順調ですと言われてはいたけど。

なので最後に抗がん剤ビンクリスチンを投与したこの日を一応の寛解記念日としています。

今お世話になっている病院で11月に2回エコーとレントゲン検査。
12月にはエコー検査2回とレントゲン検査1回。
今月最初にエコー検査。
そして半年記念に昨日エコー・レントゲン・血液検査とフルコースの検査。

お昼に病院へ行きもも太を預けます。
おおよそのお迎え時間を電話でしらせてくれるまであれこれと時間を過ごすお決まりのコース。

昨日は4時くらいと最初から長い待ち時間を覚悟していた。

お昼ご飯を食べてる時に病院から電話。

4時のお迎えならそもままもも太クンをお返しすることになります。
6時過ぎまで待っていただければ血液検査の外注検査も終わり
全ての検査結果を先生から説明させていただくことができます。

ふたつの選択肢があったのだけど6時間も時間をやり過ごすのは冬場は大変。
4時に迎えに行って次回の点滴時に検査結果を聞くことを選択しました。

ただし、エコー、レントゲンの結果次第では診察の合間に先生から説明があるかもしれませんとのこと。
これって重篤な何かがあればってことだよね。

う~~む、すんなり帰って来られるといいけどどうなることやら。

午後の診察時間は4時からなのでそれに合わせて病院に戻る。
看護師さんはもも太くんのお迎えですね~~とにこにこ。

そしてもも太勢いよく登場。
今日はこれでおしまいですとにっこり。
わっ、エコーとレントゲンの検査では今すぐに伝えなくてはいけないような所見はなかったってことね♪

会計の時に「先生から半年頑張ったご褒美です」と鹿肉の燻製のおやつをいただきました。

朝もお迎え時も診察で忙しそうな先生のお顔を見ることはできなかったけど
こういう配慮がとてもありがたく嬉しかったです。

全ての検査結果は来週点滴に行った時にしっかりと聞いてきます。

なにはさておき寛解状態で半年過ごせて良かったね。

頑張ったね、これからも頑張るもも太を支えて行こうと決意を新たにしたのでした。

032_convert_20130127122620.jpg

今のもも太の後ろ姿。 お尻はブルマー復活。

041_convert_20130127122647.jpg
ぴ~~んと上がった尻尾もかなり伸びて来た。

044_convert_20130127122717.jpg

お腹のモフモフも長さが出て来たぞ!

075_convert_20130127122754.jpg

この後ろ姿なんかかなり普通に戻った感じ♪


腸が動かなくなって自力では一切食べたり飲んだりできなかった日々を乗り越えたと実感した頃。

腸が動き出し自力で食べられるようになって2泊の入院から戻ったのが7月29日(日)。
本格的にいつもの食欲が出たのが8月2日(木)でした。
この日は今までが嘘のように突然しっかり食べ始めた。

抗がん剤の影響が全て抜けて胃腸の調子も回復したんでしょうね。
これ以来一度も下痢嘔吐することなく食欲もいたって旺盛。

8月4日のもも太。
必死に頑張った挙句の姿は今見ても切なくなるけど頑張ってくれました。

149_convert_20130127184249.jpg

よ~く見るとおしっこ中だったりして。

155_convert_20130127184326.jpg

臭いを嗅ぎながら走るなんてなかったけれどこの頃はこんな風に臭いを確認してました。

157_convert_20130127184403.jpg

骨が浮き上がって見えるけど体重は30キロ近くをなんとかキープしていたのです。
もっとずっと減ってるかと思ったけどそうでもなかったの。

166_convert_20130127184444.jpg

走りたい、遊びたい気持ちが先走って足取りがおぼつかないこともありました。

165_convert_20130127185443.jpg

細い目をさらに細めて笑顔のつもりらしい♪


この頃の姿と今の健康体な姿。
ちょっと比べてみたくて画像を引っ張り出しました。

半年足らずでよくぞここまで復活したものです。

今は運動量に比べて食べすぎの感があるけどね。
冬だし脂肪も適度に必要ってことで良しとします。



     

コメント

No title

っも兄さんのお尻ブルマーに萌えているおばちゃんです(笑)
よく頑張りましたね、本当に。
もちろん、ママさんも。
間違っているのではないか?このままでいいのか?と
迷い過ぎて吐きそうだった頃を思い出します(汗)

この決断が最善なんだと信じて…
強い気持ちでいること、周囲には淡々としていると思われても
ただ毎日が穏やかであってほしいとだけ願って過ごしていました。

抗がん剤は賛否両論、もちろん効果があることも副作用があることも
あらかじめ自分の中ではわかっているつもりでしたが…
実際にそのもろ刃の剣である状態を確認することが
本当にキツかった…バカかって思われるかもしれないのですが
代われるものならと何度思ったかわかりません。

先代の場合はもう手の施しようがないというところまできて
ようやく発見されてしまい、治療ではなく延命でしかありませんでしたが
もも兄さんは違いますよね!!まだまだこれからですよ!!
応援しています☆☆☆

え?すーさんの弟妹??兄姉??
全然情報がないんですよ(涙)
もしご存知でしたら是非教えてくださいませ!!
関東にいるのでしょうか??

Re: michikoさんへ

なにはともあれ姉妹の出会いのきっかけをお手伝いができて嬉しいですv-290

さりーやすみれの姪っ子ちゃんがこちらにやって来るとの情報もあります。
博多っ子から道産子に転身する子が増えてきたかな?
本家より先にSPR(Sapporo)48を結成すべく動きだしちゃおうかな(笑)。

もも太の治療に関しては
> 間違っているのではないか?このままでいいのか?と
> 迷い過ぎて吐きそうだった頃を思い出します(汗)

ホントに…。
副作用が治まらないのにさらに次の抗がん剤。
毎週の大学病院通いは副作用の上塗りをして苦しめるだけなんじゃないかと思いました。

この辛い先にある完全寛解を目指して淡々と治療に通っていた気がします。

私が不安を見せるともも太はもちろん姉妹までも不安の連鎖がみられたの。
だから口癖のように「大丈夫!大丈夫!」って作り笑顔で過ごしてたかも。

多頭で暮らすのは楽しさも倍増だけど元気な子達にはいつもと同じ暮らしを、
闘病中の子には精一杯のケアをという切り替えは難しかったかな。

いつまた再発するのか不安は常にあるけれどとりあえず今を大切に過ごすしかないと思うようにしています。

先代さくらちゃんの闘病もひととおり読ませていただいたのだけど大変でしたね。
michikoさんも迷いの連続だったのは私にも想像がつきます。

そういういろいろを乗り越えられて今またすみれちゃんが側にいるのだと思うと
どんな惨状も笑って過ごせるってもんですね♪

もも太はブルマーをますます立派にしつつ元気に春を迎えたいと言っています。
応援していただくことが大きな励みになります。
ありがとうございま~~す♪
Secre

     
プロフィール

tamami

Author:tamami
米ゴルさんぺい&英ゴルもえと楽しい日々を送っていました。

2004年秋・冬と立て続けに2頭を亡くし悲しみにくれたこともありました。

そして昨年5月にリンパ腫で1年間闘病したもも太を亡くしました。

今は英国系ゴールデンの姉妹と先代達を思いながら毎日を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。