スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もも太 腹腔鏡検査

この1年尿検査をすると潜血反応が出ていたもも太。

大学病院で膀胱のエコー検査をしても問題無し。
止血剤を飲むとなんとか治まるものの出血している部位がわからないまま経過観察。

今回は腎臓の腹腔鏡検査となりました。

朝ごはんを抜いて病院へ行き、夕方お迎えのコース。

もも太、腎臓が通常より小さいことが判明。
大型犬だと70ミリくらいあってもいいところがもも太は右58ミリ、左も60ミリちょっと。
これが関係してるかどうかは不明とのこと。

腎臓から出ていく血管が若干細いかもしれない。
なので腎臓内が高血圧になった状態でじわりじわりと原尿となるものの中に血液が滲み出しているかもとのこと。

これならば投薬治療で改善できるとのこと。
それとチアノーゼ気味になる遠因もこのあたりにあるかもしれないとのこと。
あんなに気にしたチアノーゼも原因がわからずにいたのでそうならなんかすっきり。

とにかく病理組織検査の結果を待ちましょうとなりました。

サンプル採取は3箇所からしたいとの説明を受けていたけど、
なかなか出血が治まらず2箇所から採取するにとどめたとのことです。

どんな結果が出るかな、結果待ちです。

その他膀胱、脾臓、肝臓もエコー検査してもらったけどどこも異常無しで安心。

今の様子なら腎臓サポート系の療法食は必要ないとのこと。

麻酔から覚醒直後のおしっこは血尿だったんだとか。
明後日あたりまで血尿が続きますとの説明を受けていたので
驚きはしなかったものの、帰宅後のおしっこも血尿でした。

明日は何か血になりそうなものを煮てあげよう。

何となくお腹に違和感あるのかな?
今夜のもも太は静かです。



早くいつものように走り回れるといいね。

もも太らしいおまけの話。

麻酔から覚醒した時にお尻周りが緩んでいたのか?肛門腺が出ちゃったんだとか。
とてもきれいにしてくれていたけど申し訳ないったらいありません。
ケージから出て来て尻尾振るたびに臭いったらありゃしない。

心配してくれたわんこ先生が一緒に検査結果を聞きにいってくれたんです。
私じゃなく先生を見るなり「ボク、頑張ったんだよ~~」とアピール。
軽くショックを受けたけど(笑)もも太にしてみたら嬉しかったんだろうな~。
思いがけないところで先生に会えたからね。

わんこ先生、心配して一緒に検査結果を聞きに病院へ同行してくれてありがとうございます!

そうそう、先日の脂肪種?は肉芽腫と診断されていました。
このまましばらくすると小さくなりますの言葉どおりもう気にならないくらい小さくなりました。
ほっとひと安心。
     

コメント

Secre

     
プロフィール

tamami

Author:tamami
米ゴルさんぺい&英ゴルもえと楽しい日々を送っていました。

2004年秋・冬と立て続けに2頭を亡くし悲しみにくれたこともありました。

そして昨年5月にリンパ腫で1年間闘病したもも太を亡くしました。

今は英国系ゴールデンの姉妹と先代達を思いながら毎日を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。