スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたまた…プチッと(>_<)

14年ぶりの新車ネタが続いたところでさりーがこんなのに乗ってみたいと言ったので?記念に



東川町の公園に置かれてた元消防車 かっこい~
お散歩と張り切ったけど夕方近くだったとはいえまだ30℃近い気温だったのでお二人さんともダ~ラダラ


っと本題と関係ない夏の思い出になっちゃうところだったワ。


さりー姐さん右のお耳の中に長いこと赤いポチっとしたのがありました。
最初に見つけた時に針生検してもらい悪いものではないってことで経過観察していました。
もうどのくらい経ったか忘れたけど真っ赤でポチっとしたブツは大きくなることも小さくなることもなく
真っ赤なまま耳の中にありました。

耳の中の腫瘤って肥満細胞腫ってこと多々あるんだよねとの主治医の言葉と
肥満細胞腫で放射線治療中の友達わんこがいるのでなんとも不安になりました。

主治医も表面の細胞診では問題なくても下に肥満細胞が隠れていることもあるとのこと。
真っ赤な色していることがそもそも気になるとも言っていました。

そして右の目尻から5センチほどのところには黒いポチっとができていました。
これも気になるけどきっとほくろみたいなものだからと先生は言ってました、けどさりーだから気になる(苦笑)。

こうして気になるものは2つあったんだけど経過観察していたワケです。

そんなある日、ソファってと~ちゃんと遊んでたさりーのお腹に赤くプクンと腫れたモノを発見

5月に局所麻酔で取ったアレと同じようだったので早速診てもらったの。
細胞診してもらうと形質細胞腫だろうとのこと…はぁ…またかと思いつつ局所麻酔でできますよね?と私。

ところが前回と違いプチッとの場所が外陰部の横で敏感な部位だとのこと。
局所麻酔では危険だなぁと先生。
簡単な処置なので軽い沈静で済むからとのこと。とは言っても全身麻酔には違いない。

そういうことならと耳の中の赤いプチッとも目尻の先の黒いポチっともみんなまとめて取ってくださいとお願いしたのです。

処置の3日前にはわんこ先生にもまたこんなのができちゃったと見てもらった…
のにいざ切除ってときには外陰部のは消えていたのだ。 こんなことってあるのかな?
主治医いわく虫さされも細胞診すると形質細胞腫を同じ顔した細胞がみえることもあるとか。

それにしても3日で跡かたもなく無くなるなんてことあるのかな。
ホントにホントに無くなってたので、残り二つを切除してもらいました。

結果耳介内側の赤いポチっとは例のごとく「形質細胞腫」

sR0003236.jpg

頭頂部の黒いプチッとは」皮膚海綿状血管腫」という初めて聞く名前でした。
これは腫瘍とは言わず血管の奇形からなるものなんだとか
良性であること、きれに取りきれていることで問題なし。
3ミリほどの大きさだったので2針縫ってありました。

sR0003235.jpg

どちらもお盆休みとかがあったので半月後に抜糸済み。

さりーの「形質細胞腫」
足に4つ、お腹に2つ、耳介に1つとこれまで7個。
他にマイボーム線腫、付属器母斑(指間)、皮膚海綿状血管腫とポチっとは10個になりました。

どれも命にかかわるようなものではないもののなんだってこんなにできるんでしょうね。
体質ですねと大学病院で一言いわれて「はぁ…」と返事するしかなったのでそうなんだと割り切るしかない。

主治医も首を傾げます。

問題のない部位にできるのなら様子見にするし、局所麻酔で取れるのなら取るけど
指間にできて歩く時にこすれて出血するようなのはもうできませんように。
     

コメント

Secre

     
プロフィール

tamami

Author:tamami
米ゴルさんぺい&英ゴルもえと楽しい日々を送っていました。

2004年秋・冬と立て続けに2頭を亡くし悲しみにくれたこともありました。

そして昨年5月にリンパ腫で1年間闘病したもも太を亡くしました。

今は英国系ゴールデンの姉妹と先代達を思いながら毎日を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。