スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしまいじゃなかったさりーのデキモノ

4月27日に再度縫合した指先は今度こそはきれいにくっつき5月11日に無事に抜糸も終えました。
これでもう形質細胞腫とは無縁になれれば良いね。



↑再度の縫合後先生がアンカーになるテーピングをしてくれて毎日縫合箇所を消毒してはまた包帯グルグル巻きを一週間。
庭のトイレもだけど外に出る時はこの上にゴム手袋で簡易ブーツだとかお出かけ時にはラバーブーツだとかを着用。

散歩して帰って来てラバーブーツを脱がすとたいてこんなふうに脱げそうになってるのがおかしいね。
ほぼほぼ脱げかかってるんだもん、アンカー部分にピタリとついてるからなんとかかろうじて脱げてないだけなんだもん。
笑っちゃいけないんだけど面白い姿になってるさりーのアンヨ。

こうして包帯生活6日目のこと。
ソファで消毒と包帯しようとしたら

外陰部近くに赤いプクンとしたモノ発見。毎日ひっくり返って同じことしてるのから前からあったのなら見逃すはずがない。
急に出現したのに違いありません。
連休中で病院はお休みだし毎日大きさを確認だけして抜糸に行く11日まで8日間過ごしました。
最初に見つけてから大きくなることは無さそうなので慌てて病院は行かなくていいかと思えたので。

001_20160519232904282.jpg

消えてなくなればいいのにって思ったけどそうはいかなかったです。

これを見た先生、今回はお腹なこと、まだ小さいこと、さりーはじっとしていられることなど今なら局部麻酔で切除できるとのこと。
13日の金曜日の午後の診察が始まる前の3時に来てくださいとのことに。

大丈夫と思うも心配になりわんこ先生に保定のお手伝いをお願いして同行してもらいました。
嫌がってもがいても困るし。
先生を蹴ったりなんかして手元が狂ったりしたら最悪だし。

デキモノの周辺に6か所だったかな局所麻酔の注射。
丸い筒状のカッターみたいのでクルクルっとやってあっさり切除。
その後大きかった方を3針、小さい方を1針縫合。

小さい方のを取る時に少し痛がるそぶりをしたけど無事に終了。

先生、看護師さん、わんこ先生などなどに偉い偉いと褒めてもらいました。

きっとこれも形質細胞腫だと思うけど念のため病理検査に出してもらってます。

お腹を下にすると出血することもあると言われたけど内出血したようです。
切除から6日経った今日あたりはもう内出血も治まってます。

004_201605192329055f9.jpg

全然良くなんかないけど局所麻酔で取れる場所にできたのは不幸中の幸いでした。
どうしてこんなに出るんだろうね。主治医の先生もさりーが初めてだそうです。
一昨年12月に大学病院で骨髄検査して骨髄腫の所見は無いと言われたことだけが救い。
だけど今後どう展開していくのか心配は尽きません。

縫合した箇所はむき出しだけど気にして舐めたりしない聞きわけの良い子さりーです。

007_20160519232906403.jpg

毎日乗ってと言うとこうしてソファに乗って力を抜いてなすがままになってくれるのです。
この後ころんとひっくり返されるのをどうぞとばかりに待つの。
その後は「はいよ、早いことやっちゃってね」ってなもんです。


008_20160519232907fa1.jpg

そばで昼寝していたすみれの寝起き。まだぼ~~っとしてるところ。

消毒し始めると気になるのかじ~~っと見ていました。
     

コメント

Secre

     
プロフィール

tamami

Author:tamami
米ゴルさんぺい&英ゴルもえと楽しい日々を送っていました。

2004年秋・冬と立て続けに2頭を亡くし悲しみにくれたこともありました。

そして昨年5月にリンパ腫で1年間闘病したもも太を亡くしました。

今は英国系ゴールデンの姉妹と先代達を思いながら毎日を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。