スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1日本GP

犬とは関係の無い話題です。
思い出話です。
それでもお付き合いくださる方は読んでね。

3年ぶりに日本GPが鈴鹿へ帰ってきました。
先週シンガポールGPを見終わってからこの週末鈴鹿へ行くことをシュミレーションしていました。
昔と違ってチケットは何とか手に入るだろうけどホテルはどうしようとかそんなことを思ってみたけど今年は無理と現実に戻された。

明日の決勝、お天気が心配だけど良いレースを期待しています。

今から17年前、当時働いていた会社の後輩経由で念願のF1日本GPのチケットを手に入れました。
席種は自由席。それでも当時はプレミアチケットでした。

当時我が家の車はHONDA のプレリュード。
今は亡きアイルトン・セナがCMをやっていました。
こんなのを見つけした。あ~~懐かしい。



その車に乗って早朝4時に家を出発。(この頃は狛江市に住んでました)
夫も私も眠いはずなのにテンション高くウキウキモードだったなぁ。

名古屋市内で通勤ラッシュの渋滞に引っ掛かった以外は順調に鈴鹿サーキットに到着。
3日間の駐車場も確保。
その時すでに10時近く。
サーキットから聞こえるエンジン音。
もうテンションマックスに近くなってました。
自由席のどこで観戦しようかとサーキット内を歩いている時にはもうフリー走行が始まっていました。

フェンスの隙間からセナの姿が見えた時、もうクラクラめまいがしそうな興奮状態。
夫婦で小走りになったことは言うまでもありませんでした。
金曜夜に仕事を終えて合流した友達と3人で予選決勝と始めてずくしのF1観戦を堪能したのでした。

そういえばチームによって搭載しているエンジンが違うのだけどその音も全然違います。
観戦している間にエンジン音だけでそこのマシンが近づいてきているのかわかるようになります。
マシンのカラーリングもテレビに映った時に一番映えるカラーリングになっているので実際に見るそれは微妙に違っていました。
たとえばフェラーリの真紅と言われるマシンのカラーが実際には少し深い赤だったりします。

この年以来2004年まで毎年日本GP観戦に出かけていました。
それ以外にも英田サーキットでたった一度開催された時も。
なんと96年には憧れのモナコGPも。

未だに我が家には1988年から2000年くらいまでのほぼすべてのF1ビデオがあります。
趣味はF1と言ってた頃は何度もこのビデオを観ていたものです。

昨夜いろんなことを思い出しながらあちこち彷徨っててこんな懐かしいものも見つけました。



セナは94年に事故死したのでこの顔が記憶に残っているだけだけど
マンセル、片山右京、パトレーゼと皆さん若いなぁ。
当然17年前の私は今より17才若かったのね。

余談ですが・・・
「もえ」の名前の由来はF1のシャンパンファイトに登場していた「モエ・シャンドン」だったのでした。

     

コメント

Secre

     
プロフィール

tamami

Author:tamami
米ゴルさんぺい&英ゴルもえと楽しい日々を送っていました。

2004年秋・冬と立て続けに2頭を亡くし悲しみにくれたこともありました。

そして昨年5月にリンパ腫で1年間闘病したもも太を亡くしました。

今は英国系ゴールデンの姉妹と先代達を思いながら毎日を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。