スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

形質細胞腫その後

4月7日にデキモノ摘出したさりーサン、帰宅後まだ足取りおぼつかず。
トイレスペースへとことこ行く後ろ姿はグラングラン揺れていて心配しました。

先生の説明によるとブツの大きさは15ミリ×17ミリほどで爪の甘皮部分まで達していたとのこと。
甘皮まで切開して剥離、摘出。マージンはたったの2ミリ。
肉球ギリギリで切開したので皮膚の欠損が大きかったので先生も苦心したそうです。

摘出したブツなどなどの報告はこれまた続きを読むってのをクリックすれば見られます。
が、なかなかこれまた苦手な方には苦手な感じなので見たくないと思ったらパスしてね。

縫合もこれまで見たことがない手法でされています。
肉球部分も使って縫合しているので歩くたびに痛いかもとのことでかなりクッション効かせたテーピングがされていました。

手術当日はご飯抜きで病院へ行ったのに夜まで食欲戻らず心配したけど8時過ぎになって食べたので薬も飲むことができました。

夕方から点滴の影響かおしっこの回数が多かったけどウンチは無し。

翌8日は朝からおしっこの回数多し。午後になってやっとしたのが軟便。
珍しくおしっこ8回、ゆるいウンチ2回。
食欲はあるので心配はしてなかったけど痛みどめなのかな、それとも抗生物質?止血剤?何が影響したんだろ。
きっと前日の麻酔だと思うんだけどなんだかよくわかりません。
抗生物質も痛みどめも処方された半分量しか飲んでないので影響が出るとは思えない。
この日、テーピングがスポンと2回外れて都度消毒してぐるぐると巻きし直し、都度患部を確認。
抜けがらみたいなのの中を覗き込むとかなり出血していたし痛かったんじゃないかな、可哀そうに。

9日は患部の様子を見てもらいに病院へ。
2回はずれてそのたびこれでもかって巻きなおしたので笑われちゃうかなと思ったけど上手にできてると褒めてもらったもんね。
患部も綺麗にくっつきつつあるとのことでちょっと安心。

ゆるいウンチのこと、薬の量を勝手に減らしていることなど伝えて軟便が続くようなら効果も副作用もうんと少ないという薬も念のためもらってきました。

が、9日以降ウンチの調子は良くなっているので最初にもらった薬を量を減らして飲んでます。
もうなんともないかなっと思ったらさっきちょっとゆるいウンチした…。
明日も薬の量減らして様子見なくちゃだ。

10日以降は少しずつ表情が明るくなってきたしぱぱちゃんが帰宅した時は迎えに行くようになったのでいつもどおりと判断。

相変わらずテーピングは1日に1回は外れるので都度中性電解消毒水をジャブジャブかけて消毒。

病院でも文句も言わず患部を見せては褒められるさりー。
今日などわんこ先生に傷を見せるのに芝生のとこまで連れて行って伏せって言ったらそのままひっくり返って足を差し出して
ほれ見てみて~~!ってやって何するかわかってるって笑われてたさりーなのでした。

まだほんの少しだけ血がにじんでるのでしっかりテーピング続けなくては。

早く患部がしっかりくっついて抜糸できると良いね。
005_20160411154537284.jpg


001_201604111545369cc.jpg
     

コメント

Secre

     
プロフィール

tamami

Author:tamami
米ゴルさんぺい&英ゴルもえと楽しい日々を送っていました。

2004年秋・冬と立て続けに2頭を亡くし悲しみにくれたこともありました。

そして昨年5月にリンパ腫で1年間闘病したもも太を亡くしました。

今は英国系ゴールデンの姉妹と先代達を思いながら毎日を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。