スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安心してください…元気デスヨ

なんだかんだとバタバタしているうちに2月も後半になりました。

さりーの通院などもあったりしますが、それでも元気に2016年冬を過ごしています。

さりーが通院するようになったのは前足の不調です。
歩き方が変だったり、段差をためらうようになったり、右前足をタンタンと足踏みしたりするようになったので運動器の専門クリニックを受診しました

かばうのが右だったのだけどレントゲンを撮ると右よりも左の肩関節に不安箇所が見つかりました。
右前足は左側をかばって歩くために痛みが出ているのだととか。

聞きなれない病名ですが『肩関節内側不安定症』というのだそうです。

肩関節の内側の靭帯や腱に損傷が出てるそうです。
普通は肩関節は外側に30度くらいしか開かないのだそうです。
それがさりーは90度まで開くのとのことです。

冬道で滑るって肩が開いたりしないようにとのことでできるだけ安静にとのこと。
冷え込んでツルツル路面の日でなければ2キロ弱歩いています。

ボール遊びができないのが相当辛そうですが今は仕方ありません。

症状のこと、痛みどめの内服薬のこと、などなどただ今経過観察中です。



063.jpg

「走っちゃダメ」とか「りんごちゃんは無しね」とか制限が多くて嫌になっちゃう。
「どっちにしろ今年の冬は雪は少ないけど毎日冷え込んでね…道路もツルツルだし
家の中でヌクヌクしてるのも悪くないカンジなんだよ。」
とさりーサン、申しております。

付きあわされてるすみれのほうは元気有り余ってます。

明日はさりーのアンヨの負担を減らすために「わんコート」という滑らないコーティングをしてもらいます。
ふんばれる床、滑らない床になればこの先のシニアライフもいくらか負担減で過ごせるかな。

無垢材の床で経年劣化と共に昔の学校の床みたいに渋い味わいを目指してました。
でも姉妹のアンヨのためが最優先です。

年明けから私の矯正治療にも新展開がありました。
そのためのセカンドオピニオン、サードオピニオンと求めていくつかの歯科医院を尋ねました。
やっと納得のいく治療の方向性を見出すことができ長期治療の再スタートを切ることが出来ました!
成人の矯正治療のありかたなど経験して学んだことが大いにあります。
顎関節症になっちゃったりかかった費用面でもイタタでしたが良くも悪くも勉強になりました。

人もわんこも歯と骨は大事ヨ♪
     

コメント

Secre

     
プロフィール

tamami

Author:tamami
米ゴルさんぺい&英ゴルもえと楽しい日々を送っていました。

2004年秋・冬と立て続けに2頭を亡くし悲しみにくれたこともありました。

そして昨年5月にリンパ腫で1年間闘病したもも太を亡くしました。

今は英国系ゴールデンの姉妹と先代達を思いながら毎日を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。