スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

形質細胞腫と今シーズン初積雪

寒いなぁと思ったら雪がちらついてるなんてのは何度かありました。
予報通り13日の夜から降り出した雪が14日まで続き、気付けば積雪22センチ。

朝起きて一面の雪には来るものが来たなぁと思いつつもウンザリ。

右後肢の形質細胞腫切除の痕は抜糸後本当に綺麗になってきているのでひと安心。
だけど新たに出来た右前肢の形質細胞腫、前回画像をアップしたヤツが足裏部分に顔を出しましてね…。
それが擦れると血がにじむようになったまではまだ許せたってかまだ大丈夫と思っていました。
腫瘍科の受診日が21日金曜日と決まったのでそれまでなんとかカバーしながら過ごそうとしていたのです。

ところがところが…出血がハンパない量になってしまいました。
ほんの少し庭のトイレに出ただけなのに大量出血ってことが2回。
14日朝も雪の上点々と出血。
かかりつけの病院の診察開始時間を待って電話で相談しようと決めました。

21日の大学病院までまだ1週間もあること、受診したその日に切除できるはずもなく大学病院でも切除となると
その後さらに何日か間があくこと、この週末の3連休が明けてもすぐには無理かも…。
そうなるとちょっとの刺激で出血するのを心配しながらぐるぐる包帯を巻きながら過ごすことになります。
止血するのは面倒ではないけど出血を繰り返して炎症を起こしたりしないのかな。

いっそのこと大学病院受診前に切除してしまったほうがいいのかもしれない。
けど、繰り返し麻酔は身体に負担がかかるのではないかとこれまた不安。

そんな思いのまま先生に電話で相談。
先延ばしになるよりとってしまいましょうと。
今日やってしまいましょうかと手術の予定を見てくれました。
1件手術が入っていたようだけどなんとか時間が取れるとのことでその日のうちに切除決定です。

なんとなくそうしたほうが良いような気がして電話するまでは朝ごはんも食べさせていませんでした。
そのことも伝えたら10時半に連れて来てくださいとなり慌てて用意して出かけました。
3時半に迎えに再度病院へ行ってきました。

前回と同じに抗生剤と胃薬が2週間分と2日分の痛みどめが処方され、今回は止血剤まで処方されました。
先生はすでに次の手術に入っていたので話はできなかったけど、術中も出血したんだろうな。
場所が場所だけに縫合後も出血しやすいんだろうことは想像できました。

帰宅後まずはいつもの3分の一程度のご飯で様子見。もちろん完食。その後も吐き気とかは無し。
3時間後の8時頃にいつもの1回分のご飯をこれまたいつもの勢いで完食。
それ以外はなんとなくぼんやりとして時々ブゥ~~とか言ってたのでちょっと痛かったのかな。
前回3週間前と同じ反応でした。

間を空けず2度の全身麻酔。その間にも大学病院でエコー検査しています。おそらく軽い鎮静はされたはず。
たび重なる麻酔の影響、正直言ってとても不安。

なので先生にも不安なことは聞いてみました。

ウチの主治医は歯科のエキスパートです。
なのであちこちから重症化した歯科手術を受けに来られるのだそう。
歯周病が重症化しているのはたいてい高齢の子だということは想像がつきます。
それまでの病院では「年齢が年齢だから全身麻酔して歯科治療はリスクが高い」と断られるケースも少なくないそうです。

歯周病が進んでいるということは痛くてご飯が食べられないことも多いんだとか。
そうなると体力消耗し衰弱してしまうでしょ?
なんとか食べられるようにしてあげたいし歯周病が引き金になって次の疾患へ進むことも防ぎたい。
そうとなったら手術するしかないんです。

そのためにはその子に必要な麻酔を適切な量で使います。もちろん事前に点滴したり心電図をみながら。

たいていの子は術後覚醒すると順調に回復し、その日のうちに帰宅します。

そういうのを見ていると麻酔の身体への影響はそれほど大きいものではないと思うんですよねとのこと。

それならばお任せするのが一番を判断しました。

もちろん肝臓にかかる負担だってあるでしょう。
解毒作用のあるハーブなどで出来る限り負担を減らす努力をするしかないと割り切りました。

前回はカバーを履いて外へ出れば良かったのだけど今回困ったのは積雪22センチ。
屋根の雪が落ちたところはもっと積もっています。

グルグル巻きの包帯が濡れないような一工夫が必要となりました。
もう格好とかなんとか言ってられない、とにかく濡れて蒸れたりしないようにしなければ!

どうしたかって?長くなったのでそれはまた次回。

とりあえず 今シーズン初の積雪でテンションあがった姉妹の楽しいバトルをどうぞ♪


術後の安静にホトホト嫌毛がさしてたさりーが攻撃!

004_20141119160320d7c.jpg

冷たくて気持ちい~~♪とばかりにすみれはうっとり。

005_convert_20141119172639.jpg

さりーに仕掛けられて嬉しそうなすみれ。

006_convert_20141119172722.jpg

ひゃ~♪ねぃちゃん今日は激しいね~♪

011_convert_20141119172932.jpg

たのし~ね~♪ 顔はすごいけど楽しいそうです。

012_convert_20141119173002.jpg

さりーの耳をしっかり噛んでるけど痛くはないらしい。

010_convert_20141119172856.jpg

お互い噛んだり噛まれたりしてるけど誰もどこも怪我したりしないのは素晴らしい。
ちゃんと加減しながら遊べてるもんね。

時折見え隠れしているさりーの肢のピンク色のモノの正体は…続く。
     

コメント

Secre

     
プロフィール

tamami

Author:tamami
米ゴルさんぺい&英ゴルもえと楽しい日々を送っていました。

2004年秋・冬と立て続けに2頭を亡くし悲しみにくれたこともありました。

そして昨年5月にリンパ腫で1年間闘病したもも太を亡くしました。

今は英国系ゴールデンの姉妹と先代達を思いながら毎日を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。