スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の家族旅行 出発編

出発前日の14日、火曜日。
台風19号の雨が降るあいにくの日でした。
この日の夜、苫小牧から仙台行きのフェリーで出発する先生がお昼頃寄ってくれました。
カーポートで少しだけ練習。
さりーはまずまず。すみれは引き続き好調。

なんやかんやとお喋りし 一足先に出発するご一行を見送りました。

夕方雨がやまなかったけど鍼灸、オゾンでお世話になっている動物病院へ行く。
姉妹揃ってファイト一発のオゾンを注入してもらい簡単だけど針とお灸もしてもらう。
頑張ってきてね~と送り出してもらいました。

翌日飛行機に乗る姉妹は先生ご一行様を見送った午後2時頃にこの日最初で最後の食事。
以降は明日の夜までお預けです。
その替わり夜は鹿肉のスープ。お腹空くけど我慢してねとお願いしました。

出発当日5時半起床。
トイレに出すとおしっこ、うんち各1回ずつ。
8時半出発予定にしていたので諸々の準備をしながら余裕。

出発前に庭ではしゃいで再度トイレ、また各1回。
これならもう到着まで大丈夫なはず。

車山高原のペンションにバッグ2個とお土産やフード他現地で消費するものの箱をひとつ先に送り出しました。
最初に宿泊する八ヶ岳のお宿にソフトクレート2個を送り出しました。

こうしておけば手荷物は最小限なので姉妹のバリケンをカートに乗せて空港内を移動するのも楽ちんってもんです。

いよいよ出発。姉妹は移動中は300のバリケンに入ってもらいます。
我が家には300のバリケンは1個しかないので友人から1個借りました。

千歳空港の隅っこで一旦車を止め、そそくさを荷物を下ろし駐車場に車を入れに行ってもらいます。
その間に隅っこの植え込みでおしっこは?って言うもここではしないのはもう想定内。

カートを2台持ってきてここで酔い止めの薬を飲み、万が一に備えての紙おパンツも履いてもらいます。
そしてバリケンに入りカートで空港内に。出発カウンターまではエレベーターでひとつ上がるだけなので案外楽ちん。

ANA56便千歳 10時30分発羽田行きにチェックイン。
持ち込みのバリケンとダウンロードし記入済みの書類を持参するので簡単です。
乗せる時は首輪もはずします。
バリケン混みで1頭料金6,000円。2頭で12,000円をお支払い。

頑張ってね~とこえをかけてここでしばしお別れ。飛行中はずっと心配です。
この日のフライトは雨雲があって途中からかなり揺れたのです。
あちゃ~、何か起きてるわと覚悟を決めました。

到着後さりーはキャンキャン泣きながら出て来ました。
なんだか文句たれてた感じ、お怒り気味でした。
すみれは少し遅れて登場、こちらはむんとしてました。

これまでの地方空港はこのまますぐに外に出られたのだけど今回はそうはいきません。
羽田空港到着ターミナル内をレンタカーのカウンターまで歩く。
と言っても姉妹はバリケンごとカートに載ってガラガラと移動。

そこで受け付けを済ませお迎えの車を待ちます。
その車でレンター屋さんのオフィスまで移動。
そこでやっと借りた車に乗車。

定刻12時に着いたけどレンタカー屋さんですでに午後1時。

300のバリケンが2個並ぶレンタカーを探したのですが日数が多いので少しでもお安くするのに商用車を借りました。
プロボックスは余裕で300のバリケン2個が並びましたよん♪
事前にバリケンを積むと言いましたら下にブルーシートを敷いてくださいと言われました。
なので手荷物でラリーズカンパニーのシートを持参し敷いた上にバリケン設置。

やっとこさ出発。東京地方はあいにくの雨。
まずは公園らしきところへ向かい姉妹を降ろして気分転換。
すみれは何事もなく、さりーはたったひとつぶのうんちが出ていました。
おパンツを取ったらコロンと出て来ました。
さっきのキャンキャンはこれだったのね、不愉快だったね。

オヨダでぐちょぐちょになった滑り止めマットは廃棄処分。
新しいこれまた持参のマットに交換して少しは快適になったところで出発。

お昼は途中で見つけたサミットでサンドイッチなどなど買い込み食べながらの移動。
この時すでに2時を回っていました。

雨の中今日の目的地八ヶ岳の「わんわんパラダイス」と目指しました。

途中トイレ休憩しても何しても雨の中は可哀そうだったので一気に走って雨を抜けました。
小淵沢インターで降りてお宿に向かう間どんどん霧が出てちょっと怖かった。

チェックインするとすぐに晩ごはんの時間だったのでいそいそとレストランへ。
お疲れのうえに前日夜から食事を摂ってない姉妹に鹿肉のソテーを注文。
あっと言う間に平らげたことは言うまでもありません。

コテージのお部屋は静かで姉妹もぐっすり休めたようです。
姉妹が飛行機で大ピンチに陥っていた場合セルフシャンプーもできるお宿だったのでこちらを選んだのでした。
その必要が無かったことは何よりでした。

こうして初日は移動だけで終了。
どこもかしこも雨だったので記念撮影は無し。
おまけに何枚か撮った画像は間違って消しちゃったようです。どこ探しても見当たらないんですもん。

なので9月の富良野の冨田ファームで撮った姉妹でもご覧ください(笑)。
ラベンダーは終わってるのだけど紫色のサルビアがラベンダーみたい。

200_2014102323275608b.jpg

210_201410232327541f4.jpg

犬連れでの旅行は移動手段に悩みますね。
ゆったりとした日程を組めるのならフェリー利用も良いと思います。
我が家はそうはいかなかったのでひとっ飛びを選択。
それにはマイレージで特典予約が利用できることも大きかったです。
大荷物を送る、わんこの飛行機利用料、レンタカーの利用料、ガソリン代・高速代の合計と
フェリー料金と長距離走行分の高速利用料、ガソリン代がほぼ同額でした。

フェリーも長時間車内なのもペットルームなのもどちらにしても心配。

津軽海峡フェリーのように大型犬も一緒に過ごせるペット連れの専用ルームが各航路にできるといいのになぁ。

ほんと~に北海道は本州と橋でつながっていないのでペット連れの移動が不便。
海底トンネルでもできればいいのに。

姉妹はお里から来る時に飛行機を利用したのに始まり今回は3回目の飛行機での旅です。
お2人さんを見てると慣れるってことは無いようです。
なのでせめて飛行機に乗った翌日はゆったりめの予定にして疲労回復日に充てるのです。
     

コメント

Secre

     
プロフィール

tamami

Author:tamami
米ゴルさんぺい&英ゴルもえと楽しい日々を送っていました。

2004年秋・冬と立て続けに2頭を亡くし悲しみにくれたこともありました。

そして昨年5月にリンパ腫で1年間闘病したもも太を亡くしました。

今は英国系ゴールデンの姉妹と先代達を思いながら毎日を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。