スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥ずかしながら(笑)

昨年11月7日、シーズン最後の競技会。
最初は出る予定ではなかったのだけど霧ヶ峰から帰って気が抜けそうだったので急きょ申し込みました。

その時にわんこ先生が記念撮影しましょうと声をかけてくださった。
盾持参のこととメールをもらい、これは忘れたら大変としっかり持参しました。



その時に撮ったのがこの1枚。ぱぱちゃん撮影。

それが3ヶ月以上も経った本日、こんなふうになって届きました。

004_2014022822465177a.jpg
恥ずかしいやら嬉しいやら…。

PDの競技会はこちらでは年に1回開催のみ。
それも8月の末の暑い時期なのでいつも暑さの中の選別は姉妹にはきついなぁと不参加でした。
2011、2012年は訓練試験を受けるために競技会場にはいたけど競技には出て無いし。
去年初めて出た1部選別、嘱託犬の部。
今だから笑い話。5頭のエントリーでみんな霧ヶ峰参加の子ばかり。
なのになぜかみんな撃沈、正解ふたつの65点が姉妹とたけちゃん。
正解ひとつが2頭。
結果、チャンピオン該当なしってヤツでした。
こんなだからPDの実績は無いし、おまけにリザーブだし、お恥ずかしい限り。

それでもこうして掲載してくださった先生に感謝、感謝です。
霧ヶ峰初参戦の嬉しい記念になりました。

007_convert_20140228224345.jpg

今月号の表紙は追及でチャンピオンになったシェパさん。
来月はわんこ先生のたけるくんのはずです。
たけちゃんが表紙の号に掲載されたらさらに記念になったのかもだけど、なかなかうまくはいかないののでしょう。


わんこ先生の優勝はこちらの地方新聞にも2度記事になりました。
最初に大きく載ったのがこちら。
テレビにも出たらしいけれどこちらは未確認。

先生から顔出しの許可をいただいていますので載せちゃいますね!

doushin_convert_20140228224121.jpg

フルネームと年齢だけは伏せさせていただきますね。
スポンサーサイト

雪玉体質

同じ姉妹なのに微妙に毛質が違うさりーとすみれ。

すみれのほうが軟らかくクリクリくせ毛。
そのすみれたん、雪玉作りの達人

12月の初めの湿った雪の時がすごかった!
ピンポン玉大のが出来る、出来る。ぶどうみたいになっちゃった。
本犬的には遊びに夢中であまり気にしていないようだけど取ってあげようにも毛がむしれちゃって痛そうです。

家に帰ってシャワーで融かすのが一番なんだけど、それも面倒。
ってことでダブルフルドッグガードのお世話になってます。
こないだもそのままちょっとだからいいかって雪を漕いでたらあらら…ひどいことに。
湿った雪とか関係なくできる雪玉の数々。

このダブルフルドッグガード…このサイズだと大きいしワンサイズ小さいとパッツンパツン。
中間サイズが欲しいと思う今日この頃。とりあえず大は小を兼ねてくれています。
ゆったりしてるから脱ぎ着は楽ちんなんだもん。
そして今シーズンの新色カーキを気に入って買ったは良いけど
これ着て歩いてると男の子ですか~~と何度も言われるのです。
カーキは男子っぽいのかな。

日々「抹茶モジモジ隊」となってご近所を闊歩しています。

これ着てると冷えないからなのか舌を横にして走っています。
家に帰ると喉も乾くのか水を飲みもします。
人と同様冷やしすぎないって姉妹にとっても大事なのだと改めて思うのです。



こうして出てる部分に雪玉の芽が出来始めます。
あっと言う間に成長し、たわわにぶら下がる雪玉へと成長するのです。

あと1ヶ月後にはあちこち地面が出始めるはず。
雪解け時期には泥んこよけにもなるから充分モトは取れるに違いない。

本日最高気温2度ちょっと。久しぶりのプラス気温であちこち雪が溶けておおきな水溜まりになってました。
このまま雪解けが進んで春になってくれたら良いけどそうはいかないのがもも太地方なのだ!

すみれが立った!

雪山に登ったところで待て!
さりーの口にはいつもの
斜面でも思いがけなく待てと言われて止まれたのは偉かったね。
お2人さんとも余裕の笑み♪

な~んか空も雪もおんなじ色になっているってことは、空には一面雪雲。
まもなく雪が降り始めること間違い無し。

206.jpg

そんなことはお構いなしに遊べればそれで良いお2人さん。

211.jpg

今度は座ってポーズ。 そんなことより早くを投げてとウズウズ。
じらされた揚句の

クララが立った!ではなくすみれが立った!

213.jpg

タイミングはばっちり合ってたんだけどねぇ、すみれたん動体視力は悪くないんだけどねぇ…
なぜかいつも空中キャッチできないのです。

すかさずさりーに奪われてました。

昨日の夕方のこと、あいかわらずどこも雪に閉ざされてたので駐車場に車を置いて歩きの散歩に変更。
後ろから来た車に声かけられて振り返る…偶然お友達一家に遭遇!
しばし立ち話の後バイバイ。

今度は一緒に一週4キロのウォーキング散歩しましょう!
まだスノーシューがあった方が良いかも。

飛んだ!

久しぶりの青空、雪かき日和。
作業の邪魔をするのはいつものことなんだけど今日は相当遊びたかったらしい姉妹。

みかんちゃんを転がして遊んだくらいじゃ物足りなかったのね。

投げてっていうから高く投げてみた

どちらも譲らずキャッチしたい一心で頑張ってました。

何度か繰り返して撮れたのがコレ。

私が投げてぱぱちゃんが撮影。

お2人さんが飛んだ



今日現在の我が家の前はこんなです。
昨日現在同じ市内でも積雪量が違うんだけど我が家界隈はなんと積雪140センチ。
市内でもとびっきりの豪雪地帯ですの

元気が一番!

寄りそって走るおなじみのこの姿。



やりたいことはたくさんあるけど、今は雪解けに向けて温存、温存。
トリックの練習をするつもりだったけど遊びに変更!

171_convert_20140221164417.jpg


173_convert_20140221164451.jpg

またまた画像とは関係ない先日のこと
元気で意欲的に動いていたのでさりーを久々に追い詰めました。
だからって叱った訳ではないですよん。

さりーのお辞儀がここのところ出来なくなっていたのです。

「頭なんかさげないもんねワタシ やりたくなんかないもんね」と言っていた訳ではないのですがねぇ…

お辞儀のポーズをするにはまずは「立って」のコマンドをかけてました。
そこで止めて「おじぎ」とコマンド。

そうです、「立って」⇒「おじぎ」が一連の流れになったうえでの「おじぎ」だったんです。
そこで、おじぎに失敗して伏せてしまってもそのまま「おじぎ」と何度も何度もコマンド。
さりーと根競べ。
他のコマンドは一切無し。

何かしなくてはとさりーが動き出すのを根気良く待ちました。
ひっくり返ってお腹を見せてみたり、ローリングをしてみたり。
焦れて立った瞬間に「おじぎ」とコマンド。
すると座ってみたりターンバックしたりスピンしたり…。

長期戦になりました。
なので立った瞬間に視符と一緒に「おじぎ」
出来た瞬間に大喜び!!わぁ~いと叫びながらご褒美を大判振る舞い!

気が付くと寒空の下「おじぎ」と言い続けること20分。
変な汗が滲みました。

相当さりー的には葛藤があったようです。
伏せからお辞儀の姿勢にお尻をあげていくような器用な動きはないけど
なんとか単発のコマンドで動作ができるようになってきました。

これまでもさりーだけでなく他の子で出来てると思っていたことを
視符や誘導を無くす時ひと山越えなければいけないことがままありました。
自信が無い場合に多かったかな。

ひと山越えた感があってももスピードを求める動きの時なんかは時々視符使って
動作が遅くならないように気をつけないと。

オビに戻った時に行進中の伏せが行進中のお辞儀になってたりしたら怖いなぁ


余談ですが、去年の9月の大雨の競技会で期せずして行進中のお辞儀になっていた子がたくさんいました。
どろどろの田んぼみたいな水溜まりで伏せなんてしたくないよね…。

地吹雪

今週火曜日のことです。

強風にあおられ降った雪が巻き上げられていわゆる地吹雪状態に遭遇しました。
前を走る車が見えないの。
場所は空港の滑走路の側を走る国道上。

遮るものが何もないからい違いないとソロリソロリと車を走らすうちに納まった。
ので、地元の犬飼いしか知らない冬期限定ランへ向かいました。
到着して唖然! 入り口が無くなっている~~~。

積雪に加えて強風で吹き溜まりが出来て、あったはずの入り口ゲートが埋まってしまったのです。

引き返そうとしたところ視界に入ったのは走る動物、この時期だからきつねかと思ったら犬。
高くなった雪でフェンス越えが容易になって庭から逃走でもしたのかしら?

慌てて追いかけようとするもあっという間に見失いました。
去年もこのあたりで見かけた自由な犬。
ころころとよく太っていて毛艶も良好な感じ。
きっとこのあたりで自由奔放に過ごす事を許されている犬に違いない。

なんとなく住処の心当たりもあるような無いような。
雪が高く山になっていて視界が悪いから道路に飛び出したりして事故に合わないでね。

こんなことがありつつもこのまま帰っては姉妹の気持ちが納まらないだろうと
もう一か所ある秘密の場所へ向かいました。

到着後駐車場で再び地吹雪。しばし車内で様子見しながら待ちました。
すぐさま納まったのでこんな日はちゃっちゃと走って終了と車から降りる。

こちらもひざ丈の雪。も~しかたないみんなでラッセルしながら歩こうとなりました。
少しして再度吹雪、もう八甲田山みたいって呆れるしかありません。
みんな妙にハイテンションになりながら雪深い中を行進してきました。

姉妹は賢いんですよん、私が先に歩いた後を着いて歩けば楽ちんだってちゃんと学習しています。

北国の犬、もう雪が降ったって嬉しくも何ともないらしいです。

雪に足をとられるれること無く平坦なところで走りたいよね。



こんなに埋まっちゃうんだよ~ん。

154_convert_20140221150705.jpg

こんな時にりんごちゃん投げると無くしちゃうんだからね。
ちゃんと捜すようにね。
何度も「探せだよ~!」と声をかけます。
あ~た達、ちゃんと鼻を使いなさい!
雪の中に入っちゃうと臭いを取りにくらしい。
雪崩の救助犬の訓練に臭いの強いご褒美を使うってのが良くわかります。

155_convert_20140221150807.jpg

あった!とさりーより先に見つけられたことが嬉しいすみれです。

156_convert_20140221150838.jpg

ラッセル、ラッセル!こうして跳ねながら走るの疲れるのが早い。
 
157_convert_20140221150930.jpg

こんなふうに走るんだもの関節に負担かかるってもんですね。
以前受けたマッサージのセミナーで北海道の犬達はみんなすごい凝りが強いと先生が驚いていました。

冷えた関節に走って負荷かけて…良いわけないですね。
今年はこのダブルフルドッグガードを着てるぶん冷えから守れているのかな。
さりーが頑張りすぎてアンヨが痛いのって言いません。
グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントも長年飲んでいるのも幸いしているのかも。

こちらもお終いってストップかけるのが早くなっているってのもあるかな。

お友達わんこが9才で初めて股関節のレントゲンを撮ってみたそうです。
これまでは立派な筋肉で支えてきたので痛がるそぶりも何も症状らしきものはなかったそう。
それが9才になってあれ?ってことがあったようです。
どんなに元気でもシニアの領域になってきたのでしょうか。

股関節形成不全と診断されたからってみんながいつか自力歩行できなくなる訳ではないですよね。
先代さんぺいも股関節形成不全と4才の時に診断されたけど楽しむ程度にアジは続ける事が出来たました。
亡くなる日までコング追いかけて走っていました。
走った後、車に乗る時に手伝ってって待つようにはなったけど。

アイスバーンの時は走らせない、ボール投げもほどほどに。
体重を増やさない、サプリメントを飲む、場合によっては痛み止めの服用もしくは注射。
この痛みどめも昔のように副作用は出にくいように改善しているようですしね。

人もだけどわんこも経年劣化(?)とは上手に付き合いたいですね。

車山高原でお泊り

昨年の話で恐縮です(^^ゞ
よなよなエールを飲んでたら記事にしていなかったことを猛烈に後悔。

『山に上がる』旅でお世話になったお宿。

ベテランの先生が霧ヶ峰に行くことを『山に上がる』と表現されました。
現地に行ってみて『山に上がる』の意味を実感。

ずっと高速をひた走り佐久インターでおりてからは山道に入りクネクネ走り途中日は暮れ…
疲れ果てて着いた私達を暖かく迎えてくれたお宿です。

車山高原にあるペンション ペパーミントジャムさんに4泊お世話になりました。

こちらは昨年からペットの受け入れを始められたんだとか。
競技会開催中はこのあたりのお宿はどこもいっぱいになるようです。

犬は車中泊と割りきれない私はなんとしてでも同じお部屋で泊まれるお宿をと捜したのです。

大荷物を運びこむのを手伝ってくださったことから始まり、
滞在中は快適に過ごせるようたくさんの配慮をしていただきました。

オーナーさんの奥さまのお料理の美味しかったこと♪
なんと競技会中は早くに出かける私達に3回も手の込んだ美味しいお弁当を作ってくださいました。
感動しながら食べてしまい写真撮り忘れました。

道路からは少し上がった見晴らしいの良いところに建つお宿です。

006_convert_20131104104507.jpg

ダイニングはこんな感じ。テーブルセッティングもお洒落です。
もちろんこちらもわんこOK。
さりーとすみれは旅の疲れもあって大人しくしてました。
お料理上手な奥さまと可愛いお嬢ちゃんがたくさん撫でてきれて姉妹も満足♪


そして夜な夜な『よなよなエール』で乾杯。

163_convert_20131104104547.jpg

最初の夜はわんこ先生と貸切り。翌日は転勤で関東へ来られた訓練仲間のNママさんが現地合流、
ぱぱちゃんも仕事を終えて新幹線でやってきたのでにぎやか。
他にも2組の選別参加のご家族も一緒でしたので明日頑張りましょうと盛り上がりました。

毎夜こんな素敵なお料理の数々。3泊共に美味しくいただきました。

004_convert_20131104104332.jpg

005_convert_20131104104426.jpg

164_convert_20131104104627.jpg

165_convert_20131104104706.jpg

166_convert_20131104104744.jpg

他にも何が嬉しかったって、選別会場まで車で走ってくれて所要時間をあらかじめ教えてくださったこと。
そして雨の土曜日にはお嬢さんと一緒に応援に会場まで来てくださったのです。

こういう嬉しいサポートもあったからこそ大いに頑張れたってもんです。

実は今年もすでにお部屋お願いしていたりします。
他のお宿もそうだけど来年もお願いしますって帰られる方が多いんだそうです。

こちらのお宿は今年の競技会開催時はすでに満室なんですって。

同じお宿でご一緒できるご家族と今年も元気に会えることを楽しみにしてるのでした♪

前回もご一緒した黒ラブ2頭のご家族がオーナーさんにわんこ先生の優勝を知らせしてくれたようです。
ゲンのいい宿になったわね~と言われたとかなんとか(笑)。
今年もご一緒しましょうね!

今年もここへ行くにはコツコツ頑張らないとね

夜な夜なエール

夜な夜なエールと言えば夜な夜な五輪観戦で寝不足な方も多い今日この頃。
私は男子のフィギュアスケートは頑張ってショート、フリーと2夜連続でテレビ観戦しました。
終わると4時半、すぐに眠れるはずも無く寝不足。

時差のある他国開催のスポーツイベントはこの夜更かしが辛いったらありません。

今日の夜な夜なエールは五輪応援では無く「よなよなエール」というビールの名前。

昨年夏、日々の食生活を支えてもらっているご近所のスーパーマーケットで見つけました。
ちょっとお高いけどお味はもちろんのこと缶のデザインも気に入ったので何度か飲んでいました。
確か長野のどこかのビールだったよねってくらいの認識で。

163_convert_20131104104547.jpg

夏が過ぎ、秋になり霧ヶ峰に行き、車山高原でお世話になったペンションでよなよなエールに再会。
近所でも売ってたので何度か飲んだことあります~なんて言いながら毎夜いただいていました。
わんこ先生が最終日まで残ることになり大慌てで延泊をお願いし素泊まりさせていただくことになった夜のこと。
オーナーさんがお風呂上がりにどうぞと差し入れてくださったりもした思い出のビールです。

霧ヶ峰から帰った後も何度か買ってはいたんだけど、このたびネットで買ってみようと思い立ちました。
そしたらこんな「よなよなの里金賞ビールのお試しセット」なんてのを見つけて即お買い上げ。

yonayona1_convert_20140217165627.jpg

こんな4種類のビールが届きました。
毎晩香りとコクを楽しみたいと思うのでした。

期間限定ラン

2週続けて普段は雪の少ない地方の大雪の様子に大変だなぁと心配していました。
その雪雲が今朝からこちらへやってきた。それも強風と一緒に。

今は雪よりも風が強く地吹雪状態で明日には大変なことになるらしい。
週末の遊び疲れで本日姉妹は完全休養日と決め込んだらしくひたすら寝ています。
そりゃあれだけ走れば疲れるよねってくらい走り込んだうえに昨日はシャンプーもしたのでぐったり。
吹雪はあまり好きじゃないので庭に出たいとも言わないのです。
この冬のさなか広く走れるところなんてそうそう無いのにどこ行ったのかって?

我が家から北へ向かった某所。
1月末あたりに恒例のイベントがあるらしい。
その時に広く除雪して使用するもその後放置されていることに気付いたのは昨年のこと。

今年も行ってみましたよん、案の定広々と除雪した痕跡がありました。
足跡ひとつ無いうえに除雪の壁がひとの背丈以上になって四方を囲ってあるのです。
積雪10~20センチなら走れる!ってことで大運動会をしてきました。



040_convert_20140217170112.jpg

041_convert_20140217170152.jpg

042_convert_20140217170229.jpg

043_convert_20140217170314.jpg

044_convert_20140217170435.jpg

045_convert_20140217170503.jpg

さりーはいつものりんごちゃんを追いかける、すみれはさりーを追いかける。

毎回同じことの繰り返しだけどこれが楽しいんだから何も言いますまい(笑)。

時々雪の中にわざとりんごちゃんを隠して捜しっこゲームをします。
適度に頭と鼻を使うし走って息があがったのを整えるのにも良いようです。

こういう時競い合う姉妹がいて良かったねと思う母なのです。

ちゅめたかったのね…



遊ぶ時はこんな積雪10センチなんてのは何ともないのですがね…

005_convert_20140216223022.jpg

もちろんさりーだってへ~~~っちゃら!

008_convert_20140216223045.jpg

雪にお腹がついたってなんのその。

035_convert_20140216223615.jpg

大事なりんごちゃんが雪まみれで冷たくっても咥えるなんてお手のもの。

この冬は日中も全然気温が上がってこないのです。
最高気温がマイナス5℃なんてのはざら。
そんな中こうして遊んでいられるくらいに寒冷地仕様になってるはずなんですけどね。

街中の観測点での気温はあまりあてにできません。
今朝の最低気温はマイナス11℃なんて予報ではいってたんだけどね、
朝7時、ぱぱちゃんの通勤車はなんとマイナス17℃と表示されていたのでした
出勤するぱぱちゃんを行ってらしゃいするって言うのですみれと一緒に外へ出てお見送り。
そしてそのまま庭へ行き朝のトイレタイム。

さりーは室内から出て来たばかりでへっちゃら。
すみれはと言うと…あれれっ、前足があがってる。
えっ?足痛めた?まさか…と思って見てると今度は反対側を上げた。
うそ…って見てると今度は後脚をあげた。
この時点でわかったのです。
すみれったら足が冷たくて交互にあげてたのです。
あらまぁ~~雪に埋もれて遊ぶのは平気でも朝の冷え込みはたまらないのね。

初めてみたすみれの仕草に笑ってしまったのでした。
…ってかそれほど冷え込んだってことです。


021_convert_20140216223110.jpg

おまけ…各犬1個のりんごちゃん、さりーが欲張り2個持っちゃった。
ねぃちゃんそれ私のりんごちゃんなんだけど…って訴えるすみれなのでした。
     
プロフィール

tamami

Author:tamami
米ゴルさんぺい&英ゴルもえと楽しい日々を送っていました。

2004年秋・冬と立て続けに2頭を亡くし悲しみにくれたこともありました。

そして昨年5月にリンパ腫で1年間闘病したもも太を亡くしました。

今は英国系ゴールデンの姉妹と先代達を思いながら毎日を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
検索フォーム
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。