スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まぼろしぃ~~~

なんのこっちゃなタイトルですね。

3連休の最後の日は今年最後のJKC北海道ブロック訓練競技会でした。

競技会終了後、ぱぱちゃん遅い夏休みがとれたので2泊で美瑛にお出かけ。
4時半に起きて大荷物を積み込み出発。

さりーはCD2のみにエントリー。A班4番目の競技。
開始後間もなくってさりーに限ってはなかなかありません。
いつも待ち疲れ気味になる遅い順番。
だけどこの日は早いし涼しいうちだから頑張りましょうと臨みました。

久しぶりに競技レポします。

審査員はテレビやしつけ本でおなじみのF井先生。

1 紐付脚側行進    まぁまぁ良い
2 紐無し脚側行進   なんとなく遅れてみたりしながら最後のコーナーあたりから持ち直す
               さりーにありがちなつじつま合わせをやらかしました。
3 招呼           そよそよとお上品にやってきた(笑)。
4 伏臥          OK 肘から素早く落ちる良い伏せでした。戻りもOK
5 立止          OK 戻りもOK
6 行進中の伏臥     OK 得意だもんね。
7 行進中の停座     OK ただし無意識にコマンドを出す時に減速気味だったらしい。
                指導手減点あり。
8 据座          OK
9 遠隔・停座から伏臥  OK 早かった♪
10遠隔・伏臥から立止  OK 得意だもんね、綺麗に決まりました。
              前回、最後の最後にここで伏せがダブルコマンドに。
              間違いなく私のこれで最後と安心して気を抜いたのが悪かった。
              最後まで気を抜くことなく慎重にを心がけました。

講評は脚側が微妙に遅れたことが残念…から始まりコーナーをもっと直角に動かせるように。
それと行進中の停座の若干の減速を指摘されました。

DSC_0032_convert_20120924103404.jpg

DSC_0045_convert_20120924103509.jpg

有名な先生ですもんね、今さらお顔を隠さなくてもいいかってことでそのままです。
リードを肩にかけて速歩するとどうしてもゼッケンが一緒にずれるらしい、かっこ悪いわぁ。


とまぁ納得のいく会心の出来ではありませんでした。
これは見ていたぱぱちゃんも脚側がイマイチだったね~と。

ポイントはもらえるだろうし、入賞もありだなぁという程度でした。

DSC_0034_convert_20120924103439.jpg

さっちゃん、後のぱぱちゃんにむかってニヤリ。

おおよその競技が終わり、訓練試験なんかが始まった午後1時頃。
できれば早めに美瑛に向けて出発したかった。
…ので、本部テントに行き運営のお手伝いをしている顔見知りの訓練士さんに
お願いして点数を見てもらいました。

さりーは98,2点、すみれは97,1点。(すみれのことはまた後ほど)
さりーはもう少し点数もらえるかなって思ったけど審査厳しいねぇ。


わんこ先生にポイントカードとあればリボンをお願いしますとゼッケンを委ねました。
訓練のお仲間の皆さんににこやかに「お土産かってくるね~~♪」なんて手を振りながら会場を後にしました。

途中給油して買い物もして、バッグに携帯を入れたまま足元に。
高速に乗った時間と 後で気づいた着信の時間がほぼ同じ。

わんこ先生、れいちゃんママさんが何度も電話してくれてたのに気付いたのは高速に乗って40分も経った頃でした。
主催のU人先生がなんとか戻れるものならと電話しなさいと配慮してくださったようです。

な・なんとさりーさん、1席で理事長賞の決定戦だったそうです。


わわわ・・・・ああああぁぁぁぁ~~~あ”あ”あ”~~~~ひぇぇぇぇ~~~!


…とまぁ、1席をいただきましたが決定戦は出られるはずもなくまぼろしの理事長賞となりました。

今回のアマチュアCD2は2班しかなく本州の競技会に比べて参加者がとても少ないです。
A班B班と同じF井先生が審査してくださいました。
点数は決して高くはなかったけれどA班B班通してさりーの点数が1番良かったそうです。

そんなのを聞くにつけ残念で仕方ありません。
だけど今年はもも太が今落ち着いていてくれてみんなで泊まりがけで出かけられることの方が大事。
こう思ってるので大事なことを優先しました。

グランドトレーニングチャンピオン(グラチャン)は7月に完成したし、なんとなく目標を見失っていました。
来年以降はさりーはもう服従はいいかなぁとも思っていました。

んが、まだ頑張れってことですかね。
来年は6才、まだ伸びしろあるかな…。

というか、もうすでに課題は明白なので来年また頑張れるものなら頑張ります


DSC_0049zekken.jpg

おまけ…ゼッケンを縛り直してもらいながらふざける緊張感のないワタシ。
スポンサーサイト

抗がん治療9回目とそれからのこと

7月19日(木) 本来なら外来診療の無い手術日。
毎週水曜日がとても混み合っているとのことで1日ずれて木曜日になりました。

研修医の先生に13日の金曜日にひどいことになりかかりつけの病院で処置してもらったことなどを説明。
そのまま預けてじっと待合室で待ちました。

いつもどおりビンクリスチン投与。

前回の副作用がきつかったようなので若干投与量を減らしましたとのこと。

そして下痢も激しく出るようなので今日から下痢止めも飲ませるようにとのこと。

抗生剤としてバイトリル、胃薬としてガスター、吐き気止めとしてプリンペランはいつもと同じ。
下痢止めとしてフラジールを処方してもらい帰宅。

この日の夜は普通量の食事ができました。

翌20日からまたまったく食欲無し。
21日(土)にはかかりつけの病院で先週と同じに吐き気止めのセレニアを注射してもらう。
点滴もしっかりしてもらったのでちょっと安心して帰宅。

シフォンケーキをちょっとずつ食べたりした程度。

22日(日)も変わらず。
この日はウンチをしなかった。 食べてないもんね、出ないのかもねってぱぱちゃんと話す。

23日(月)もほぼ前日と同じ。
少しはパンを食べたりお魚もちょこっとなら食べた。
スタミノールを1本舐めさせる。1本で500カロリーは摂取できる。

24日(火) この日は少量のウンチを3回。
わんこ先生が来てくれてテンションアップ!!
お魚ジャーキーを食べさせてもらった。
先生に差しだしてもらうとテンションあがっているので食べるんです。

夜にはスタミノールをまたまた1本。

25日(水)外は暑くなったのでエアコン始動!
涼しくして安静にしようね…。
自力で水も飲もうとしないしトイレに外に出すとふらつくようになりました。
庭の熱くなったタイルの上に横になってしまう。

体温を計ると38,7度と得に高熱が出てる訳ではなかったしどうしちゃったんだろう。

食事ができてないからフラフラしちゃうのかと思ってました。
抗がん剤の副作用にしては長いなぁと思っていました。
でもまぎれもなく副作用なんだと思ってもいました。

こんな状態で病院へ行っても点滴してもらうのが関の山だと素人判断。

26日(木)も状態は変わらず。

とにかく少しでも口にしないとって前日夜からシリンジでせっせとペットスエットを飲ませました。
スタミノールも1本。
介護食もシリンジで少しずつ喉の奥に入れると自力で飲みこんでくれました。
ゼリーも1袋食べるというか飲んでくれた。

30CC入れられるシリンジで10回、300CCはペットスエットを飲んでくれた。
ぜりーもほぼ水分だし、介護食も水でかなりどろどろに溶いていたので水分は最低限は摂れているはず。

夕方には自力で水を飲み、プリンも口にした。

自力で水を飲み出した時は心底嬉しかった。

この2日間でこのままもしかしたら…って想いがよぎったりしました。
必死にそれを打ち消しながら口にしてくれるならなんでもとあれやこれやと試してみました。
アイスクリームを溶かして飲ませたりもしました。

ぱぱちゃんは出張中で留守でしたし余計に不安でした。

27日(金)12時に大学病院へ。

本来ならドキソルビシンという強い抗がん剤投与の予定でした。
でもそれどころではありません。
この1週間の状況を事細かに説明し、とにかく今の状態を改善してほしいとお願いしました。

検査に入りじっと待合室で待ちました。

呼ばれて診察室に入り説明を受ける。
なんと腸が動いていないとのこと。

点滴しながら薬で腸の動きを出しますとのことで入院となりました。

翌28日(土)には電話で様子を知らせてくれました。
少しずつ手からフードを食べていますとのこと。
便も出ましたとのこと。
ただまだ不安なのでもう1日入院で様子見ましょうとのこと。

29日(日)朝、電話をもらう。
かなり元気に振る舞っているようで自分で留置針を抜いてしまったらしい。
食欲も戻っているのでこのまま退院して大丈夫とのこと。
ぱぱちゃんと迎えに行く。
日曜日でシーンとした病院のベンチでもも太を待つことしばし。

この日の朝から頻尿になったと言う。
尿検査しても菌は出ていないので膀胱炎ではないとのこと。
念のためいつもとは違う抗生剤を処方してもらって帰宅。

帰宅後はほっとしたのかひたすら寝ていました。

ステロイドを飲んだ時みたいに何度もおしっこをするので水分補給もしっかりとした。
何がどうしちゃったんだろうね。

この頻尿は2日ほどで治まったので治療に使用した薬の副作用だったのかもしれない。

…とまぁ、こんなふうに日々が過ぎて行きました。

腸が動かなくなったのは抗がん剤の副作用では無いと言われました。

果たしてそうでしょうか。

抗がん剤投与ごとに下痢や嘔吐、食欲不振などの副作用に苦しみました。
その積み重ねで腸も疲労困憊しちゃったなんてことだってあると思うのです。


こんな状態でも大学病院の先生は「完全寛解」に向かって順調だと言ってくださいました。

5月に開始した抗がん治療。
こんなことがあったので残すところ3回まで来たけどこの先どうしようかと思い悩みました。

↓は頻尿が治まり食欲が戻っていつもの量を食べられるようになって2日目の8月4日(土)のもも太です。

034_convert_20120914005643.jpg

まだ首周辺の毛が落ちて皮膚に赤みもあるので本当は首輪をしたくなかった。
だけどこの日はど~してもこの首輪をして写真を撮りたかったんです。

さりーの異父妹、すみれの異父姉にあたるエクルちゃんのママさんにお願いして作ってもらったみんなお揃いの首輪なんです。

エクルちゃんのママさん、見ててくれてますか?
暗くて綺麗に撮れていないので 改めてみんな揃って写真を撮ったらお礼と共にお届けします。

脱毛は言うまでもないけどそれより筋肉が落ちてしまったことのほうが深刻。
背線もぐっと落ちてしまいました。

036_convert_20120914005732.jpg


065_convert_20120914005814.jpg

066_convert_20120914005901.jpg

071_convert_20120914010018.jpg

073_convert_20120914010107.jpg

目やにがたくさん出て目の周囲も荒れてしまいました。

それでもガクンと体重が落ちたかなと思ったら32,6キロだった体重が1。5キロ減っただけで済みました。

食欲が戻ったのでどんどん食べて体力つけようね。
そして少しずつ運動量も増やしていこうねともも太に言って聞かせていました。

姉妹カナヅチ疑惑を晴らす

ウチのお嬢ちゃん達、泳げないんじゃないの疑惑をなんとか晴らすことができた模様。

ぱぱちゃんが入水しすみれを呼ぶと何の躊躇も無く入水。
そして泳ぎ始めた。



ぱぱちゃんの周りを大きく周回。

019_convert_20120912184547.jpg

足が付くことに気づいて立ち上がった。

020swiming.jpg

それを見ていたぱぱちゃん以下私と妹も大歓声と拍手
表情が必死だなんて言わないでね。

039_convert_20120912184853.jpg

岸辺をあちこちフラフラするほうが好きなだけだもんと本犬の言い分。


一方さりーはと言うと、温泉気分で浸かってたかと思うとおもちゃで変貌を遂げました。

022_convert_20120912184615.jpg

もも太しかいないようだけどしっかり陰にいます。

023_convert_20120912184651.jpg

お互い譲らずひとつのおもちゃの端っこを咥えたままであがってきました。

024_convert_20120912184737.jpg

さりーだってしっかり泳げるもんね♪ へたっぴなだけだもんね。

035_convert_20120912184809.jpg

後半はもも太に圧倒されてたけど充分楽しめたようで何よりです。

041_convert_20120912184925.jpg

岸にあがってもも太の泳ぎを眺めつつ休憩中。

本当はこの姉妹にこそライジャケが必要なんだけどねぇ…。
来年は買いましょうね。
んでもっと上達しましょう!

まずは準備運動から

キャンプ場の中を探索してたら端っこに湖へ降りて行ける獣道があるのを発見。
覗いてみると3家族ほどがいるだけでさらに奥は誰もいない!



降りてすぐの狭い岸沿いにタープを立てて寛ぎ中のカップルがいました。
水中にペグを打ってるのでそれを回避するのに入水しながら歩くことに。
さりーはいきなりの入水に少々戸惑い中。

008_convert_20120912112915.jpg

無茶しちゃいけないとお守りがわりに付けたロングリードはからんで危険なだけと判断し撤収。

009_convert_20120912113037.jpg

早くおもちゃ投げて~~!と期待に満ちたもも太とさりー。
どうしたものかと一旦岸へ退避するすみれ。

010_convert_20120912113207.jpg

とにかくまずは水に慣れて準備運動してください。
…なんて言いながらそれぞれの様子を見ていると…

011_convert_20120912113243.jpg

さりーサン、ここは温泉じゃないんですけどぉ。

そんなこんなでみんなウォーミングアップ終了。

この後思いっきり遊びました。

続く。

水を得たもも太

9月に入って最初の週末はもも太地方ではこの時期としては滅多にない真夏日でした。

体調は安定してるし皮膚もずいぶん改善。
主治医の先生のOKも出たので支笏湖へ!

美笛のキャンプ場へデイキャンプとして入場。
管理棟やトイレの近くはテントぎっしり。

やっと奥にタープを立てる場所を確保。
泳ぐにはもってこいなところだったけど子供達だらけ。

場所を移動し狭い岸に陣取っていたファミリーを湖に入水しながら通過。

端っこまで行ってみんな解放。

すっかり筋肉の落ちたもも太のリハビリ開始!

こちらの心配をよそにいきなりスイスイ~~と気持ちよさそうに泳ぎ出したのでした。

万が一のロングリードを装着してたけど必要ないみたい。
ライジャケはさりーかすみれにと思ってたけど、もも太に着せて本犬の好きにさせますかってことに。

↓は最初に着いた入り江で子供達に注目されながら今年初の泳ぎを披露。



002_convert_20120912082748.jpg

003_convert_20120912082824.jpg

004_convert_20120912082854.jpg

005_convert_20120912082927.jpg

006_convert_20120912082958.jpg

もも太が生まれて初めて泳いだのも同じ支笏湖でした。
嬉しそうに泳ぐ姿を今年も見られて幸せ

姉を足止めする野生児の妹

ここは我が家の運動場のひとつ
  
去年はクローバーが伸び放題だったけど今年は綺麗に刈りこまれた。

7月末は雨が降らない日が続いたのでこんな夏枯れ状態でした。

この日、姉妹は3日ぶりに走ることができてご機嫌だったはずです。

車を降りるなりすごい期待感で私を見上げていたさりー。



すみれはと言うと…こんなおかしな顔しながらスリスリ~~♪


166_convert_20120911205357.jpg
カメラ目線になった途端我に帰って立ち上がった。

167_convert_20120911205440.jpg

ボールに追いついたさりーを見て慌てて後を追いかけた。

168_convert_20120911205526.jpg

ボールを持って来ようとしてたさりーの前に立ちはだかる後ろ姿がなんだか可笑しい。
すみれ的には精一杯獲物を狙い足止めしようとしているらしいのです。

169_convert_20120911205609.jpg

さりーの足を止めようと体を張って止めようとするんだけどね。

170_convert_20120911205703.jpg

さりーにかわされちゃったね。

どちらも目をつぶっちゃってるのが情けないというか笑えます。

すみれは足止めしようとしてみたり狩りしようと抜き足したりと結構野性的。

小型犬の気の合う子とはハンティングごっこして遊んだりもします。

時々隅っこまで追いつめる⇒見合う⇒脇をすり抜けて逃げられる⇒それを追う
こんな流れで遊びます。


余談ですが

この夏、甲状腺の薬T4を増量した甲斐あってか(?)さりーがゴージャスな毛ぶき。
う~~ん、喜ばしいことだけど暑かったね。

2人ともこのTシャツと人用の保冷剤内臓のスカーフ巻いて乗り切りました。
時々霧吹き程度じゃ足りなくてペットボトルから水かけられたりも。

そうでもしないと熱中症が心配で。

さりーは8月半ばがワクチン接種なんだけど今年は暑くて延期。
暑さで疲れてるのにワクチンか…ってことでなんとか8月末に接種。

こちらの心配をよそに夕方には散歩に行き、軽く済まそうと思ったのに
さりーから誘ってすみれとバトルしてました。

そうそう、さりーのT4、0,6mgを朝晩服用してました。
3ヶ月ぶりに血液検査をしらた少し上がりすぎてたので減量することに。

先生は今のを飲み終えたらって言ったけど、すでに自主的減量開始。

そして9月になった今頃2人揃って換毛中。
なんだか時期ずれてないかい?ってな感じ。

姉妹の近況

もも太の体調によっては迷わず不参加と決めて競技会に申し込みだけはしています。
ありがたいことにどの競技会時も同行できるくらいに落ち着いています。

なのでさりーとすみれも元気に予定していた競技会やら試験やらも参加できています。

7月16日(月)にはJKC西トレーナーズクラブ訓練競技会、
8月5日(日)には警察犬指導手の会の札幌方面の競技会。

8月19日(日)のPDの競技会会場では公開訓練試験も受けて来ました。

8月8日(水)には所轄の警察署での嘱託警察犬の交付式にも参加。

さりーは7月の競技会で初のCD2と選別の重複出陳。
どちらも3席でポイント獲得、累計62ポイントでグランドトレーニングチャンピオン完成。
年に3回の競技会開催しかないもも太地方、完成するのに4シーズンかかりました、長かった…。

すみれは昨年最後の競技会以降本当に選別が好調です。
公式に記録が残る6回の機会で全問正解が続いています。(決勝は除いて)
24嗅ぎ24正解は立派。

7月のJKCでは異物品の選別も割りばし、紙封筒と正解しビニールだけは不正解。

8月は22頭中5頭で決定戦。
アクシデントがあったものの3、4位決定戦に残り3席。

そして姉妹揃ってPDのPAH3(警察犬臭気選別第3科目)合格しました。
これでいつでも霧ヶ峰~~~♪なんちゃって。

昨年末に立てた今年の目標のひとつが10月の霧ヶ峰、「日本訓練チャンピオン決定競技会」に選別で参加。

締切りが9月7日だったのでほんと~~にギリギリまで悩みました。
さりーとすみれ、どちらも安定して好調を維持できている今だからチャレンジしてみたかったな。

でも、でも、でも…・
どうも今の私はもも太から離れられないようです。
どんなに今元気で過ごせていても不安で留守番させられません。

ボチボチ頑張っていればまたチャンスがあるでしょう。


ざっくりと競技会参加だとかの覚書にしちゃいました。

それ以外は蒸し暑い8月~9月を多少バテながらも元気に過ごすことができました。

もも太同様、普通に食べられて普通に良い排せつブツが出る…
こんな平凡きわまりない日常がどんなに大切かを再認識中です。
そして感謝するばかりなのでした。


夏の運動タイムは午後6時過ぎの涼しくなってから。
夕暮れ間近は綺麗に写真撮影できないのが残念。
元気に走るさりーとすみれ。

010_convert_20120911084456.jpg

014_convert_20120911084547.jpg

016_convert_20120911084616.jpg

021_convert_20120911084649.jpg

007_convert_20120911084719.jpg

009_convert_20120911084755.jpg

最後はさりーの変な顔、欲張ってあれもこれもと欲しがるからこ~なるの。

巨大池が出現

通称「桃太郎」名前を記したものが何もないグランド。
すぐ側にあったラーメン店が目印だったのでこう呼ぶようになりました。

土曜日深夜に降り始めた大雨が止んだ夕方のこと。
桃太郎はきっと閉鎖されて水溜まりになってるね~ってことで散歩前に確認に行ってみました。
想像以上に凄いことになっていました。

噂には聞いていたし、入り口のゲートが降りているのにも出くわしたこともある。
雨水が引いた後の漂着物なんかがあったり植え込みが土色になっていたのも見た。

それでも横に流れる小さな川が氾濫するイメージできなかった。

川が氾濫したのではなくここは雨水貯留施設なのでした。

「雨水貯留施設:大雨時に一時的に雨水を溜め、河川への負荷を軽減」
…ってことらしい。

なにはさておきこれが変わり果てた桃太郎で~す!
しょっちゅうトリオが運動したり訓練したりで登場している場所です。
だけど面影無し。

001_convert_20120910235434.jpg

すでに水はひき始めていたようだけどこの時点で推定50センチの水深かと。

002_convert_20120910235519.jpg

水草なのかなんなのかいっぱい流れ着いています。

003ryokuti.jpg

浮かんでる草と土手にある草が同じってことはここまで水が来てたってことね…。

金曜日の午後にここへ来た時は少年野球が始まる前でした。
ピッチャーズマウンドに水をまいて整地したりライン引いたりしてたのが嘘みたい。
昨日は鴨さんが2羽気持ちよさそうに泳いでいました。

水はすぐに引くけど駐車場にあるトイレも水没ってことは…。
衛生面にかなり不安が残ります。
当分犬達とは来たくないと思ったのでした。

あ~~あ~~~、走ったり訓練したり楽しめる場所なだけに残念。


気を取り直して雨上がりの緑地に散歩場所を変更。
到着し車から降りるとすぐに飛行機が飛び立ちました。

鳥サンとツーショット。

004hikouki.jpg

トリオの記念撮影も忘れずに。

005_convert_20120910235552.jpg

曇り空の午後5時半過ぎはもう暗すぎで撮影できなくなりました。

ひとつ前の記事の8月4日のもも太から1ヶ月後の9月9日のもも太です。

表情も良くなっていつもと変わらない笑顔炸裂。
以前より温厚そうな顔つきになったんじゃない?と言われる今日この頃(笑)。

抜けた毛もだいぶ生えて来ています。

でもまだまだ無理は禁物です。

007_convert_20120910235622.jpg

さりーのご機嫌な笑顔がこの日最後になんとか撮れた1枚となりました。

元気です♪

北の大地はお盆を過ぎたら秋風が吹き始めるのがいつもの夏です。

なのに今年は20日を過ぎてから連日暑く、おまけに湿度も高いのです。

当然トリオも暑いと言うので節電しないと…とか言いながらエアコン全開な日々を過ごしました。

9月に入っても32,9℃なんて日が3日も続きました。

先週始めに夜中の雷雨。暑いのもこれでおしまい。
とは言っても一気に秋がやって来るはずもなくまだまだ日中は残暑。

さすがにもうエアコンは使わなくなったけど。

そんなこんなで例年よりも長く蒸し暑い夏を過ごしました。


111_convert_20120910162656.jpg

↑は8月4日(土)の散歩の時の記念撮影です。
みんな暑さでバテ気味でした。



もも太の体調に関して多くの皆さまにご心配いただきまして本当に感謝しています。
ありがとうございます。

個々の皆さまにお礼と近況のご報告をしないと罰が当たりそうですが
こちらで近況報告させていただくことで今はひとまずお許しください。


もも太ですが、7月19日に9回目の抗がん治療をしたのを最後に抗がん剤の治療を止めています。

詳しくはまたにしますが、毎回の投与後の副作用の他にも辛い思いをさせました。

8月に入ってからは抗がん治療から解放され、日増しに食欲が増しています。
食欲が戻ったのに比例して元気も回復しています。

何事もなかったように元気です…と言いたいところですが、
いくつかの抗がん剤による影響は残っています。

毛が抜けちゃって巨大なパピーみたいなのはサマーカットと言うことで。
カイカイが広範囲に広がって可哀そうではあります。


114_convert_20120910162746.jpg
↑両前脚の付け根あたりも真っ赤。
留置針を入れた周辺が気になって舐め壊したところが一番痛々しくなってしまったんです。

今はまだ耐性ができていない抗生物質が見つかったので内服しながら回復を図っています。
マラセチアは幸いなことにほぼ消滅、後はブドウ球菌やら何やらをやっつけるだけです。


舐め舐め攻撃もしなくなったところを見ると痒みは治まったようです。

そして筋力の低下も相当なものでして…。
いきなりボール投げはふらつくのでNGにしています。
後脚に多少ふらつきがみられるので段差も気をつけています。

それでもとにかくボール遊びがしたいようです。
オーバーワークの後は足がもつれたりもするのでもう少し回復してから。

毎日あちこち触っては腫れがないかを確認しています。
一昨日の通院時、丁寧な触診後に「今のところどこにも腫れはみあたりません」と
先生に言ってもらってほっとしています。

このまま腫れが大きくなったりしないといいなぁと思う毎日です。

主治医の先生いわく
「大変なことも多かったようですけど抗がん治療をここまでしてきたから今ここにいるんですよ」
「そうでなかったら今ここにいませんよ」

本当にこの言葉のとおりだと実感しています。


なかなか更新できずにいますが引き続き見守ってくださいますようお願いします。
     
プロフィール

tamami

Author:tamami
米ゴルさんぺい&英ゴルもえと楽しい日々を送っていました。

2004年秋・冬と立て続けに2頭を亡くし悲しみにくれたこともありました。

そして昨年5月にリンパ腫で1年間闘病したもも太を亡くしました。

今は英国系ゴールデンの姉妹と先代達を思いながら毎日を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。