スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘱託警察犬審査会

平成24年度 札幌方面嘱託審査会に参加してきました。

追及59頭、 選別53頭がエントリー。

朝からジリジリと夏の日差し。
これは熱くなりそうな予感。今年一番の暑さだったようです。
審査会の行われた江別市の最高気温は26,8℃と出ていたけど
直射日光ギラギラの芝生の上はもっと暑かった気がします。

受付を済ませ追及の会場と順番、コースを確認。
あらら・・・さりーサン、13番目。
ってことは11時近くになっちゃうじゃない…なんていいながら健康診断に並ぶ。

なんと今年から全頭口輪装着が義務付けられました。

すみれたん、シェパードサイズの口輪が大きすぎ。
かろうじて鼻にひっかかってる状態で固まっていました。
獣医師さんも笑いながら良い子だね~~って聴診器をあてる。
問題なし。

さりーも同様。
わたしときたら触診してくれてる先生にリンパに腫れはないですか?と聞く始末。
何か気になりますか?と先生。
ウチにリンパ腫で治療中の犬がいるので過敏になってます。気になって仕方ないんですと私。
大丈夫ですよとにっこり言ってくださいました。
良かった。

健康診断を終えたところで作戦変更!
確実に選別は合格したいってことで最初にさりーの選別。
次にすみれの選別。
最後にさりーの追及。

開始後1番に審査に臨んだ犬の様子を見て事前練習など無しでさりーを連れてきて順番待ち。
暑さで消耗しないよう、思いきって直前練習はしませんでした。

広い審査会場のわずかな日陰は選別の待機場所。

9時半、すでに暑い。
口が閉じなかったら嫌だなとか思いつつ開始。
少し臭いを取るのを嫌った…臭いが濃いのかも…。
案の定×

それでも持ち直して2問目以降3連続正解。

気になったのは3問目、4問目に私の目の前で布を落とした。
普段そんなことないのに。
私、怖い顔してたのかな?それとも自身無かった?

「ちょうだい」って声かけたらすぐに拾い上げて手渡してくれたので大丈夫だと思うんだけど。

選別中の態度はいつもと変わらず良い態度だったと思うので私的には◎

085_convert_20120629123130.jpg

上は審査会当日の画像はないので日曜日に某所へ練習に出向いた時のさりーサン。


続いてすみれ

さりーのことがあったので受け渡しとかちょっと不安。
なぜなら練習中は私の2メートル前くらいで加速して飛びつく体勢になるから。
ただし、本番ではそれはやっちゃいけないことだと知ってるぶんだけ慎重になりすぎやしないかと心配になったのでした。

が、すみれたん、いつもと変わらずにこにこの選別。
○○○と1~3問目でストレートで合格ライン。
選別態度での減点は無さそうだし、最後はゼロ解答かな?なんて思って4回目に臨みました。

4月以降は練習中のゼロ解答は封印。どうなるかな?
選別台を丁寧に2往復。
左端の1番を一瞬咥えたもののペッと吐き出し振り返って止まった。
「無いみたいだよ~♪」って言ってるように見えた(笑)。
なのでついつい「来い」って一声かけてしまった。
「やっぱり無いよね~」って元気に帰ってきて綺麗な正面停座を決めてくれた。
もう少し待ってたらそのまま帰ってこれたかなぁ。

有回答だったら不持来で×だしどうかなって思ってみると○
わっ!すみれたんゼロ解答できた~~~!

最後に声かけたことで減点になるとかなんとか言われるかなって思ったけど何も無し。

本来なら減点だけど審査会ではどうなんでしょうね。

とにかくストレートので全問正解。
3○時点で合格が決まりゼロ解答を試されたんだと思います。
昨年はこれができなかったけど今年はできた。
こんなところに1年間の成長を感じることができました。

054_convert_20120629123217.jpg

これまた某所での練習の光景。

066jump.jpg

2メートルくらい前で踏みきって飛んできます♪

067jump.jpg

そしてこの高さまで飛ぶのです。

元気な選別は好きだけどちょっと怖い(笑)。


姉妹揃って選別の出来が良かったので満足です。


さりーの追及は11時を回っていました。
暑い、暑すぎる…。

本当に目標どおりの10歩でした(涙)。

スタートの物品が木片でそれを見たさりーは伏せてしまいました。
んで、そこから直線10歩で左屈折まではスルスルっと行った。
そして最初の屈折で迷った。ラインを探しに迷い出しあろうことかコースの真ん中へ。

そうこうするうちに私の目にも途中物品が見えたのでした。
さりーも見えたらしく物品をめがけて進み始めた。大ショートカットでありえないと判断。
自己申告で中止しました。

審査員さんにも自信なさげに助けを求めてましたねって気の毒そうに言われました。

リードを持ち誘導しようか…
もっと声かけちゃおうか…
どうしよう、どうしようと考えつつさりーに任せてみました。
どうにか立て直そうと必死になっているさりーがそこにはいました。
その頑張りを見られただけで今回の挑戦はOKだと思えました。

物品までショートカットして行けばそこで確実に伏せる。
物品から最終物品までの後半部分をしきりなおしで行かせようか、いろいろ考えました。

でも最初でつまづいたんだからどうにもこうにも。

練習不足と暑さでさりー初めての追及お受験は玉砕しました。

私の諦めが早すぎるとか、途中でやめてもいいんだと犬が思うから、
どんなことしてでも最終物品かでいかせないといけないとか
いくつかのアドバイスをいただきました。

今後の練習の課題にしていきたいと思います。

005_convert_20120629122704.jpg

これまた練習中、途中物品を見つけて伏せた。
「あったよ~~~」

017_convert_20120629123053.jpg

近寄るとにっこり見上げてくれます。
「これでしょ~~♪」って感じでしょうか。

そんなこんなで今年の審査会を無事に終えることができました。
正式な結果を待つことにします。

 
もも太は暑い日になりそうだったので同行せず。
家で待っていてもらいました。
良い子で留守番していてくれたのでさりーとすみれは頑張ることができました。
ありがとね♪

姉妹の終了と同時に挨拶もそこそこに帰宅。
それから速攻で病院へ行ったのでした。
スポンサーサイト

いよいよ明後日

H24年度の嘱託警察犬審査会が明後日に迫りました。

ぱぱちゃんと地味地味~~っと練習していた追及作業。
平日の審査会は休みが取れず参加できないんです。

せっかくだから私と経験するのも良いんじゃないってことで
さりーサン、追及と選別のWお受験。

すみれタンは選別のみ。


追及は順番通りの審査だけど選別は自己判断で審査に臨めます。

追及、選別と両方審査を受ける犬は追及は最初の方の順番なんですって。

さりーの追及が終わり次第すみれの選別。
それが済んだらさりーの選別とサクサクっと臨む作戦です。

そして終了後は早々に会場を後にしてⅠ2時半にもも太の抗がん治療に病院へ。

血液検査の結果に問題がなければこの日の予定はドキソルビシンという強い抗がん剤。

点滴でじっくり入れるので1時間半はかかります。
病院へ審査会場から駆けつけて、もも太を預けて一旦帰宅。
夕方お迎えというハードスケジュール。


今の我が家の全てが凝縮されたような1日になりそうです。

もも太・さりー・すみれのそれぞれが今懸命に取り組んでいること全てが盛り込まれた1日。

私はそれぞれの頑張りを邪魔しないようにしないと。

今日の私はもも太のためには次の治療の前に少しでも栄養を着けられるような食事のサポート。


そしてさりーとすみれに関しては練習不足と焦ってみても仕方ないと開き直って完全休養日。

金・土・日と3日連続で頑張って練習しました。
ちょっとお疲れが見えるので今日はお休み。
明日最終の練習をしましょう。

さんざん言っていることだけど、本当に5月以降は練習不足。
気持ちのほとんどはもも太に向かっていますから。

それでも選別はさりーもすみれも何をするべきかはわかっています。
なので当日の出来次第。
本番の選別は運・不運と言っていいような微妙な何かがあるので
気負うことなく頑張って来ようと思います。

追及?
こちらはもうご褒美の無い状態からスタートしていけるのかしらん?
最初の何歩かでも進むことができたらOKって感じ。

練習ではかなり良い感じなんだけど。
「いつもはできるんです♪」って言い訳したくなるかも。

小さくした物品もきちんと見つけて伏せるし。
ラインからはずれても自力で戻れる粘り強さも出て来たし。
ある時は物品見つけてもそのままスルーして進む意欲もあるし…ってオイオイ。

ただし、場所が変わるとじゃっかん不安がある模様。

嫌いなブッシュやツンツンとがったイネ科の草も嫌だしね。
鼻に草が入ってクシュンとくしゃみしながら進むけどあからさまに嫌う。

丁寧過ぎてタイムオーバーの心配も無きにしも非ず。
ただし、タイムオーバーの心配は最後まで行けた場合だけね。

…って、結局課題だらけ。

真面目で丁寧な作業をゆっくりじっくり育んできたつもりです。
時間かけすぎじゃない?ってつっこみは無しね。

追及訓練は我が家では初めての取り組みなので、とても慎重になってるんだもん。

当初はと~ちゃん任せだったし。

今回は参加することに意義があり、経験をすることが次につながると思いたい。

明後日、お天気は良さそうだけど良すぎないといいなぁ。
20℃前後の曇天、無風を期待したいな。

審査を受けるさりーやすみれだけでなく現地に同行するもも太にも楽な天候を希望♪

プチトマト

なんだかトマトがお高い
いつにも増してお高い気がするのは気のせいじゃないよね。

そんなこんなで もも太にもたくさんトマトリコピンは摂取してもらいたいしってことで自家栽培開始。

色も形もたくさんあって選ぶのに悩む~~~♪
とりあえず一番ありふれてるけど簡単にたくさん実がなるのが売りの明日香ちゃん(左)をチョイス。

右のシシリアンルージュという洒落た名前のも苗が元気だったのでチョイス。
これはすでに3個の青くて硬い実がついていました。

お天気が良ければすぐに色がついて、すぐに食べられるかなと思ったのにぃ…。

10日に購入&植え付けたのに今だ青いまんま。




立派な支柱を立てたのにまだまだ伸びる気配は無し。

土も有機の肥料もちゃんとトマト栽培用のを使ってるんだけどな。

寒すぎるのがいけないのか?

早く「出来すぎちゃって食べきれない♪」とかいいながら収穫したいものです

あっ、もうひとつ同じプランターに可愛い系のを3種植えました。
がしかし…ひとつはすでに苗がダメになりました。

残り2つに頑張ってもらいましょう。

とにかく早く収穫できるほどに育っておくれトマトちゃん達

姉妹で走る



このお2人さん、さすがに姉妹なだけあって行動パターンがよく似ているって今までもさんざん言って来たけど、最近ますます似てきたような気がする。

141_convert_20120618211705.jpg

こういう開放感たっぷりな場所ではますは追いかけっこ。

142_convert_20120618211737.jpg

たいていすみれが逃げてさりーが追うのです。

143_convert_20120618211814.jpg

そろそろガウガウしない?とさりーが聞いてます。

149_convert_20120618211845.jpg

えぇ~~~、まだ走ろうよぉ~~~。

152_convert_20120618211918.jpg

ほれほれ~~っと挑発。


153_convert_20120618211949.jpg

こういうときはお互いに目力強いんだから。

飽きずに繰り広げられる光景。

さりーにしたらボールが出て来なくてつまんないかも。
今はももにいちゃんが一緒の時はおもちゃは我慢ね。

翌日は競技会だって言うのにこうして遊び呆けていました。

明日に向けて体力を温存したいので早く切り上げました…と言いたいところですがさんざん遊びました。

5月26日のことでした。

ガウッてみました。



さりー  「ほれほれ~~、これでどぉ~~~??」

051_convert_20120618165907.jpg

もも太 「くぅ~~~、やってやるぅ~~~!」

052_convert_20120618165932.jpg

ガルルゥ~♪ ガルゥ~~♪
実際にはほとんど無言でガウガウごっこ。
それにしてもさりーヘンテコな体勢。

056_convert_20120618165958.jpg

さりーはこの対戦形式に持ち込むのが大好き。

063_convert_20120618170026.jpg

もも太7才、さりー5才の変な顔くらべ。

074_convert_20120618170051.jpg

ムンクの叫びじゃなく「もも太の叫び」顔

伸び放題だった草が綺麗に刈られ追及練習にもってこいになっていました。

が、遊ぶだけだもんね。
嘱託試験まで後9日だって言うのにね。

今さら慌てたってねぇ…。
さりーサン、ぱぱちゃんとボチボチ練習していた追及ですが…。
平日の試験にぱぱちゃん、休みが取れず。
なんと私とダメもとのお受験です。
はい…私どうしていいのかわかりません。
ヤード持って後に回り込んでついて行くだけです。

いいの、いいの~~今年は追及であわよくば受かろうなんて思ってないもん。
経験することが大事なシーズンだと割り切ってるもんね。

選別だって大いに怪しい.

さりーもすみれも超練習不足。
こんなんで合格できるほど甘くないのは重々承知しています。


玉砕覚悟の嘱託試験は6月27日(水)。
もも太も一緒に行く予定なので会ったらちやほやしてあげてくださいね。

試験終了後は大学病院へ直行、抗がん治療の予定です。

下痢と嘔吐の副作用

一夜明けて6月16日(土)

6時半 水200cc飲む。嘔吐の気配は無し。おしっこのみ。
7時  蒸しパン半分
7時半 おしっこと下痢
吐き気止めは効いているようだけど下痢止めは効いてる気配無し。

かかりつけの病院に連絡し診察してもらうことができました。
普段は予約診療なのに対応してくださったことに感謝します。

血液検査 白血球3300、前回ほどには低くなって無い。熱は少し高めの38,9度。
敗血症の心配はなさそうなので点滴し、下痢止めを一緒にいれてもらい帰宅。

これでもも太は楽になるはず。

前回の5月19日よりは副作用としては軽かった。
だけど水のような下痢は初めてでした。

アドリアマイシン投与から1週間後のビンクリスチン投与。
そして2日後に辛い副作用が今回も出ました。
このサイクルが辛いのかなぁ。

次回の通院時に相談しなくちゃ。

とは言え、今はリンパに腫れはなくなって落ち着いているようです。

金曜の夕方から私も不安でしたがそれはさりーやすみれも同じでした。


ひと眠りしたら点滴効果で元気復活。
散歩も行くとはりきっています。
点滴の効果も素晴らしいけど力がみなぎってくると遊びたくなるもも太も偉い!
せっかくだもの、ご近所散歩なんかじゃなくみんなで緑地まで行きました。

039_convert_20120618165453.jpg
 
お昼のテレビでスギちゃんが体調不良から復帰。
「点滴ガブ飲みしたら回復したぜ~」って言ってました(笑)。

まさにもも太もそんな感じ♪「ワイルドだろ~~♪」

040_convert_20120618165528.jpg

眼差しはマイルドだけど気分はワイルドなんだとか。

043_convert_20120618165602.jpg

そんなもも太を気遣ってか(?)さりーが挑発。
もも太とさりーのガウガウシーンを見るのってすっごく久しぶりな気がして嬉しかった。

044_convert_20120618165720.jpg

「にぃちゃ~ん、ホレホレ~」とクネクネダンスで挑発。

048_convert_20120618165748.jpg

その気になったもも太と走るのかなと思ったら…。

049_convert_20120618165817.jpg

勢いよくひっくり返り寝技で対戦するみたい。

点滴で力が出たとは言え、昨日から栄養取れて無い状態なんだから無理しないでねと
止めたいところだったけど、遊びたいなら遊びなさいなと見守りました。

すみれはと言うと、あっちこっちふらふら~っとしてました。

この何日かのストレスをぱ~~~っと発散してくれたかな。
挑発してくれたさりーに感謝です。

まだこの日の夜もフードは食べませんでした。
鹿肉の湯がいたの、またまた蒸しパンとシフォンケーキ。
ほうれん草のシフォンケーキ、一口もらったら美味しかったなぁ。
すっかりもも太はスィーツ男子になっちゃった。

相変わらずすりおろしリンゴにマヌカハニーはいらないんだって。
こちらもじゅうぶん甘くて美味しいんだけど違いがわかるのね。

抗がん治療5回目以降

前記事で6日からの様子を記録しました。

食べる量はいつもの3分の2程度です。

選り好みし放題だけど。
秒殺だったフードは今は私の手からぽりぽり…ってな感じで渋々食べています。
食事にかかる時間の長いことったらありません(苦笑)。

今まで食材として使ったことのない里芋、サバなども登場。
すいかも出回るようになったのでデザートに。

ところが里芋、不評。
サバは好評、大好きなはずのすいかはイマイチ。

本当に嗜好が変わったなぁと実感します。

6月13日(水) 9時に病院。

名前を呼ばれたら診察室へ入ってこの1週間の様子を説明し預けてくるだけです。
終了したら連絡しますってことで速攻で帰宅。

10時に姉妹はわんこ先生と嘱託試験に向けての訓練。

終了の連絡があるまでは何をしていても気が気じゃありません。
家にいても何も手に着かなかったりもします。

この日は外に出てさりーとすみれの訓練に集中しました。
もも太は治療に頑張っているし、家に残して出かける時の後ろ髪引かれる思いはしなくて済むのだから頑張れなくてどうするってもんです。

午後1時、お迎えにいいらしてくださいと電話。

午後2時、病院へ戻る。

先生に呼ばれ診察室へ。
血液検査は問題なかったので予定通りビンクリスチンを投与しましたとのこと。
一週間前のドキソルビシンは減量したけど今回は前回までと同量を投与。

5月19日(土)に嘔吐し発熱した時と同じ
ドキソルビシン投与から1週間後のビンクリスチン投与。

前回と同じ症状が出たら連絡してくださいと言われて帰宅。

病院に滞在時間5時間。
この間に血液検査→抗がん剤投与となるのだけど検査の順番待ちとか検査結果待ちとか。
待ち時間がかなりあります。
その間、ケージに入っているんでしょうけど相当疲れるようです。
帰宅後は爆睡。

夕食はフードを少しとお肉、かぼちゃなど。


14日(木)午後から食欲なし 軟便 下痢した時の薬、フラジールを2錠飲む。
15日(金)朝から食欲なし 相変わらず軟便 フラジール2錠。
お昼にタラのすりみだけで作ったソーセージを2本食べる。
4時に鮭のジャーキー1枚。

午後5時に嘔吐が始まる。直後に下痢。そしてまた嘔吐。

多めの嘔吐2回。その前後にえずくように少しずつ吐く。
胆汁液と胃液が混じった黄色っぽい泡だったり、胃液の白い泡だったり。
少しだけソーセージが混じっていました。

その後は落ち着いたのでほっとひと安心。
熱も38、4度と高くはありません。

食欲などあるわけなくひたすら寝ていました。

午後9時45分
トイレに行きたがったので外へ。
おしっこと下痢。

午後10時過ぎ 水を少量飲んで様子を見たけど吐く気配がなし。
大丈夫とみなし薬4種類11錠を次々のどの奥に押し込み飲ませる。

午後11時 おしっこのみでこの日はおしまい。

最初の下痢は衝撃的な量でびっくり&ショックを受けました。
とは言え、どんなことがあったって大丈夫な心構えはできています。

もも太って偉いなぁと思ったのは、嘔吐したい時も外へ行きたいそぶりを見せること。

この日から居間のソファでは無く、犬ルームのもも太のバリケンを置いた場所をあけてお布団を敷きました。
そしたらこの場所、みんなに人気。
入れ換わり誰かがここで寝ています。

夜はさりーとすみれはハウスで、もも太はこのお布団で。

明日の朝までぐっすり寝てくれますように。



下の画像は1週間前にみんなで緑地へ行った時のです。

017_convert_20120618124018.jpg

舌がちょろっと出てますけど…。

018_convert_20120618124049.jpg

お尻の飾り毛が減ったけどこれはこれで可愛い(親ばか)♪

023_convert_20120618124119.jpg

目やにが出るようになってちょっと目の周りが荒れ気味。
おまけに少しタレ目ちゃんになったかも。

左右の腕に点滴時のバリカン痕。

024_convert_20120618124151.jpg

自慢の胸毛もすっきりしちゃったけどサマーカットですから(笑)。

036_convert_20120618124229.jpg

恒例の記念撮影。

038_convert_20120618124302.jpg

これまた恒例のダッシュ。

抗がん治療続行

なかなか今現在の様子まで行きつかないけど記録として残します。


食欲旺盛とはいかないまでも最低限度の食事はしています。

なんとか食が進むようにといろいろ手を変え品を変え工夫しているつもりです。

野菜は大好きだったのに野菜のペーストが嫌になったのはなぜだろう。

ペーストの中に夜には3種類、合計9錠の薬を混ぜていました。
どうもこれがいけなかったらしい。

フードボゥルに入っているものは何ひとつ疑うことなく秒殺で食べていた これまでのもも太ではありません。
一応選別なんぞをたしなむので鼻の感度は鍛えられています(苦笑)。

苦みのある薬をフンっとよけるようになりました。

このへんに原因がありそうです。

これまでは薬をよけながら食べていた。
けど食欲が落ちて嗜好にも変化が出始めてから避けてでも食べようと思わなくなった。

そんなこんなで野菜のペーストそのものに嫌悪感を持つようになった。

こんな流れがあるような気がします。

なんでもまず匂いを嗅いで食べようか…どうしようかと品定めするのです。
疑わせるようなことをしてごめんね。

こうなったら仕方ありません。
私が悪者になればいいんだと心を決めました(大袈裟)。

薬は2錠もしくは3錠、薬の大きさによってまとめて喉の奥に押し込むことにしました。

今までもほとんどこうしてきたけど吐き気がある今、この作業が心苦しかったけどそんなこと言ってられない。

ガシッとマズルをつかんで押し込んでいます。

こっそり出さないように飲み込むのを確認して完了。

薬問題はなんとかなるけど選り好みはどうにもこうにも…。

ワンちゃんの介護食というのを振りかけたら最初は食いつき良好。
今は微妙…。

某サプリメント会社のわんこ用ゼリーとかも最初だけ。

結局、アイスクリームを溶かしたのとかプリンとかパンとか。
昨日は豆パン完食。

誰かが来てくれるとテンションが上がって食べることも多いので
遊びにきてくれる人に食べさせてもらうこともたびたび。

お肉は避けていたけど根負け。少しならいいかと豚のハツをあげた。
喜んで食べた。

今からこんなんじゃ寛解した後、食に我がままになるかも(苦笑)。

6月6日(水)

こんな状態ではあったけど意を決して4回目の抗が治療に大学病院へ。

毎回血液検査をしてからの投与です。
問題があれば中止となります。

10時半の予約だけど待つこと必至。
受付をして動物病院の前庭を一週散歩し排せつを済ませます。
小雨が降り始めて人気のないテニスコートの脇を通った時、木の下に落ちているテニスボールを発見。
「いいものあったよ」って拾いあげ、周囲をささっと見回して転がしてあげた。
大喜びで小走りで持ってきて足元に落とす。
何度か繰り返してテニスボールはいただいて帰ってきました。

こんなことして待つこと40分、診察室に呼ばれる。
もも太を預ける時に私は待つかどうかの確認をされます。

今までも一旦家に戻っていてくださいと言われて家に戻りかけると呼び出されたりとか。
家に帰っても小一時間でお迎えに来てくださいとなったりとか。

結局時間つぶしに二往復しているようなものなら覚悟を決めて気長にが最良です。

待つこと1時間半。
研修医がやってきて説明してくれました。
白血球は5800とかなり回復していてもも太としては合格な数値。
なのでドキソルビシンを点滴で投与しますとのこと。

となるとさらに2時間近くかかります。

結局一度家に帰り終了の電話待ち。

今回も無事終了して帰ってきました。
前回のことがあるので薬の量は減らしたとのこと。


我が家は大学病院から近いので、こうして2往復もありです。
んが、地方から来ていたりするとそうはいかないですよね。

少しずつ顔なじみの飼い主さんもできてきましたが、
皆さん気長に待っています。

自分のことならこんなに待てないけど大事な家族のためだからっておっしゃいます。

皆さん、通院は半日、もしくは1日がかりと覚悟されているようです。
もちろん私もそうです。

6日以降は相変わらずのまだらな食欲です。
それでも嘔吐したり下痢したりは無く頑張れています。

若干軟便になっても下痢止めを飲むと本格的な下痢にはならずに済んでいます。

129_convert_20120618101621.jpg

191_convert_20120618101756.jpg

192_convert_20120618101842.jpg

204_convert_20120618101932.jpg

この日一番の笑顔♪

206_convert_20120618102008.jpg

207_convert_20120618102036.jpg

迷い悩むのです。

敗血症を克服したものの抗がん治療は1回休み。
食欲も旺盛になったのでたくさん食べて栄養つけてよう!
そして次の治療までに白血球数も回復させようと頑張りました。

メキメキ回復し、てこんなふうに走って、元気になったことを自ら確認していたかのようでした。
走れる喜びを全身で表現していました。



189_convert_20120614181119.jpg

190_convert_20120614181218.jpg

口の中にボールはないのが寂しいけど
いきなり頑張ったら体が驚いちゃうから少しずつね。

195_convert_20120614181343.jpg

197_convert_20120614181428.jpg

198_convert_20120614181519.jpg

199_convert_20120614181548.jpg

201_convert_20120614181625.jpg

表情も良く、目にも力が出て来ました。
ただ白くどろ~んとした目やにが気になります。

毛が抜け落ちているだけじゃなくて皮膚も赤みを帯びて痒そうです。

この後5月30日(水)に3回目の抗がん治療を行いました。

この日はビンクリスチンという抗がん剤でした。

旺盛な食欲が抗がん剤を投与した翌日からガタっと落ちました。
またどんよりと辛そうです。

6月1日(金)大学病院へ。
万が一に備えて早めの対応をお願いしました。
制吐剤を注射してもらって帰ってきたら食欲は戻りました。


敗血症を起こして以来考えていたのは「抗がん治療」そのものを引き続き行うかどうかでした。

次の4回目にあたる6月6日(水)に控えているのは最初と同じ強い抗がん剤です。

また同じような副作用が出たりしたら…
無駄に体力を消耗し辛い思いをさせるだけなんじゃないだろうかと思ったのです。
そうだとしたら本末転倒だと。
食欲もなく辛く苦しい毎日を重ねることがもも太にとって幸せだとは思えなかったから。

ぱぱちゃんと週末中何度も結論に至らないままこの話をしていました。
主治医の先生に相談しようか…って言っていたら思いが通じたのでしょう。
主治医の先生からその後どうですか?って電話をいただいきました。

私達夫婦が思っていることを聞いていただきました。

そして次回もう一度抗がん剤を投与してその時の副作用によって先のことを決めようと決めました。


もも太が自分で積極的な治療を希望しているわけじゃないのです。

シニア期に入ったとはいえまだ若く、体力のある子だから抗がん治療にきっと耐えられるはず。

寛解の状態になればそこから年単位で再発することなく元気な子も少なくないようです。
今は少し辛いけど12回の抗がん治療を乗り越えて、また一緒に旅行したり楽しみたいね。
こう思うのは私達であってもも太はどうなのだろう。

さりーとすみれが散歩に行くのを家でじっと待ち、自分は庭で日向ぼっこだけとか、
一緒に運動に来ても姉妹のように「あはは~~~!」とか「うふふ~~~♪」とか
走れないわが身をどう思っているのかな。

どの選択が正解かなんてわからないけど
もも太も私達夫婦も、そして一部始終を見て理解しているであろうさりーとすみれも、
それぞれに懸命に頑張っています。

いつも応援してくださったり、励ましてくださったり、
見守ってくださっている皆さんには心から感謝します。
ありがとうございます。



…食欲が落ちて「いらない」ってぷいっと横向かれるとどうしても弱気になります。

あっ、まったく食べないわけではありません。
今日もフードを150グラム、豚ハツの湯がいたのを何個かは食べました。

だけどかぼちゃもサツマイモも大好きなのにいらないんだそうです。
今夜は何を食べるかな。
あの手、この手で食べてもらいたいけど無理は禁物かなぁ。

手作り食にしたいけどこうも選り好みされると難しいです。
結局いつものフードがいいとか言うんだもの。

いつものダッシュ


位置について  よ~~~い…

113_convert_20120612181106.jpg

ドン!! あれっ?さりー フライング?

117_convert_20120612181152.jpg

仕切り直して もう一度。

118_convert_20120612181239.jpg

よ~~~い ドン!! 今度は綺麗に揃ったスタート。

119_convert_20120612181322.jpg

みんな一斉にこちらへ向かってくると結構迫力があったりします。

120_convert_20120612181417.jpg

みんな揃ってゴール。 はい、おやつねっ。

みんな一緒の運動を兼ねたお散歩。

もも太は無理しないようにと途中でリードをつけます。
その間 姉妹は好き放題。
もも太も参加したがるかなと思ったけど、程よく疲れているようで姉妹が走り回っているのを眺めています。

最初の頃は無理しすぎないかと、走る姉妹を羨ましがらないかと心配しました。

なので姉妹の自由運動中は車に戻したりしていたけど、
車で1人留守番してるほうが不自然だと気付きました。

ただし、ボール遊びはこの場合はご法度です。
ボールが出ちゃったらじっとしていられないもんね。

みんな揃ってお出かけしたのはなんと20日ぶりでした。

あまり神経質になりすぎないほうが、個々の精神衛生上よろしいかしらん…
こう思うようになれたのはこの頃でした。
     
プロフィール

tamami

Author:tamami
米ゴルさんぺい&英ゴルもえと楽しい日々を送っていました。

2004年秋・冬と立て続けに2頭を亡くし悲しみにくれたこともありました。

そして昨年5月にリンパ腫で1年間闘病したもも太を亡くしました。

今は英国系ゴールデンの姉妹と先代達を思いながら毎日を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。