スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さりーとすみれ

今日はさりーの外耳炎のその後とすみれの病院慣らしの健康診断に出かけました。

診察室に入るるやさりーは診察台に上ります。
決して病院好きな訳じゃないけど心得ています。
外耳炎とはいっても今回のはなんと大腸菌なんかが出ちゃって?でした。
なぜに耳から大腸菌?って感じ。
ま、大したことなく済んだので一安心。

すみれに至っては4カ月半ぶり4回目の病院。
診察台で腰引けちゃうありさま。
病院慣れするのもどうかと思うけど私は何されるんですか?って不信感がありあり。
先生が聴診器をつけようとしただけできょどってました。
で、今のところ肘関節も股関節も健全に形成されているようだし心音にも異常なさそうだし健康体と言ってもらえました。

体重は23,2キロ。そんなに多い訳じゃないけどぽちゃぽちゃしてるねって笑われちゃった。

017_convert_20091031213556.jpg

暇さえあればどこでももも&さりー相手にガウガウしかけたりし走ってるけどまだまだお子ちゃま体型です。
それにしてもすみれすごい顔だこと。


で何事もなかったように笑顔でお喋り。
「ねぇ~ねぇ~私強くなったよね~~」
「うん、でもまだまだね~~」
なんて話してる訳ないけどね。

この2人、タッグを組んでもも太に襲いかかることもあります。
もも太はやられっぱなし、ホント女子は強しです。


今日は病院の帰りにアリエル君のお宅にアポ無し訪問しちゃいました。
さりーとすみれもお邪魔しました。
9か月の米ゴル男子アリエル君、体は大きく32キロくらいとか。
なのに気持ちはまだまだお子ちゃま。
ますます同じ頃のもも太にそっくりになってて
「まるでもも太だぁ~~」ってぱぱちゃんと笑い転げちゃいました。

さりーは一応年上なのでアリエル君の遊ぼ~がエキサイトしてくるとガウって叱ったりしていました。
が、アリエル君そんなんじゃへこたれません。その姿が可愛くて可愛くて。
ドドドッ~~っと目の前を通り過ぎて庭とおうちと往復。
家では強いすみれもアリエル君の元気さ加減に及び腰、あ~情けない。

そんなお祭り状態のところに病院から長老の風格たっぷりにすばるさんが帰ってきました。
凛としたたたずまいに男子たるもののプライドを感じるすばるさん。
そのすばるさん帰ってみるとゴル女子2人組が突然現れてぎょっとしたでしょうね。
病院から帰ってゆっくり休みたしょうにね。
気がつくとすみれがすばるさんの後をついて庭にいたりして。
すばるさんやれやれって思いながら付き合ってくれたんでしょうね。

すばるの相棒さん、突撃訪問にもかかわらず歓迎してくださってありがとうございました。
おかげさまでとても楽しませていただきました。
また一緒に遊ばせてくださいね。

今日のもも太、さりーが単独で病院なんて時にはしょっちゅう留守番してくれてました。
が・・・さりー&すみれがお出かけで1人留守番なんて始めて。
きっと今までで一番ショッキングな出来事だったんじゃないのかな。
僕1人が留守番なんて・・・・・ありえないって思ったかも。
しかも帰ってきたらみんなどこかのワンコの匂いたっぷりつけて帰ってくるし。
一体僕1人置いてどこで遊んできたんだぁ~~って思ったかもね、ごめんね~。



スポンサーサイト

すみれです♪

最近登場していなかったすみれです。
今日も寒かったけど元気に訓練してきました。

すみれねぇ、「待て」って言われたら動かないでじっと出来るの。
お母さんがずっと遠くまで行っても待てるんだよ。
走って行っちゃっても待てるの。
でね、偉いね~~っていっつも褒められてたの。
なのにね、今日は違っちゃったんだ・・・。
一生懸命待ってたのにね、先生ったらね、メロンのボールやいろんなボールを私の前に転がすんだよ。
おまけに「よぉ~し♪」なんて言いながら私の前を走ったりするの。
すみれね、ボールが欲しくて動いちゃったんだ。
そしたらお母さんリードグィッて引くんだよ。
いつもすみれのこと可愛い♪って言ってくれる先生に近づこうとしてもグイッてするの。
最初なんでかわからなかったんだ~、でもね、「待て」って言われてたこと思いだしたの。
「待て」っていろんな楽しそうなことがあっても動いちゃいけないんだってわかったの。
だからメロンのボールが近くに転がって来ても見ないようにしてじっとしてたんだ。
そしたらね、すご~~く褒められちゃったの♪
な~んだ簡単じゃ~ん。
その後メロンのボール投げてもらってご機嫌になっちゃった。

でね、その後また例のダンベルってのを咥えさせられちゃったの。
昨日も庭で練習してたし今日は上手になったって褒められちゃった。
そこで先生とお母さん何やら話しこんでたのよ。
なんかね、来週あたりきっちり強制しようかとかなんとか・・・。
強制ってなんだろう怖いのかなぁ?
でも笑いながら話してたしどってことないよね。

はい!すみれたん、来週の強制はあなたにとっては初めてのことだけど怖くも何ともありません。
楽しくダンベル咥えてるけどもっとまじめに義務感を持って咥えて保持できるようにするだけです。
無駄な抵抗さえしなければさっさと済みますのでちょっと頑張ってみてくださいね。

ゆとり教育が功を奏してか、多少のことでめげないすみれに育ちました。
なので今はなんでも素直に吸収してくれるしちょっとくらいのプレッシャーにもエヘヘって感じで暗くなったり凹んだりもしません。

こうして遊びの延長から少しずつ本格的な訓練に移行してきている今日この頃です。
本人的には多少求められてることのレベルが上がって来てても全然OKなようです。
褒められて嬉しい♪この気持ちを大切にしながら少しずつレベルアップしていこうと思っています。

すみれの訓練に関しては順番無視でやっています。
伏せと座れのスピードアップのために立止はまだ教えていません。
そのかわり普通に歩いている時に「伏せ」のコマンドだしたりなんかして行進中の作業を意識しています。

脚側に関してはまだまだ飛んでみたりしてるけど少し前に出るくらいを保ちつつ180度ターンなんかを入れたりしています。
今のところは元気ハツラツとした動作で良い感じです。



真面目な顔してるけどこの後優ちゃんのレッスンに乱入して叱られました。
まだまだ待ては完璧ではないすみれたんなのでした。

あれからもう5年。

2004年の10月30日はこの時期にしては暖かく穏やかな土曜日でした。

この日の午前中は久しぶりにぺい&もえは病院へ行きました。
9才のさんぺいは9才なりに元気ですって健康診断の結果をいただきました。
たまぁ~に咳をすることがあったのでそれが気になったので、胸部レントゲンを撮って診ていただきました。
特に問題なしということで漢方薬を処方してもらいました。
診察後先生におやつをいただき甘えて満足してぺい&もえ病院を後にしました。

ちょうどお昼の時間だったので豊平川の河川敷近くのスープカレー屋さんで私達はお昼ご飯。

その後豊平川の河川敷で二人と2頭でのんびり散歩しました。
久し振りに大好きなコングを投げて走ってでおやつも食べて大満足で帰ってきたはずでした。
走った後だったので車まで戻ったら車に乗せてくれって足かけてお尻を押してくれるのを待ってました。
股関節形成不全だったのでこの頃には走って遊んだ後は自力で車に乗れないことはままあったのでいつものことと思っていました。
豊平川を後にしたのは2時半頃だったでしょうか。
途中でぱぱちゃんがバックミラーごしにさんぺいが珍しく伏せて無く座っているって言いました。
さんぺい、伏せだよ~なんて呑気に声かけました。

車の中でさんぺいがぱぱちゃんと楽しそうにアジリティする姿を見ているのが好きだったな~なんて話してました。
なんでそんな話をしたのか覚えていないけど。

帰り道で買い物に寄ったりして家についたのが4時近く。
家に着いてケージを開けたらぐったりしていました。
ぱぱちゃんいわく、目が尋常じゃなかったと・・・。

慌てて最寄の動物病院へ駆け込み2時間ほど酸素吸入したり心電図とったりと様子をみたのですがどんどん血圧が下がっていきました。
途中で吐いたらもう6時近くだったというのに朝のフードが未消化でした。
絶対安静以外ないとのことだったので酸素ボンベをお借りして帰宅することになりました。
診察台から抱いて下ろそうとしたら自力で歩こうとしたけど立てませんでした。
帰宅後はずっと酸素吸入してもうろうとしていました。

夕食後もずっと様子に変わりありません。
酸素吸入しているし安静にしていなくちゃってことでもえもハウスに入れてとにかく静かにしていました。


午後11時40分頃首をあげたので側へ駆け寄って声をかけたけど
その直後持ち上げた首がかくんと落ちて息を引き取りました。
少しも手を煩わせることの無いさんぺいらしい最後でした。

さんぺいを通してたくさんのことを学びました。
たくさんの笑いと幸せももたらしてくれました。
多くの人と犬達との輪も広がりました。
そのことに今はただただ感謝するばかりです。

悲しみに暮れ、喪失感でいっぱいになった日々から5年の月日が流れました。
いつかまた会える日がきっと来ると思うとそれも楽しみです。

未だに遺骨は自宅のリビングに置いています。
時折りどうしたものかと話すことがあるのだけど、この先も長くここにいてもらうのも良いんじゃないかと思う私達なのでした。

RIMG0030_convert_20091030103948.jpg

もう少し待てばさんぺいの大好きな雪の季節になったのにね。
4日前の初雪の朝、おぉ、今年も降ったかぁってニコニコしながら雪の感触を確かめてたね。
この時撮った携帯画像がまさか最後の写真になるなんて思いもしなかったな。



ハロウィンってことで。

こんなもの咥えさせられちゃった
ぼくの顔より大きいけど軽いから楽勝!

012_convert_20091029204309.jpg 013_convert_20091029204423.jpg

期間限定でしか付けられないこんな首輪も付けています

この首輪もう12年も前のものです。
ぱぱちゃんが研修旅行でアメリカへいった時におみやげに買ってきてくれたもの。
ガイドブックに出ていたペットショップに行って来てもらったのですが、
お店の人ったらたくさん買い物する日本人に興味津々だったんだとか。
どうやってウチの店を知ったんだ?とか質問されたらしい。

ハロウィンのコスプレしてこのバケツ咥えて「トリック ァ トリート」って練り歩いたら
バケツの中に誰かオヤツいれてくれるかな?

って言ったって、ハロウィンってイマイチぴんとこないなぁ。
まっ、せいぜいかぼちゃのプリンでも食べましょうか


この後もも太と選別して、次々と皆さんにかぼちゃ咥えてもらって記念撮影しよと思ったのにぃ・・・。
もも太の選別が終わらないってか終えられなくなっちゃいました。

昨日も真っ暗になっても止められなくなったんです。

昨日の有り様・・・。
もも太が壊れたかぁ?
どんどん自信を失いついには選別台まで行って立ち尽くす有り様。
そして人の顔をうかがっています。
何か言うのを待っています。
知らん顔して表情も変えずこちらもじっと立っていました。
もも太どうするのかと傍観。
私が根負け。「来い」と呼びました。

私が本臭に軽く匂いをつけて混合臭にするとなんとか持ってこれます。
もしや・・・これがわんこ先生が言ってたところの匂いに問題ありなのかしらん。
匂いの付き方がまだらなのではなくて布に残る漂白剤の微妙な匂いが刺激臭となっているのかも。

選別布を洗う時の洗剤や漂白剤のかすかな残臭を嫌う場合があるとのことです。
どうやらもも太この匂いを嫌っている模様。
全然気にしない子もいるらしいのにこういうところに敏感で困ったちゃんです。
今日はもういいわって真っ暗になったので終了。
選別は成功して終わるっていうセオリーなんかは無視。
日没終了で後味悪いことったらありません。

こんなんだったので今日はどうだろうと思ってはいました。
昨日と同じ刺激臭かと思われる布で今日も練習。
案の定今日もダメダメで始まりました。
今日も本臭に反応するのに持来できない。
私の匂いをうけからつけた混合臭で成功させた。
昨日のこともあったので褒めまくりました。
もも太、超喜びぃ~~になるまで褒めちぎりました。
そしたらそれ以降なんとか近くからなら正解できた。
少しずつ距離を伸ばしてみると・・・また振り返ってお伺いを立てるもも太。
う~~~む・・・今日も長期戦の予感。

以前なら自信の無い時は正解を咥えた途端に「よしっ!」って声かけてたけど今日は無し。
私のところに持ち帰ってくるまで声かけなし。
それでも怖々持ち帰ってきた。
そこでまたまた大げさに褒めまくり。
びょんびょん飛びつくのもなんでもありで褒めちぎりました。

もも太、なんとか自信を取り戻したみたい。
で今日は成功して終わりました。
その後おやつにボール遊びにとひとしきり遊んでおしまい。

そんなことしてたらまた日が暮れて来ました。
なのでハロウィンバケツ写真はさりーとすみれまで写せなかったのでした。

その後さりーは移行臭ではなく直付けの匂いで選別。
さくさくっと成功して終わりたかったけど欲を出して回数多めに練習。
3回目で失敗したのでその後4回連続して正解させたかったの。
1回の不正解以降はちゃんと4回連続正解したので時間にしたら15分ほどで終了。
ボール遊びしておしまい。

すみれは道路で「あとへ」の練習。ダンベルで「咥えて」の練習。
その後ダンベル投げて遊びました。
すみれちゃんとダンベルの真ん中咥えて持ってきます。
引っ張りっこもう~う~声出しながらしっかりできます。
ダンベルに抵抗はないみたいで昨日よりずっと咥えてがスムーズになった。
カミカミしないで咥えています。
噛みはそんなに強くはないけどブラブラさせたりしないできちんと保持できればいいかな。
遊びながら持来を教えると口の中でカミカミして遊んじゃったりすることもあるけど
今のところその様子はないのでこのまま持来を教えよう。
時間かかってもいいか~。
強制持来って短期間でしっかり教える方法もあるけど強制はしない方向です。
ってかもも&さりも強制で教えていないんだった。

なんやかんやで庭に2時間以上いたらもう夕方。
交代で外に出ていたのでその待ち時間に骨を噛んでてもらいまいした。
なので私も外出た~いってわんわんすることもなし。
当分お庭で個別レッスンする時には骨噛んででもらいましょうか。

それぞれに頭を使ったおかげかみんな今夜も爆睡中。
日没がドンドン早くなってきてあっと言う間に夜になるこれからの季節。
一日が短く感じます。

さりー検査しちゃった。

お腹空いてるのにご飯もくれないまま車に乗せられちゃった。
私1人のお出かけってだいたい病院なのよね・・・。

甲状腺機能低下症と診断されてT4はこの先もずっと飲むことになったさりー。
血液検査ではALKPの数値が高いんです。
基準値47~254だというのに320もあるの。
肝機能を一度診てみましょうってことで朝ごはん抜きでエコー検査をしました。

検査結果はというと。
肝臓・胆嚢・脾臓・腎臓・膀胱とエコーで診てもらいました。
先生がエコー見ながら説明してくれました。
まぁ、見事にきれい、きれい。
どこにもなんにもありませんでした。

なので皮膚の様子も落ち着いているし、肝機能も問題ないしってことでT4だけ飲み続けるだけで良いことに。
今フードはヒルズのダック&ポテトにアレルギー反応の出ていないお魚・お肉・野菜をトッピングしています。
ウチのフリーザーには馬肉・羊肉・マグロのかまがストックされています。
美味しく食べて健康に過ごしましょう。

ちなみに体重は25、4キロ。
ちょっとぽちゃっとしてるけどこのくらいを維持しようね。



尻尾始め飾り毛も少しずつ伸び始めています。
皮膚の色も少しずつ戻ってきますように。

余談その1
最後に病院へ行ったのが6月10日のすみれ。
健康そのものなのは良いけれどあまりに病院知らずもどうかということで今週末軽く健康診断します。
きっとちょいぽちゃって言われるだろうな~。
まっ、遊びに行くようなものです。

余談その2
ネットで1キロ1,000円で購入したマグロのかまですが、これまたネットでレシピを検索。
私達もいただいてみることにしました。
塩コショウしてバジル、ローズマリーを振りかけてオリーブオイルもたっぷりかけ30分放置。
1回目はトマトとじゃがいも2回目はかぼちゃとエリンギと一緒にオーブンで焼きました。
で、バルサミコを煮詰めてソースにしました。
ぱぱちゃんはコショウだけでOKと言います。
1回目より2回目が美味しくできたかな。なんとも美味しいのです。

もも&さり・すみれに私達、みんな大満足のマグロのかまだったのでした。

なんだかなぁな出来事。

この焦ったようなびっくり顔は2007年7月18日撮影のものです。
もも太のお里のブリーダーさんが小樽市で開催されたのドッグショーに千葉県から遠征してきたときのもの。
後ろに回って匂いを嗅いでいるのは同じお母さんから生まれた妹のドレミちゃん。
ドッグショー会場の人混みと大勢の犬の中で完全に雰囲気に飲まれたもも太。
そんな時に匂いを嗅がれてさらに焦ったもも太のびっくり顔
情けないことこの上ないのですが、ビビリなもも太らしい表情です。
この後すぐに自分を取り戻したものの、これってないよね~。



この2年以上も前の画像を引っ張り出してきたのには訳があります。

それは今日の訓練のときのことでした。
前回同様今日も犬の散歩が多いことで有名な公園で訓練をしました。
目的は環境や誘惑に負けない精神力養成。
一緒に訓練しているれいちゃんの訓練中、もも太は環境に慣らすため待機です。
軽くコマンドを出したりした後「伏せ」でなごんでいた時でした。

そこへ中年のご夫婦がケージを抱いてやってきました。
で、なんとケージをおくやいなやそこからポメラニアン2頭を出したのです。
その2頭キャンキャン喧嘩上等な吠え方をしながら全力疾走してきました。
それにはれいちゃんともも太はもちろんのこと私達もびっくり仰天。
きっとこの時のもも太も↑と同じ顔になってたんだと思います。
動き回るポメラニアン2頭の動きの方を見ていたのでもも太の顔まで見ていませんが。

相手は小さなポメラニアンです。
こちらはラブとゴールデンです。大きさが違いすぎます。
吠えかかられて驚いた拍子になにかあったら大変と、とっさにそれぞれの飼い主が犬を押えました。

それでも近くを2頭で吠えながら走り回っていました。
そんな様子に飼い主ご夫婦なんにもしません。
やっと「おいで~~~」とか言うもののそういう飼い主さんの犬に限って呼び戻しなんて効く訳がありません。

わんこ先生が「すみませんが訓練中ですので近寄らせないでもらえませんか」と言ってくれました。
無言のまま抱き上げて離れて行ってくれました。
れいちゃんももも太も制止が効いたので声ひとつあげませんでした。
でもびっくりしたよね、嫌な思いしたけど偉かったよね。
あ~なると無視してやりすごすどころじゃないもんね。
なんたって相手はけんか腰で突進してきているんだから。

かなり遠ざかったので一安心・・・と思ったらまた吠えながら全力疾走してきました。
さすがに無抵抗とは言えこちらは大型犬、なにかあったらヤバイくらい思ったのかな?
近寄るも少し距離を置いて様子をうかがっていました。
そして他にも近くに犬がいることに気づいたようで、その勢いのままダックスちゃんのところへ行きました。
その飼い主さんもダックスちゃんを抱き上げ離れていきました。
さらにはウォーキング中の男性の足元へ吠えたまま走り寄っていました。
男性もよけながら走り去って何事も起きなかったのですが。

その間も離れた場所から「おいで~~」と叫ぶだけの飼い主さん。
呼んだって戻らないのだからせめて連れ戻しに来るべき。
ややしばらく2頭は広範囲を自由に走り回っていました。
あのポメラニアン2頭は自由を謳歌したうえよい運動になったでしょうね。
やっと飼い主さんが捕まえてケージに入れて帰って行きました。

ケージに入れて連れ歩くなんてリード付けて歩くことも教えていないんだろうな。
「おいで」なんて教えてもいないんだろうな。
公園まで連れてきて思いっきり走らせたらそれでいいんだろうな。
こういう飼い主さんに限ってウチの子は大丈夫なんて根拠のない自信があるのでしょうねぇ。
いつどこでお互い喧嘩上等の犬に出くわして大喧嘩に発展するかもしれないのに。
犬が苦手な人に出会ってトラブルになるかもしれないのに。
こんな状況で怪我なんかしたらどうするんでしょうね、相手の犬や人のせいにするのかな。
危害を与えてもウチの子は小さくて可愛いのにと平然としているのかな。

可愛い我が子が怪我なく安全で楽しくお散歩するには犬の大小にかかわらず最低限のしつけって必要だと思います。
ノーリードにするなら最低「おいで」くらい教えておかないとどんな事故につながるかしれたものじゃありません。
いくら犬の散歩が多いといってもドッグランじゃないのだから好き勝手は許しちゃいけないと思うのですが。

れいちゃんママさんは似たようなことがあった時に相手の飼い主さんから「蹴ってください」って言われたことがあるそうです。
はぁっ???なぜ人任せにするのでしょうね。

・・・と今日の私は久しぶりに怒ってしまいました。
何事もなくてよかったよかったと思うことで怒りはおさまりましたけど。
こんなことが繰り返されて公園に犬立ち入り禁止の看板が立ったりしないといいけど。

そんなことがあった後なのでもも太がびっくり状態から落ち着きを取り戻すのを待って選別。
いつのまにか周囲にギャラリーが集まっていました。
正解すると拍手してくれたおじさんありがとうです。
にこにこ見守ってくれた他の皆さんもありがとうです。
ここで訓練するときは不意に何が起きるかわからないので常にリードを付けて緊張感を持ってになります。
通常の訓練にここを利用するのはNGだけどいろんな環境で誘惑になることもてんこ盛りの中で訓練したいって時には案外最適かもしれません。

ふいに犬が寄ってくるのもある意味いい誘惑です。
が・・・けんか腰だけはいただけません。

ノーリード禁止の公園でさえこんな有り様。
ドッグランでこんな犬に出くわしたら・・・と思うと怖いです。

過去にもこんな経験を何度となくしているので犬好きな私だけど
知らないわんこは怖いと思うことにしています。

ベテラン訓練士さんが以前「僕、始めての犬は怖いんです」と言っていたのを聞いたことがあります。
そう思って他所の犬に接っするくらいがちょうどいいのかもしれません、ちょっと悲しいけど。

レッグウォーマーも見つけた!

もも太の肘だこはその後快方に向かっています。
が、バンテージはずれちゃったりするのでレッグウォーマーがあるといいなって思っていました。
某犬用品サイトでは1,800円もするのでどうしようかと考え中だったのも「し○むら」で解決!
こんなに可愛いマルチストライプのレッグウォーマーを発見。
こちらは子供用のもの。しかも280円と激安。

もも太似合うよん♪
008_convert_20091025112339.jpg

こちらは洗い替えように2組お買い上げ。


こんなに買って大荷物でレジに向かってもお財布に優しいって素敵!

ホヌ柄マット

ハワイではホヌ(海ガメ)は幸福のシンボルなんだそう。
今年の夏にはあちこちでこのホヌ柄プリント見かけていました。

そろそろ犬達に秋冬のハウス用マットが欲しいなぁと思っていたところ。
「し○むら」の新聞広告にこれが載ってたのを発見!
なんと1枚380円。
これは買いにいくしかないでしょ~~ってことで初体験しに行くことに。
ついに「し○むら」デビューを果たしました。
私もこれで立派な「し○むらーぜ」♪
90センチ角の大きさでこのお値段は絶対お買い得。
洗い替えも買えばよかった。

005_convert_20091025104321.jpg

もも・さり・すみれ、このホヌ柄マットでおやすみして幸せな夢を見てね。

こちらはホヌ柄のドーナツクッションとケーキ(?)のようなクッション。
どれも680円なり。
ぬいぐるみ系のおもちゃは中綿を出して遊ぶものと決めてる彼らには高価なものはいらないの。
なのでこんなクッションで遊んでね。
あっと言うまにケーキのいちごの葉っぱがとれました。
みんなで引っ張りっこするんだもん耐久性なんていってられません。

009_convert_20091025112436.jpg 010_convert_20091025112614.jpg

思いの他丈夫で長持ちでよかった。

JKC北海道ブロック訓練競技会 さりー編

もも太の逃走劇で気が抜けた私。
さりーはアマチュアCD2C班で12番目。
まだまだ時間あるしってダラダラ休憩。
ふとリンクを見ると7番目の犬がもう競技しているではありませんか。
なんか進行早いなぁなんて思いながら車の前のプロの競技を見学。

さてとぉ、ゼッケンでも付けてそろそろさりーを車から出そうかなんてのんびりモード。
ここでふつうなら軽く練習なんかするんだけどさりーは体力温存でいいかなと何もしませんでした。
排泄を済ませリンクサイドで待機中は朝ごはん抜きでお腹を空かせているのでレバーのおやつをチビチビ食べたりなんかしてました。
ぱぱちゃんのこともあまり気にならないさりーなのでぱぱちゃんも同行。
わんこ先生に甘えたりもしてご機嫌な様子。

さりーのリンクは左が通路になっていて絶えず人通りがあります。
気にならなければいいな~くらいであまり心配もしていません。
それにしても後ろにギャラリー多いな~ってな感じです。

いよいよさりーの番です。
肩をぽんと叩いて行くよ~!って声かけたら勢いよく飛び出しました。
審査員さんに申告を済ませいよいよ開始。

スタートラインに座らせて少しお尻の位置が離れてたので「あとへ」と言った。
どかんと飛びながら修正かけてきた

紐付き脚側行進
「あとへ」で歩き出すと反応良く歩き出しました。
最初のコーナーを曲がって少ししたらさりーにしては珍しく匂いを嗅ぎだしちゃった
あらら・・・なんて思いつつ無視して歩いちゃったら顔があがったのでほっとしました。
遅れることなくターンも出来た。
ターン後遅れることもなくスタート地点に戻ったかな。

紐なし脚側行進
紐付きのときより良かった。

今回気をつけたこと。
さりーはコの字のラインを踏むのが嫌いです。
私がラインを踏むように歩きました。
復路の速歩はラインから少し大き目に。

招呼
「来い」で反応はよかったけど遅かったなぁ。
そのぶんきれいに正面停座。
「あとへ」で脚側位置につけて指示後スタート地点に戻る時の脚側がきれいでした。

伏せ OK
立止 OK
行進中の伏臥 
私的には完璧♪と思ったので振り返ることもなく10メートル先まで歩いて振り返ったのでした。
しっかり伏せてました。
戻る時に少し周囲の匂いを嗅いでたのがいただけなかったけど・・・。
行進中の作業の時は5メートル地点にラインが引いてあります。
このラインにしっかり前足が揃っているのが理想です。
さりーの前足の位置、素晴らしかったです!
ラインの5センチ前くらいにありました。
コマンドのタイミングが良かったんだと嬉しくなりました。
これはリンク内にいる私と審査員さんにしかわからないこと。

行進中の停座
さりーがまたも先読みしてちょっと手前で減速したのがわかったのですかさず「座れ」
まぁ、よしとしましょうか。

選択課目
据座 時々後ろのギャラリーを気にして顔が動いたけどOK。
遠隔停座から伏臥
勢いよく伏せたのでOK。
咥えて歩く
「くわえて」でぱくっと咥えた。
「あとへ」の反応もよく10メートルきれいな脚側。回れ右して停座も膨らむことなくOK。
「出して」でダンベルを受け取り「あとへ」でスタート地点へ戻る脚側もOK.

審査員さんの「はい、リード付けてください」で終了。
この審査員さん「お疲れさまでした」だけで何の講評もありませんでした。

今回課目間の褒めは4本の足が全部動くように褒めることとアドバイスをもらってました。
気にかけてきれいに脚側停座していても1回ずつ動かして褒めました。
後でビデオ見たらもっと褒めて気持ちよくさせてあげてもよかったかな。

細かいことを言えばきりがないけどさりー頑張ったと思います。

前回96,4点だったので今回の目標は97点と思っていました。
目標達成できたかな~とわんこ先生と話してました。
が結果は96,7点。う~~~ん、厳しい採点でした。
しかしなんとさりーたん5席で初の入賞となりました。

全ての競技終了後表彰がありました。
名前を呼ばれて並んでみると私達以外は競技会のベテランペアばかり。
理事長賞受賞経験のあるわんこや指導手さんばかり。
なんか場違いなんて気遅れしちゃいましたが5席の緑のリボンをいただきました。



うちに帰ってリボンを咥えて記念撮影。
えへへ~こんなのもらっちゃった

今年3回の競技会参加で7点・5点・7点と合計19点のポイントを獲得しました。
来年まで競技会はお休みだけどぼちぼちさぼらず頑張ってまた来年チャレンジします。

さりーは環境の変化をさほど気にしないタイプだけどかしこまらずに元気印で本番に臨めるようになりたいなぁ。


こんなもも&さりと関係無しに同行したすみれは会場内のお散歩を楽しんだり始めて会う犬にご挨拶させていただいたりと楽しんでました。
最後に6カ月の米ゴルちゃんとご挨拶させてもらいました。
この2頭、気があったようで挨拶もそこそこに遊び始めました。
ここがドッグランだったらねぇ、どんなにか楽しかったでしょうにね。
この子も訓練を始めているとのことなので来年一緒にデビューできるといいね。

JKC北海道ブロック訓練競技会もも太編

台風で前日まで雨風強くどうなることかと心配された10月12日(月)なこの日。
起床午前4時、雨だけは回避できました。が寒い!!
冬使用の暖か下着とかフリースとか雨に備えてのパーカーとか風邪あがりの私は着るもののことが何より心配でした

恵庭市の競技会会場に到着したのが7時。なんと霜がおりているではありませんか、寒い!

到着後しばらくすると我がわんこ先生から通行止めで引き返しているため到着遅れますとのメール。

受付を済ませてリンクをみに行きました。
するとなんと、もも太のアマチュアCD2A班は同じくアマチュアCD1と同じリンク。
ってことはネットで囲まれたリンクです。
アマチュアCD1って競技会デビューの犬が多く一番逃走とかの可能性が高いのでいつもネットで囲まれているんです。

きゃ~~ラッキー♪これならもも太も逃げようがないじゃ~~んと喜んでしまった。
始めて競技会に参加した時のことじゃった(遠い目、って言ったって去年の5月のことだけど)
デビューからCD2でポイントもらうぞ~~って勇んで出陳しました。
なのに、まさかまさかの真後ろで見ていた知人めがけて走り寄っちゃったのでした。
それが私のトラウマになってます。

それ以来逃走、脱走の心配をしながらの競技会参加となりました。
ただし、それ以降逃走の類はなかったし今年の2回の競技会では落ち着いていました。
特に前回は内容的には良かったのでもう逃走の恐れなしと確信していました。

これまで出陳前は多少ソワソワしている時に一喝したりしていました。
それが落ち着きを取り戻したのはあったのでしょう。
けど前回審査員の先生にも講評で言われたのだけどテンション押さえすぎたのか脚側が全て遅れました。普段じゃあり得ないのに。

そんなこんなを短い時間にあれこれ考えた挙句今回私のとった作戦は・・・。
ネットで囲まれているからとおちゃ~~んと逃走はしないだろう。(前日ぱぱちゃんに後ろに立ってもらって軽い練習した時も大丈夫だった)
場所の不安は早めにリンクの側へ行って慣しつつ、テンション押さえすぎないように盛り上げようと決めました。
で意気揚々とした元気な脚側行進でがっつり決めようと思ったのでした。

出陳番号は4番目。
競技開始とともにリンク側に待機。
ぱぱちゃんには8時半頃だからこっそりビデオ撮影お願いねって言って別れました。

ただひとつ不安の種だったのはわんこ先生と愛犬がもも太と同じ4番目の出陳だったこと。
今まで近い番号だったことはあったけれど今回はまるで同時に競技となったこと。
どんなに離れていてももも太、それに気づくだろうなと思ってました。
リンクが離れていたので少し安心はしてたんだけど。
もしや、そんなんでもも太落ち着かなかったらどうしようとは思ってました。
過去に知人の優秀なわんこまでもが訓練所の所長さんめがけて走り寄ったと聞いたことがあったしなにが起こるかわからないな~と漠然と不安ではありました。
ただし、何よりもも太リンクはネットで囲まれているって安心してたのでした。

で、いよいよもも太と私の番。
申告してスタートラインに立って???もも太、心ここにあらずだとは感じた。
なんだか嫌な予感・・・・・・・・・。

ソワソワしているもも太の脇腹をぽ~んと叩いてさぁ行くわよん♪と励ましました。
審査員のどうぞって合図。
いつもより少し強めに「あとへ!」歩きだしたもののなんだか変。
コーナーで「あとっ!」と声かけ。
それでも変。
なんとかだましだまし折り返し点まで来た。
「来い!」って声かけて速歩(駆け足)になってコーナーでぶつかりそうになった。
その後ど~んと私の前に出ちゃってぶつかった。
いつもならぶつかると慎重な足取りになるのに相変わらず心ここにあらず。
やっとスタート地点に戻ってきたってかんじ。

見かねた審査員さんが「落ち着いていないようだから練習と同じように声かけて良いんですよ」
「こちらはその都度減点するだけですから」と優しく言ってくれました。
「はいっ」って苦笑しつつ答えて「行くよ」~!って脇腹をポンって叩いた。
そうそうって笑って審査員さんは言ってくれた。

で嫌な予感がしながらもリードを離した。

もも太、直後に入り口から逃走。
すぐに捕まえてリンクに戻した私。
本当はここでガツンとショック入れて目を覚まさせたかった。
でも審査員の前でこれってないよな・・・と思いなおしつつ控え目にツンツンっと。
が・・・結局逃走。知り合いに取り押さえられてました
そのすぐ側にはぱぱちゃんがビデオを持って潜んでました。
もも太、ぱぱちゃんの匂いを嗅ぎ付けたようで迷うことなく一直線でした。
連れ戻して審査員に「申し訳ありませんでした」とお詫びして終了。
もも太まさかの失格で終わりました。


↓テヘッとするもも太。
当日のもも太ではありませんがリンクに連れ戻した時きっとこんな顔してたと思います。
038co_convert_20091019214017.jpg

ここ最近の訓練での様子が自信に満ちていてとても良かったんんです。
なのでその良さをそのまま発揮できるように盛り上げて
気分良くリンクに連れ出すようにとの思いが裏目にでました。
ぱぱちゃんに隠れてビデオ撮影を頼んだのも裏目に出ました。
私がネットで囲まれたリンクを見て大丈夫と思ったのも油断につながったのでしょう。
おまけに今回の競技会場は2年前ひんぱんにアジリティのレッスンに通い、
ぱぱちゃんと楽しい思いをたくさんした場所だったのも
もも太にとってはぱぱちゃん不在を感じる要因になったかも。
そして何よりも前よりもっと良く、普段のもも太をとと変な欲を出したのが悪かったと思っています。
いつもより私がはるかに緊張してリンクに入りましたから。
全てもも太に伝わったと思います。

もも太をちょこっとだけ知っていてくれている方には信じられないかもしれませんが・・・
もも太はノミの心臓の持ち主です。
動きが大きいので大胆に見えるけど見せかけだけのヘタレ者です。
とても環境の変化や私の微妙な精神状態を見抜くのです。
私だけでなく大好きなぱぱちゃんの存在にも敏感です。

よく競技会に家族がくると気になって駄目と聞きます。
本当にそれはよくわかります。
大好きなぱぱちゃんの存在がきになって仕方ないんです。
でも私、犬のイベントはみんなで参加して喜びも今回のような悲しみ(?)も共有したいと思っています。
そんな甘い考えじゃ良い結果は出せないよと仰る方もしるでしょう。
それでも私はみんなで参加する行事にしたいと思っています。
結果よりも経過、こちらを大事に全ては犬達との思い出にしたいと考えます。
次回からはぱぱちゃんは離れたところでビデオ撮影ではなく真後ろでビデオ撮影&見守るにしようと思います。
振り向けばぱぱちゃんがいるっていうのが安心感につながるように思います。

何がなんでもポイントもらってトレーニングチャンピオンにしたわけではないという
気持ちを今回は少し忘れていました。
狙いにいったから・・・大反省です。
次は私ともも太が平常心で臨めるように私自身のコントロールをしなければいけないと今回痛感しました。

↓以前ぱぱちゃんが側にいて訓練の様子を撮ってくれたもの。
しっかりぱぱちゃんを見つつもいっぱいいっぱいのもも太の変顔なのでありました。
032co_convert_20091019213941.jpg

競技会は今年は最後と思っていたらなんと違う団体が主催する競技会が11月8日にあります。
こちらは練習をかねて選別で申し込みました。
その前の11月1日は警察犬指導手の会の練習会があります。
こちらは懐かしい北海道警察の直轄警察犬の犬舎のある場所。
もえとはなんどもこのグランドに行きました。
5年ぶりの場所、懐かしい。
ここには警察犬の慰霊碑があるので今まで活躍してきた警察犬に敬意を表してきたいと思います。

なんて言ってる場合じゃなくここでももも太の精神修行をしてきたいと思います。
     
プロフィール

tamami

Author:tamami
米ゴルさんぺい&英ゴルもえと楽しい日々を送っていました。

2004年秋・冬と立て続けに2頭を亡くし悲しみにくれたこともありました。

そして昨年5月にリンパ腫で1年間闘病したもも太を亡くしました。

今は英国系ゴールデンの姉妹と先代達を思いながら毎日を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。